Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 全世界約1万人のデータから紐解く OMO時代の消費者購買トレンド

全世界約1万人のデータから紐解く OMO時代の消費者購買トレンド


株式会社セールスフォース・ドットコム
2020/03/23 15:00

スマートフォンの普及やテクノロジーの進化により、変革を迫られる小売業界。

顧客との接点が増え、時間や場所を問わずつながり続けることができる今の時代、
企業・ブランドは、オンライン・オフラインを問わず、提供するサービスのクオリティを向上する必要があります。

この資料では、Salesforce Researchがグローバル1万人以上の消費者を対象に行った調査結果を解説。
小売・EC業界を取り巻く現況の解説や、優れた顧客体験を提供する海外企業の事例紹介、
世界各国の消費者の国別統計結果を知ることができます。

グローバルのデータと日本のデータを比較することで、
今後の実店舗・ECが取り組むべき課題や、次なる一手も見えてくるはず。
他社との差別化や顧客のロイヤリティ向上に課題感を持つ方、
海外展開や越境ECを検討している方にも必見の内容です。

◆◆資料概要◆◆
●資料名:
『第3回年次レポート コネクテッドショッパー最新動向
全世界1万人以上を対象にした消費者の行動や期待に関する調査結果』

●仕様:全44ページ、無料PDF

●提供:株式会社セールスフォース・ドットコム

●資料目次:
 ◎摘要
 ◎小売業者、ブランド、オンラインマーケットプレイスによるウォレットシェアの争奪戦
 ◎消費者が求める、新たなエンゲージメントで進化するショッピング
 ◎“エッジ”にまで行き届くショッピングジャーニー
 ◎店舗が担う発見、体験、提供の役割は今後も重要に
 ◎注目トレンド―2019年ホリデーシーズンのショッピング
 ◎まとめ―信頼の獲得とサステナビリティの実現がカギ
 ◎国別の統計データ
 ◎アンケート回答者の内訳



ダウンロードするためにはログインする必要があります