Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » AIアシスタント・AIボット、時系列分析、コンピューター・ビジョン等への適用法とは? 「ディープ・ラーニング」の基本と応用ガイド(全14ページ)

AIアシスタント・AIボット、時系列分析、コンピューター・ビジョン等への適用法とは?
「ディープ・ラーニング」の基本と応用ガイド(全14ページ)


SAS Institute Japan株式会社
2018/11/13 13:00

「ディープ・ラーニング」とは、音声認識、画像識別、予測など人間が行うようなタスクを実行できるようにコンピューターに学習させることを目的とした機械学習の一種です。

人間が特徴抽出などのデータ加工を行った後に決められた数式にかける従来の機械学習とは異なり、ディープ・ラーニングでは、人間はデータに関する基本的なパラメータ設定のみを行い、その後は何層もの処理を用いた特徴抽出・パターン認識をコンピューター自体が自動的に学習することができます。
現在、ディープ・ラーニングは銀行・金融、官公庁、医療・ライフサイエンス、製造・エネルギー、通信・小売りなど幅広い業種で戦略的に活用されています。

本ホワイトペーパー『ディープ・ラーニングをSASで実践する方法』(全14ページ)は、ディープ・ラーニングの基本や仕組みと応用、そして、SASがいかにディープ・ラーニング・モデルの作成をサポートするかを図解を交えて分かりやすく解説した資料です。

ぜひ本資料をご参照いただき、自組織のデータ活用の高度化にお役立てください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●資料の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・資料名:『ディープ・ラーニングをSASで実践する方法』(PDF版)
・仕様:A4、14頁、PDF
・発行:SAS Institute Japan株式会社



ダウンロードするためにはログインする必要があります