情報セキュリティ|Selectbox(セレクトボックス)

情報セキュリティ


【サーバーに搭載された新時代のセキュリティ技術】

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ハードウェア/ファームウェアへの新たな脅威、 「PDoS(Permanent Denial of Service)」をご存じですか? 今日、サイバー攻撃の矛先はハードウェア/ファームウェアへと向けられるようになりました。 本資料では、セキュリティ、アジリティ、経済性という3つの視点から、 HPE Gen10 サーバー プラットフォームが「世界標準の安心サーバー」である理由を解説。 数ある脅威の中でも今後被害が拡大するであろうと予測されるファームウェアへの脅威と その対策について知りたい方におすすめの資料です。 また、本資料ではサーバーのセキュアなライフサイクルのた...


【講演資料公開】『真の次世代アンチウイルスとは』

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)の調査によると、 2016年に日本国内ネットワークに向けられたサイバー攻撃は1281億件。 前年比2.4倍と急増しており、過去最高を記録しました。 この増加は一時的なものではなく、2020年のオリンピック・パラリンピックまで増加していくと見られており、 さらなる警戒と対策が必要となっています。 さらに、攻撃の多様化や高度化が進んでおり、それに合わせた対策も進化を求められています。 本資料は先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)での ネットワークバリューコンポネンツの講演『真の次世代アン...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


「世界標準の安心サーバー」が実現するセキュリティ環境について

日本ヒューレット・パッカード株式会社

なぜ今、サーバーのセキュリティなのでしょうか? 企業におけるサイバーセキュリティ対策のトレンドは常に変化を続けています。 攻撃側はサイバーセキュリティに挑むかのように手法を変え、 企業の情報システムはありとあらゆる脅威にさらされています。 このドキュメントでは、サーバーベンダーとしてのHPEが、ファームウェアへの脅威とその対策として 本質的なセキュリティ基準の詳細を解説。 その上で「世界標準の安心サーバー」であるHPE Gen10 サーバープラットフォームの紹介をしています。 HPE Gen10 サーバープラットフォームは、ハードウェアにSilicon Root of...


ファームウェアへの脅威に対し、唯一の有効手段であるサーバーレベルのセキュリティとは? ――HPE Gen 10が実現するシリコンベースのセキュリティ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

企業におけるサイバーセキュリティ対策のトレンドは常に変化を続けています。 攻撃側はサイバーセキュリティに挑むかのように手法を変え、 企業の情報システムはありとあらゆる脅威にさらされています。 本資料では、数ある脅威の中でも今後被害が拡大するであろうと予測される ファームウェアへの脅威とその対策について解説しています。 ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)が実現する新しいサーバーレベルでのセキュリティ対策のご紹介です。 米国防レベルのセキュリティ対策が基準になっているHPE Gen10 サーバー プラットフォーム。 世界最先端を先取りするのは、常に米国防です...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...