Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » コロナ禍で激変 Eコマースのトレンドを紐解く「第1版 Eコマース最新事情」

コロナ禍で激変 Eコマースのトレンドを紐解く「第1版 Eコマース最新事情」


株式会社セールスフォース・ドットコム
2021/03/22 17:00

本資料は、セールスフォース・ドットコムによって実施された、
約1,400人のEコマースリーダーを対象とした調査、
及びSalesforce Commerce Cloud プラットフォーム上で運用されているウェブサイトから収集した、
10億人の一般消費者・企業の購買担当者のデータを分析して得られたインサイトをもとにまとめた、調査資料です。

新型コロナウイルスの影響で、2020年は商取引がリアルからデジタルへと大きくシフトし、
一般消費者向け(B2C)のみならず、企業間取引(B2B)においても
デジタルチャネルの重要性が大きく拡大したことはご存じの通りです。
この様な環境下、世界のEコマースのリーダーは、
どの様なことに注目し、注力しているのでしょうか。

このレポートでは、B2C取引とB2B取引のそれぞれについて、
コロナ禍という大きな変化を経た後の、「ニューノーマル時代のコマース」について紐解き、
そして今後の方向性を提案しています。

Eコマースに関わられる皆様は、是非ダウンロードの上ご一読ください。

●資料目次
・エグゼクティブサマリー

・B2C コマースの現状
・第1章:実店舗とデジタルコマースの境界線があいまいに
・第2章:D2C(直販)の取り組みが始動
・第3章:エッジでのショッピングが加速

・B2B コマースの現状
・第4章:B2BはEコマースを拡大中
・第5章:デジタル変革が進んでも従来型モデルは継続
・第6章:B2B企業がEコマースで重視すること

・付録
 01 | 調査回答者の内訳
 02 | 業種別の統計データ
 03 | 地域別の統計データ



ダウンロードするためにはログインする必要があります