Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 埼玉大学 准教授 宇田川さんが語る、イノベーションを起こす組織に必要な3つのポイントとは?

埼玉大学 准教授 宇田川さんが語る、イノベーションを起こす組織に必要な3つのポイントとは?


Sansan株式会社
2018/07/11 12:00

ビズジンでもおなじみの筆者、関連テーマの識者のインタビューをまとめた、Sansanのホワイトペーパー。
Biz/Zineでは、読者の関心に近い資料を何回かに分けてご紹介します。
第1回は、Biz/Zineでもおなじみの組織論研究者・埼玉大学 准教授 宇田川元一氏のインタビュー内容を、記事ともあわせて紹介します。

宇田川先生を知らない方のために、まずはBiz/Zineでの宇田川先生の記事をまとめたページを紹介します。

連載:共創し学習する新しい組織論

ホラクラシー、ティール組織など、イノベーションを起こすための新しい組織のカタチを識者と模索した対談、鼎談パートと、
宇田川氏のメインの研究テーマである対話に軸をおいた組織変革のための「ナラティヴ・アプローチ」などの解説コラム、
社会学的知見と組織論研究をミックスした研究から語り出される多くの言葉が、
経営者・ミドル層、若手ビジネスパーソンにも支持されています。

今回ご紹介する『いま、企業が求めるイノベーションを起こすためにまず取り組むべきこと』は、
宇田川氏の組織論のベーシックな部分をコンパクトに3つのポイントにまとめています。

新しい価値を作り出すための組織をどのような運用すべきかに悩むミドル層前後の方に、
ぜひお読みいただきたい資料です。

書影

【資料概要】
・資料タイトル:いま、企業が求めるイノベーションを起こすためにまず取り組むべきこと
・PDF、7P/カラー



ダウンロードするためにはログインする必要があります