Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 直感的な操作×機械学習で、高度な顧客分析を実現

直感的な操作×機械学習で、高度な顧客分析を実現


日本アイ・ビー・エム株式会社
2017/10/06 00:00

現在「顧客志向」でのデータ分析が求められています。

しかし昨今ではデータも様々な形で取得できるようになり、
その量はとてつもないスピードで増加していることから、
通常の分析基盤では対応しきれなくなってきました。

本資料では、今後の分析基盤として期待され、
直感的な操作で機械学習を活用した分析を可能にする
IBM SPSS Modelerの特徴をはじめ、「顧客志向」での分析を実現するために
必要なノウハウやIT・データ担当者の視点で求められることを解説しています。

●資料タイトル
IBM SPSS Modeler で実践「顧客軸」の分析への移行とアクションの継続で実現 持続的な成長と収益の最大化
●目次
‐なぜ、今「顧客軸」による顧客分析が必要なのでしょう?「顧客志向」の分析へのシフトは急務
‐分析担当者の視点: 顧客分析 収益向上までの道のり
‐IT・データ担当者の視点: 顧客軸に移す時、ITに求められるもの
‐SPSS Modeler がサポートする顧客分析
‐顧客分析への取り組みを教えてください(ヒアリングシート)



ダウンロードするためにはログインする必要があります