Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 7種のデータベースを解説! AWSで最適なデータベースを選択するための資料

7種のデータベースを解説! AWSで最適なデータベースを選択するための資料


アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
2019/11/27 00:00

リレーショナルデータベースは、現在もデータベースの主力として多くのシステムで稼働しています。

しかし、ソーシャル、モバイル、IoTなどのアプリケーションにおいては、テラバイト級、ペタバイト級という
巨大なデータを抱え、1秒間に数百万の問い合わせに対応できるデータベースが求められます。

このとき、リレーショナルデータベースが必ずしも最適な選択とはいえません。
こうした要件に対応するのには、もっとふさわしいデータベースがあります。
開発者やデータベース管理者は、そうしたデータベースを選ぶための知識を得ておく必要があるでしょう。

本資料は、そうしたデータベースの選択肢を増やすための基礎知識を提供するものです。
リレーショナルデータベースのほか、キー値データベースやドキュメントデータベースなど、
7種類のデータベースの構造や特長、ユースケースを解説しています。

また、AirbnbとDuolingoの両社が、Amazon RDS for MySQL、Amazon Aurora、Amazon DynamoDB、
Amazon ElastiCacheを利用してAWS上に構築したデータベースの事例も紹介しており、
AWSでのデータベース構築の可能性を知る良い資料になっています。

データベースの選択肢を広げたい方、システムの可能性をもっと高めたい方は、ぜひお読みください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトペーパー資料(無料)の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●資料名:専用データベース時代の幕開け:
     最適なジョブのための最適なデータベースを見つける
●仕 様:全23ページ、本文単ページ表示、無料PDF
●提 供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
●内容
・はじめに
・変化が必要な理由
・概要 さまざまなデータベースタイプの情報一覧
 - リレーショナル
 - キー値
 - ドキュメント
 - インメモリ
 - グラフ
 - 時系列
 - 台帳
・特別設計データベース
・導入事例 お客様成功事例
・まとめ



ダウンロードするためにはログインする必要があります