Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » ムダな日常業務を見直し、本質的で生産的な業務を取り戻す!

ムダな日常業務を見直し、本質的で生産的な業務を取り戻す!


SAPジャパン株式会社
2020/04/22 00:00


SAPのクラウドBIツールに関する最新の資料をご紹介します。

会議用の資料、マーケティングレポート、収支管理など、
日常業務のなかには数多くの資料作成業務があります。
多くのビジネスパーソンは、Excelファイルの統合作業やグラフ作成、
PowerPointの「絵作り」など、
非生産的な時間を過ごしてしまっているのではないでしょうか。

本資料では、「営業部」と「マーケティング部」という、
大量のデータ分析と資料作成が必要な2つの部署を例に、
日常業務の中の“ムダ”と、その解決方法について解説していきます。

営業とマーケティングに共通する3つの業務効率化

・ムダな資料作成を省く
・戦略的な意思決定の判断材料を短時間で獲得する
・ノウハウや知識の属人化から脱却する

は、データ分析・可視化ツールによって実現します。

SAPのクラウドBIツール「SAP Analytics Cloud」による効率化と可視化が企業にもたらす、
本質的で生産的な時間の使い方とはどのようなものでしょうか。
期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。

【資料概要】
・資料タイトル:『データがパッと可視化されれば“ムダ”な資料作成は不要に
~本質的で生産的な日常業務を取り戻す!~』
・ファイル形式:PDF(カラー)
・ページ:13ページ

【目次】
・会議は本当に意味があるのか?」営業部で発生しがちな“ムダ”
・マーケティング部でこんな“ムダ”はありませんか?
・営業とマーケティングに共通する業務効率化のポイント
・SAP Analytics Cloud による効率化と可視化がムダを取り除く



ダウンロードするためにはログインする必要があります