Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 働き方改革の“具体的な成果”「生産性向上」の中でも注目度の高い「電子サイン・電子署名」による業務効率化 アドビ システムズが解説する「電子サイン・電子署名」とその違いや関連法などを解説

働き方改革の“具体的な成果”「生産性向上」の中でも注目度の高い「電子サイン・電子署名」による業務効率化
アドビ システムズが解説する「電子サイン・電子署名」とその違いや関連法などを解説


アドビ システムズ 株式会社
2018/05/17 00:00

貴社の契約・承認プロセスは、かなりの数の承認印がアナログに必要ですか?

働き方改革の本命とも言える「生産性改革」は、業務効率化が鍵です。
その業務効率化の施策として注目を集めているのが「電子サイン・電子署名」です。

主に、3つの点で「電子サイン・電子署名」は注目されています。

1:契約や承認のスピード向上
2:印紙税や作業コストの削減
3:安全かつ効率的な署名文書管理

今回ご紹介するホワイトペーパー『電子サインと電子署名で業務プロセスを変革』では、
文書への署名方法を変革することが企業にとって重要であり、実際に成果をあげている企業なども紹介します。

ぜひ、生産性改革を実現するための施策をご検討の方などは是非、ご活用ください。

◎資料の概要
・『電子サインと電子署名で業務プロセスを変革』
・■仕様:PDFデータ、11ページ、カラー
・■制作:アドビ システムズ


◎対象
・経営企画部門などで「働き方改革」を推進する担当者・リーダー
・経営企画部門などでコンプライアンスなどの施策に取り組む方
・営業部門で受発注の処理を担当する方
・人事部門で人材採用プロセスのデジタル化に取り組む方
・法務部門で法律関連文書の承認を行う方
・調達部門で業務委託契約などを行う方

◎内容(目次)
・文書への署名方法を変革
・電子サインと電子署名の違いとは
・電子サイン関連法
・業務プロセスに適したアプローチの選択
・1つのソリューション、複数のオプション
・Adobe Sign の署名の種類
・アドビ:デジタル文書の第一人者
・関連リソース



ダウンロードするためにはログインする必要があります