Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » Sansan CSIRTが選ぶ「CrowdStrike Falcon」実運用における成功体験をご紹介

Sansan CSIRTが選ぶ「CrowdStrike Falcon」実運用における成功体験をご紹介


マクニカネットワークス株式会社
2020/10/05 00:00

世界的にリモートワークを推奨する企業が増えているなか、
デジタル時代の新たな働き方を加速させているのが名刺管理サービスを提供しているSansan。
そして、同社のセキュリティ対策を担っているのがセキュリティ専任組織「Sansan-CSIRT」です。

CSIRT活動を行う上で、顧客の個人情報を取り扱うため安全性の担保を重要視する一方、
生産性や業務効率を下げないセキュリティ対策を目指し、
企業理念として「セキュリティと利便性を両立する」を掲げています。

そんなSansan-CSIRTが選んだエンドポイントセキュリティ対策ツールは、CROWDSTRIKE社の「CrowdStrike Falcon」。
本資料は、Sansan-CSIRTにおける「CrowdStrike Falcon」の運用事例をお伝えするものです。

導入の容易さや業務の自動化だけでなくインシデント対策としてのログ分析機能の精度も向上しており、
テレワークで働くユーザーのネットワーク機器に不具合があることを突き止めたケースもあると、
Sansan CSIRT松田氏は語ります。

他にも、インシデント対応プロセスのシンプル化に成功した例や日常的な運用管理で役立っている点など、
実運用をしているCSIRTならではの視点で、テレワーク時代にに即した「CrowdStrike Falcon」の強みを紹介しています。

ぜひ、本資料をダウンロードしてエンドポイントセキュリティ製品選定の際にお役立てください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトペーパー資料(無料)の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●資料名:CSIRT業務にCrowdStrike Falconを活用しスピーディで効率的なインシデント対応を実現
     テレワークでも安全に働ける環境を確立
●仕 様:全2ページ、本文単ページ表示、無料PDF
●提 供:マクニカネットワークス
●内容
・セキュリティと利便性の両立をテーマに社内の安全対策を推進
・CSIRTの活動に貢献する CrowdStrike Falcon
・インシデント対応プロセスの大幅なシンプル化に成功
・テレワーク時代に即した安心・安全な業務環境を実現



ダウンロードするためにはログインする必要があります