Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 各業界のトップ企業はデータ戦略で差をつける!データ利活用の成熟度とは? 『データ&アナリティクスの成熟度モデルとビジネスインパクト』(全24頁、無料PDF)

各業界のトップ企業はデータ戦略で差をつける!データ利活用の成熟度とは?
『データ&アナリティクスの成熟度モデルとビジネスインパクト』(全24頁、無料PDF)


日本マイクロソフト株式会社
2017/03/13 15:00

データ分析に関する注目ホワイトペーパー資料のご案内です。

企業において、自社データやビッグデータについて、その価値や重要性が高まっています。

これまで、データ、ビジネス インテリジェンス(BI)、
およびデータ分析によってどのようなビジネス変化がもたらされるが議論されてきました。
特にその中でもデータや分析がもたらす具体的な利益が争点となっていました。

●ITに巨額の予算を投じれば、より高いビジネスパフォーマンスが発揮されるのか?

●製造、消費者向けパッケージ製品、金融サービス、小売りなど従来の業界において、
データは企業にとってどのような具体的なビジネスの価値を持つのか?

本ホワイトペーパー『データ&アナリティクスの成熟度モデルとビジネスインパクト』は、
コンサルティング・ファーム Keystone Strategy社が、
大企業によるデータ&アナリティクスのビジネス適用方法や技術、
データの利用法や成熟度などに関する調査を行った貴重な資料(全24ページ、無料PDF)です

また、データ&アナリティクスの主導的企業によって適用された能力および、
技術的ロードマップの概要や企業が戦略の策定に役立てることができるフレームワークを、
オンライン家具小売り企業、損害保険会社、玩具メーカーなど企業の事例を交えて解説しています。

ぜひ本資料をご覧いただき、自社の経営やビジネス戦略の一助にお役立てください。

━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトペーパー資料の概要
━━━━━━━━━━━━━━
●資料名:『データ&アナリティクスの成熟度モデルとビジネスインパクト』

●主な内容:
・要旨
・方法論
・データ&アナリティクスの成熟度モデルとビジネスインパクト
・データ&アナリティクスの変革
・ロードマップ計画のガイドとしてのデータ&アナリティクスの成熟度モデル
・データ&アナリティクスの成熟度モデルの事例
(オンライン家具小売り企業、損害保険会社、玩具メーカーなど)

●仕様 : A4、24ページ、無料PDF
●発行 : 日本マイクロソフト株式会社



ダウンロードするためにはログインする必要があります