Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 製品の市場投入を40%早める?急伸するIoT市場、「AWSにできるコト」を解説

製品の市場投入を40%早める?急伸するIoT市場、「AWSにできるコト」を解説


アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
2020/01/07 00:00

ユーザーが物理世界のモノのステータスを把握し、状態データに基づく論理的な判断を可能にするAWS IoT サービス。
すべてのモノの状態を理解したうえで生産性の改善やサービスをデプロイすることで、
ビジネス全体の効率やパフォーマンスを高めることができます。
マネージドサービスとソフトウェアのセットで構成されたAWS IoT サービスは、
IoTソリューションの作成簡易化および運用効率の向上、新たな収入源を創出するといいます。
ユーザーは数十億台のデバイスに安全に接続して管理し、
デバイスデータの収集だけでなく、機械学習による高度な分析の実行も可能となります。

急速に成長する“モノのインターネット”IoT市場において、AWS IoT サービスがもたらす価値とは――。
コロラドのソフトウェアプロバイダRachio社の最高技術責任者兼共同設立者であるFranz Garsombke氏は
「AWSを使用することで、ロードバランシングを備えた
可用性の高いインフラストラクチャを構築する必要がある場合に比べて、
製品の市場投入が40%早くなりました」と語っています。

本資料では、ユーザーの声を交えながら、AWS IoT サービスを構成するソリューションを詳細に解説しております。
ぜひご一読ください。

――――――――――――
■ホワイトペーパー資料(無料)の概要
・資料名:「IoT 活用のためにAWSを使用して、
 物理世界をクラウドに接続するIoTセキュリティのベストプラクティスガイド」
・仕様:8ページ、無料PDF
・提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
――――――――――――



ダウンロードするためにはログインする必要があります