Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » LINEを安全に業務で使うには? 『簡単導入・簡単活用!ビジネスにおける正しい「LINE」の使い方』<全11頁、無料PDF>

LINEを安全に業務で使うには?
『簡単導入・簡単活用!ビジネスにおける正しい「LINE」の使い方』<全11頁、無料PDF>


KDDI株式会社
2017/05/09 00:00

おすすめのホワイトペーパー資料公開のご案内です。

「働き方改革」が叫ばれる昨今、在宅勤務(テレワーク)環境の整備や
多様化する雇用形態への対応に取り組もうとしている企業が増えています。

その中で必ず課題としてあがってくるのが、
業務における「情報共有の円滑化」「コミュニケーションの活性化」です。

社内にいる社員と在宅勤務者との意思疎通はどのように図ればよいか、
業務用パソコンを配布していないパートやアルバイトへの連絡手段は……。

課題解決のためすでにウェブ会議ツールやチャットツール、
グループウエアなどのITツールを導入されている企業もあるかも知れませんが、
せっかく導入したけれど効果がない、上手く活用できない、というケースが多いのも事実です。

その一方で、個人やプライベートにおいては、スマートフォンの普及とともに
新しいコミュニケーションツールの利用が活発となっています。

中でも国内で6600万人(*1)が利用している「LINE」は、
コミュニケーションインフラとしてもはや説明が要らないほど定着しています。

「LINE」がここまで普及したのにはさまざまな理由が考えられますが、
「簡単でシンプル」「分かりやすく使いやすい」という使い勝手の良さが、
年齢を問わず幅広い世代で受け入れられた大きな要因の一つと言えるでしょう。

「使いやすさ」というのが、コミュニケーションツールを利用する上で大きなポイントです。
同じように業務においても、「使いやすい」コミュニケーション手段が強く求められています。

では、プライベート利用で圧倒的に定着している「LINE」を
業務でも安全に利用する方法はあるのでしょうか?

本資料『簡単導入・簡単活用!ビジネスにおける正しい「LINE」の使い方』(全11頁、無料PDF)は、
企業における昨今のコミュニケーション手段の現状や問題点を調査データを交えて解説した上で、
今注目のビジネス向けチャットアプリである「LINE WORKS with KDDI」について詳しく紹介しています。

自社の社内コミュニケーションに課題を抱えている方々におすすめの資料です。
ぜひ本資料をご一読いただき、「情報共有の円滑化」、「コミュニケーションの活性化」にお役立てください。

(*1)出典元:LINE株式会社調べ。(2017/2/23時点)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトペーパー資料(無料)の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・資料名:『簡単導入・簡単活用!ビジネスにおける正しい「LINE」の使い方』
・仕 様:A4、11頁、無料PDF
・発 行:KDDI株式会社



ダウンロードするためにはログインする必要があります