Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » ホワイトペーパー「オープン・エコシステムにおいてSASを利用する利点」

ホワイトペーパー「オープン・エコシステムにおいてSASを利用する利点」


SAS Institute Japan株式会社
2018/11/13 13:00

データ分析の業務は、部署ごとに担当者が自分好みの商用ソフトウェア、クラウドサービス、オープンソースのツールなどを利用し、サイロ化していることが多いのではないでしょうか。
これは個々の範囲で満足度や効率性が高い一方で、コンプライアンスや部門をまたいだ業務改善、ひいては組織全体での価値創出を実現する上で大きな支障が生じます。

本資料では、そのような課題を解決するSASの包括的な統合アナリティクス・プラットフォームについて、導入効果や、昨今存在感を増しつつあるオープンソース・テクノロジーとの親和性・メリットなどについて詳しく解説しています。

【目次】
・アナリティクス資産を一元管理する必要性
・今日のコンピューティング環境におけるオープンソースの活用状況
オープンソース・テクノロジーは「全社規模のアナリティクス」に関する
・ニーズや要件に適合するのか?
・SASとオープンソース・テクノロジーを統合するメリット
・SAS Platformの導入効果
・オープン・エコシステムにおいてSASが担う役割
SASをオープンソース環境に採り入れる
オープンソース・テクノロジーの要素をSASに取り込む
オープン・エコシステムの利用と、オープン・エコシステムへの貢献
・アナリティクスの展開プロセスの統一
・まとめ
・関連情報



ダウンロードするためにはログインする必要があります