Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » RBAC、認証情報、RPAが本領発揮するエンタープライズ級のセキュリティ確保

RBAC、認証情報、RPAが本領発揮するエンタープライズ級のセキュリティ確保


オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
2019/12/26 00:00

ビジネスユーザーでも企業システムとのやり取りを自動化できるソフトウェアを開発できるように、
という構想のもと開発されたRPA。

RPA Botは人間の代わりに認証情報を使用することで、
APIのないアプリケーションを含めたエンタープライズアプリケーションにログインし、
これまで自動化の大きな壁であったAPIの欠如を克服してきました。

そうして、エンタープライズアプリケーションへのログインで実現する自動化。
しかし、その恩恵を全社的に受けるためには、活用を広げると同時に
エンタープライズレベルのセキュリティも実現しなければなりません。

今回提供する資料では、市場をリードするRPAである「Automation Anywhere Enterprise」が実証する
セキュリティについての概説を紹介しています。
アプリケーションのログインに用いられる認証技術や、企業の最小限の特権や役割分担といった原則に配慮した
細やかなロールべ―スアクセス制御(RBAC)、エンド・ツー・エンドでのデータ保護などについて詳細に解説しています。

RPAにおいてエンタープライズレベルのセキュリティ確保は、
自動化の全社展開を望む企業にとっての最重要課題でもあります。

ぜひ、ご一読ください。
――――――――――――
■資料の概要
「RPAのためのエンタープライズレベルのセキュリティ」
・仕様:無料PDF
・提供:オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
――――――――――――



ダウンロードするためにはログインする必要があります