Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » Googleが非暗号化メールに対して警告開始!メールの暗号化はなぜ必要? 注目資料『メールの暗号化を実現するPOP/SMTP over SSL/TLSとは』<全7頁、無料PDF>

Googleが非暗号化メールに対して警告開始!メールの暗号化はなぜ必要?
注目資料『メールの暗号化を実現するPOP/SMTP over SSL/TLSとは』<全7頁、無料PDF>


合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ
2017/04/11 00:00

メール管理者やセキュリティ担当者にお勧めするホワイトペーパーのご案内です。

ビジネス上の連絡のために、メールは欠かせないものになっています。
また、個人での利用においても、挨拶やちょっとしたやり取りは
「LINE」などのメッセンジャーを使うようになり、
メールはファイルの添付や重要な内容のときに使うようになってきています。

この状況は、通信を盗聴してメールの内容を盗み取ろうとするサイバー犯罪者にとっては
好都合な状況といえます。

Webブラウザによる通信はSSL/TSL化によって暗号化できますが、
メールの場合はPGPやS/MIMEなどのユーザーに依存する方法だけでは
暗号化は思ったように進みません。

そこで、今メールソフトとメールサーバーとの間の通信を暗号化する「POP over SSL/TLS」および
「SMTP over SSL/TLS」という方法がメール管理者の注目を集めています。

昨年、Googleが提供するメールサービス「Gmail」では、
TLS(Transport Layer Security)による暗号化がなされていないメールに対し、
開いた赤い錠の警告アイコンを表示する仕様に変更されました。
GoogleはGmail利用者に対し、この赤い警告アイコンが表示された場合は
契約書などの機密文書を送信しないようにと、
Gmailヘルプでも注意を呼びかけています。
こうした流れを受け、メールの改ざんや情報漏えいを防ぐため、
SMTPoverSSL/TLSを利用した暗号化の重要性が高まってきたのです。

本ホワイトペーパー『メールの暗号化を実現するPOP/SMTP over SSL/TLSとは』は、
メールサーバーに対する暗号化の必要性や、POP/SMTP over SSL/TLSの概要や仕組み、
Googleの対応、メールサーバー/メーラーの設定方法、導入の注意点などの要点を
分かりやすく解説した資料となります。

今やPOP/SMTP over SSL/TLSに対応するメールソフトやメールサーバーは増えており、
設定も容易で、一度設定すれば運用の手間もほとんどありません。

利用者や大切なデータを守るためにも、ぜひ本資料をご参照ください。

━━━━━━━━━━━━
●資料の概要
━━━━━━━━━━━━
『メールの暗号化を実現するPOP/SMTP over SSL/TLSとは』

1.なぜメールサーバーの暗号化が必要なのか?
2.POP/SMTP over SSL/TLSの概要
3.POP/SMTP over SSL/TLSの仕組み
4.GoogleによるSMTP over SSL/TLSへの取り組み
5.メールサーバー/メーラーの設定方法
6.導入の注意点
7.まとめ

●仕様 : A4、7頁、無料PDF
●発行 : 合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ



ダウンロードするためにはログインする必要があります