Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 【DX関連資料】アフターデジタル流DXのススメ ウィズコロナで求められるデジタル活用のあり方 ~『アフターデジタル』シリーズ著者・ビービット藤井保文氏が監修~

【DX関連資料】アフターデジタル流DXのススメ ウィズコロナで求められるデジタル活用のあり方
~『アフターデジタル』シリーズ著者・ビービット藤井保文氏が監修~


株式会社セールスフォース・ドットコム
2021/07/29 17:00

多くの企業において、以下の「2つの変化」への対応が迫られています。

・企業経営の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という変化
・長引くコロナ禍における、消費者・生活者の心理的な変化

この2つの変化に対峙するために注目されているのが、
生活やビジネスに関わるあらゆる体験の接点がデジタルに包み込まれた状態である「アフターデジタル」という概念です。

本資料は、『アフターデジタル』シリーズの著者である、
株式会社ビービット 執行役員CCO兼東アジア営業責任者・藤井保文氏が監修しています。

以下の構成で、「アフターデジタル&ウィズコロナ」という社会変化に対して、
どのように企業が対応するかを事例を含めて解説しています。

・「コロナ以後の消費者に起きた3つの変化」と「企業に求められる対応」
・「アフターデジタル」とは何か?それによって起こる「産業構造のヒエラルキー転換」
・成功企業に共通する思考方法「OMO」/O2OとOMOの違い
・OMO取り組みの成功例: NIO、ビンアン(平安)
・アフターデジタル時代に生き残る、4つの重要なポイント
 1:モノ起点ではなく体験起点
2:状況ターゲティングが「寄り添い」の鍵
3:リアルとデジタルを組み合わせる
4:行動データを活用したUX改善ループ(UXデータサイクル)
・アフターデジタルを実現するプロセス/最適な顧客体験を提供するためのService Cloud

「アフターデジタル&ウィズコロナ時代」のDXに関して、課題・関心を持つ多くの方にとって、大変有用な資料です。
ぜひ、参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本資料(無料)の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●資料名:アフターデジタル流DXのススメ
 ウィズコロナで求められるデジタル活用のあり方
●仕 様:全16ページ、本文単ページ表示、無料PDF
●提 供:株式会社セールスフォース・ドットコム)
●監 修:藤井 保文氏(株式会社ビービット 執行役員CCO兼東アジア営業責任者)



ダウンロードするためにはログインする必要があります