Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 日本企業のドキュメントデジタル化率の驚くべき現状! デジタルトランスフォーメーションの立ち遅れをリカバリーし、デジタル時代のワガママな顧客に「迅速で心地よい」顧客体験を提供する基礎体力を養うには?

日本企業のドキュメントデジタル化率の驚くべき現状!
デジタルトランスフォーメーションの立ち遅れをリカバリーし、デジタル時代のワガママな顧客に「迅速で心地よい」顧客体験を提供する基礎体力を養うには?


アドビ システムズ 株式会社
2018/08/31 12:00

「掛け声ベース」では、DX=デジタルトランスフォーメーションが声高に叫ばれますが、
施策が進んでいる領域とそうではない領域があるようです。
特に、国内企業のドキュメントおよび承認フローの「デジタル化率」が驚くべき数値だという調査が
今回紹介する資料から明らかになっています。

そんな状況と、ではどうすればいいのかをまとめたのが、本資料です。

【資料のポイント】
○ドキュメントのデジタル化を行う前の「3つの課題」とは
○電子サインシステム導入後に実際に感じた「3つのメリット」
○電子サイン導入企業の適用ドキュメント「ベスト3」
○電子サインシステム導入企業の75%以上が実感した「短縮効果日数」
○電子サインの導入事例:The Royal Bank of Scotlandでのオンライン口座開設例

期間限定の本資料を、ぜひこの機会にダウンロードし業務にお役立てください。

【資料概要】
・資料タイトル
『ドキュメントワークフロー変革による競争力強化』
・ファイル形式:PDF(カラー)
・サイズ:A4
・ページ:9Pページ
・調査レポート提供元:IDC Japan
◇調査時期:2016年12月
◇調査方法:Webアンケート
◇調査対象:従業員100人以上の国内ユーザー企業
◇サンプルサイズ:634サンプル(社内外ドキュメントの起案/承認業務に関わる課長以上)



ダウンロードするためにはログインする必要があります