Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 1万社を超える企業環境で99.9999%を超えるシステム可用性を実現できたワケ

1万社を超える企業環境で99.9999%を超えるシステム可用性を実現できたワケ


日本ヒューレット・パッカード株式会社
2018/04/11 00:00

企業のアプリケーション及びシステム可用性に関する、注目ホワイトペーパー公開のご案内です。

今日では、バックエンドの運用から、新しい製品、サービス、顧客体験の提供まで、
多くの企業がアプリケーションに頼るようになりつつあり、
ごくわずかなダウンタイムでも多大な影響が生じる可能性があるため、
インフラの可用性と計画外のダウンタイムを解消することが今までになく重要視されています。

最近の調査によると、1時間のダウンタイムが発生した場合、平均で約50万ドルのコストが生じていると言われます。
各業界でデジタル化が進む中、こうしたコストは今後増加の一途を辿ると見られます。

Nimble Storageは創設以来、製品の可用性を高めるだけでなく、長期間にわたってそれを向上させ続けるという、
大きなミッションに取り組んできたストレージベンダーです。

同社では、2014年に当時画期的と言われた99.999%を超える実測可用性を実現。
そして、そのわずか2年後に、それをさらに上回る99.9999%超(99.999928%) の実測可用性を
1万社を超える企業環境で達成しました。

本資料『システム可用性の基準を再定義』では、Nimbleにおける継続的な可用性の向上と
99.9999%超の可用性の実現を可能にした独自のアプローチ方法や事例を詳しく紹介した資料です。

ぜひ本資料をご覧いただき、システム可用性に関する課題解決の参考資料にお役立てください。

――――――――――――――――
●ホワイトペーパーの概要
――――――――――――――――
・資料名:『システム可用性の基準を再定義』
~予測分析を活用してインストールベース全体で
 99.9999%を超える可用性を実現するNimble Storageの事例~

・仕様:全8頁、無料PDF
・提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社



ダウンロードするためにはログインする必要があります