Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » AI分析と基幹データ連携で2.5倍の見込み顧客情報獲得 富士通が創り出すインターネット広告のトレンド

AI分析と基幹データ連携で2.5倍の見込み顧客情報獲得
富士通が創り出すインターネット広告のトレンド


富士通株式会社
2018/09/20 15:00

1999年から「@nifty」の運用、2000年からパソコンの直販サイトで
「広告媒体」と「広告主」、両方の立場でインターネット広告に携わってきた富士通。

その同社がが2007年、見込み顧客情報を獲得するプロジェクトで
成果が頭打ちという事態に陥りました。

小手先の広告運用からの脱却を図るべく、プロジェクトを開始。
その結果、3か月で2.5倍の見込み顧客情報獲得という大成功に導きました。

その背景には、AI分析と基幹データ連携を実現する
富士通の総力を結集して生まれたソリューションの存在がありました。

大成功プロジェクトで行った運用と、その知見を詰め込んだソリューションとは?
詳細は資料をご確認ください。

[目次]
・小手先の広告運用では成果が頭打ちに
・3か月で2.5倍の見込み顧客情報獲得
・広告配信で確実に成果を出すための3つのポイン
・富士通だからこそできる インターネット広告配信ソリューション
・富士通の総力を結集して生まれたAD Drive



ダウンロードするためにはログインする必要があります