Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » <ドキュメントワークフローの鍵となるAdobe Sign> 両立が難しいと言われている、コンプライアンス強化と働き方改革を同時に実現するには?

<ドキュメントワークフローの鍵となるAdobe Sign>
両立が難しいと言われている、コンプライアンス強化と働き方改革を同時に実現するには?


アドビ システムズ 株式会社
2018/08/31 12:00

企業経営者で「コンプライアンス強化」と「働き方改革」に関心が無いという方は、
ほぼいないのではないでしょうか。
ただし、この2つは同日に実現するのが難しいと言われていますし、
肌感覚としても難しいと多くの方が思うはずです。

今回ご紹介する資料では、以下の2点に関して解説。

(1)ドキュメントワークフローの改善による、業務効率化「6つの鍵」
1:取引先との業務委託契約締結までの時間短縮→プロジェクトの早期スタート実現
2:重要案件の決裁を経営層が出先で行える→社内の意思決定の迅速化
3:検収書の処理のための帰社が不要
4:顧客のサービス申込手続きの時間と手間の削減→顧客満足度の向上
5:人材採用手続きの迅速化→優秀な人材の確保
6:個人の書類をデジタル化し「個人ナレッジを社内ナレッジ化」→簡単な共有と検索

(2)業務効率化「6つの鍵」で実現する「コンプライアンス強化」と「働き方改革」

ぜひ資料をダウンロードいただき、業務効率化「6つの鍵」を理解して、
この両立が難しい「コンプライアンス強化」と「働き方改革」のヒントを
得ていただければと思います。

【資料概要】
・資料タイトル
『Adobe Sign コンプライアンス強化と働き方改革を同時に実現』
・ファイル形式:PDF(カラー)
・サイズ:A4
・ページ:6ページ



ダウンロードするためにはログインする必要があります