Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 実店舗とECを併用している人の割合は?ファッションの購買行動調査

実店舗とECを併用している人の割合は?ファッションの購買行動調査


株式会社シンクエージェント
2018/05/18 00:00

"オムニチャネル"という言葉は現在もECを語る上で欠かせないワードのひとつですが、

「そもそも消費者は実店舗とECを使い分けているのか」
「スマートフォンとパソコンで、ECの買い物行動に違いがあるのか」

など、"消費者行動のホントのところ"が気になっているという方も多いのではないでしょうか。

そこで本日は「消費者はどのようにファッション商品を購入しているか」を
行動や心理の観点から紐解いた調査資料をご紹介します。

今回の調査は、下記の6つにフォーカスして実施されました。

【1】EC利用の際に、デバイスの使い分けをしているか
【2】ECを利用する理由
【3】ECの利用の仕方
【4】実店舗での接客ニーズ
【5】ECの情報だけで買えるアイテム/買えないアイテム
【6】買い物における価値観

===================

本資料で明らかにされた調査結果の一部はこちら↓↓

●実店舗で接客を受けたい人はどれくらい?その理由は?
●メインの購入チャネルは実店舗?EC?
●実店舗で気になった商品をECで検索する人の割合は?
●タイムセールは実際に効果があるのか?
●トレンドの情報収集にECを使っている人はどれくらい?
●ECの情報だけで買えるアイテムと買えないアイテムは?

具体的な数字だけでなく、小売業のコンサルティングを生業とする
シンクエージェントならではの視点で展開される考察も必見です。

※※特にこんな方におすすめ※※
・消費者のファッションにおける購買行動を細かく知りたい
・実店舗とECそれぞれで、対応すべきニーズはどんなことが知りたい
・オムニチャネル施策を考える際の根拠になる数字がほしい

ぜひ本資料をダウンロードのうえ、日々の業務やマーケティングにお役立てください!



ダウンロードするためにはログインする必要があります