Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » マーケティングと営業の連携で高受注率を実現! シンフォニーマーケティング・庭山氏が語る、ABMの基本と成功へのカギ

マーケティングと営業の連携で高受注率を実現!
シンフォニーマーケティング・庭山氏が語る、ABMの基本と成功へのカギ


Sansan株式会社
2018/08/10 00:00

本資料では、BtoBマーケティング業界を長年牽引してきたシンフォニーマーケティングの庭山一郎氏が、
昨今注目を集めている「ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)」を解説。

ABMの基本的な概念からその特徴、
MAやデマンドジェネレーションとの違い、さらにはその活用の道筋を語っています。

「せっかく獲得したリードを渡しても、営業がアプローチをしない」
「データに基づいた、より効率的・効果的なマーケティング手法を取り入れたい」
「マーケティングと営業の連携で、売上を最大化する戦略的手法を知りたい」

このような課題を持つマーケターや営業の方、経営層におすすめの資料です。

また、「ABMの効果」「ABMが特に効果を発揮する日本企業の例」など、理解を深める図も掲載しています。
ぜひダウンロードして、ご活用ください。

━━━━━━━━━━━━━
ABMの基本と成功のポイント
~マーケティングと営業の連携により高い受注率を実現~
━━━━━━━━━━━━━

■今注目を浴びるマーケティング手法
 - ABMとは何か
■ 「獲得したリードに営業がアプローチをしない」
 その課題解決に最も効果的なのがABM
 - ABMは戦略的マーケティング
 - 深まるマーケティング部門と営業部門の溝
 - BtoBマーケティングにおいて重要な手法の一つ「ABM」
 - 図1:ABMの効果
■営業視点でマーケティング戦略を再設計
 デマンドジェネレーションを進化させる
 - ABMとMAの関係
 - ABMの導入で効果を上げられる企業
 - 図2:ABMが特に効果を発揮する日本企業の例
■定義されたターゲットだけを対象にするABM
 営業部門の受け入れ率は当然高くなる
 - デマンドジェネレーションとABMの違い
 - デマンドセンターの重要性
 - 図3:デマンドジェネレーションとABMの違いとその特徴
■ABMはリードジェネレーションから
 企業が持つ最大の資産は「名刺」
 - ABMにおける顧客データの重要性
 - 顧客データ収集と活用方法
 - 名刺はリードジェネレーションにおいて貴重なデータ



ダウンロードするためにはログインする必要があります