Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 「パーソナライズ」で旧来型メール施策からの脱却を 顧客体験管理(CXM)を実現するためのノウハウ共有

「パーソナライズ」で旧来型メール施策からの脱却を
顧客体験管理(CXM)を実現するためのノウハウ共有


アドビ システムズ 株式会社
2020/05/08 00:00

顧客のメールボックスには毎日様々な配信元からメールが届き、その数は増える一方です。
マーケターにはこれまで以上に、
メールを開封し、読んでもらうための工夫が求められるようになりました。

こうした状況下でもメールに魅力を持たせ、
顧客を振り向かせるような有効なメールマーケティングを展開するには、
顧客それぞれのコンテクストを理解し、
パーソナライズしていくことが急務です。
「大量のメッセージを送信する」「件名のパターンだけを変える」
といった旧来型の戦術を見直す必要があるのではないでしょうか。

アドビ システムズによる本資料では
効率的なパーソナライズを実現する手段や、
経営層を巻き込みながら施策を刷新していく方法、
戦略的なキャンペーンを構築するベストプラクティスなど、
メールマーケティングの成熟度を高めるためのヒントを紹介しています。

『旧来型メール施策からの脱却~電子メールのパーソナライズを実現する方法~』
【事例】開封率を1.3倍、CTRを2.6倍向上させた日産自動車
【事例】エンゲージメントを500%向上させたHostelworld
【調査】回答者の3分の1以上が、
「メールの不十分なパーソナライゼーションで最もストレスを感じるのは、
興味関心にそぐわないレコメンデーションを受け取ったとき」と回答
【調査】「メールマーケティングは非常に有効」と回答したマーケターの割合、
基本的な戦術に留まるマーケターでは42%の一方で、
コンテクストに即したパーソナライズを実践しているマーケターは58%に
※他にも多数の事例や調査データが掲載されています。

メールマーケティング施策をさらに洗練させ、
顧客と1対1の関係性を構築していくために、
本資料をご活用ください。



ダウンロードするためにはログインする必要があります