ITとエンタープライズ|Selectbox(セレクトボックス)
Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » ITとエンタープライズ

【注目資料】IoTを活用してコスト削減と効率性向上を実現する4つの方法とは? フィールドサービス管理とモノのインターネット (IoT) をつなぐ

日本マイクロソフト株式会社

「モノのインターネット」という用語の提唱者として知られるKevin Ashton氏は、 マサチューセッツ工科大学にAuto-ID Centerを設立し、 これまで無線周波数識別 (RFID) およびセンサー技術分野における 先駆者的な研究を行ってきました。 Ashton氏は、2015年に欧州で行われた顧客サービスカンファレンスでの講演において、 IoTにより変化を遂げる最初の業界は「フィールドサービス管理」であると述べています。 フィールドサービスは現場で行われる点検・修理・工事・配送などの作業を示す用語ですが、 IoTの概念自体は1999年にフィールドサービス関連の問題を解...


御社の営業部門はデジタルに懐疑派?推進派?デジタル変革と収益成長の相関関係が判明! 『販売におけるデジタル変革:顧客エンゲージメントの技術を高める』

日本マイクロソフト株式会社

営業・販売組織にとって、顧客との関わりは対面での接触とデジタルでの接触の間に起こるすべてが含まれます。 顧客との関わりには、意義あるつながりを作り、関係を構築してさらにその関係を育成し、 信頼を築いたりブランドの人気を維持したりするために、企業全体でのコミットメントが必要です。 顧客との関わりでは、あらゆる意思疎通、あらゆるプロセス、あらゆる決定が行われ、 これこそが売上を促進する鍵となります。 また、大抵の営業・販売組織は、顧客との関わりを促すためにある程度の技術を導入しています。 しかし、各組織がそれぞれのデジタル変革のジャーニーのどのあたりにいるかは、 技術の採用に関し...


セールスプロセスの各段階ごとの課題&対処法を解説 『収益性の高い関係を構築するための優秀な営業リーダー向けガイド』

日本マイクロソフト株式会社

現在、営業・セールスの領域に新しいモデルが生まれ、 全体のセールスプロセスが数年前と大きく異なっています。 より大きな違いは購入担当者の考え方です。 新しい考え方を理解し、それに対処することで、 良いセールス担当者からエース級のセールス担当者へと成長することができます。 クライアントからのロイヤルティが、セールスにおいて重要であることは言うまでもありません。 ロイヤルティを確立するには、クライアントのライフサイクルを通じて 強固な関係を築くことが必要です。 ホワイトペーパー資料『収益性の高い関係を構築するための優秀な営業リーダー向けガイド』は、 セールスプロセスの各段階ごとの...


優れたカスタマーサービスを提供し、ブランドに対するロイヤルティを高める方法とは? 『2017 カスタマーサービスのグローバル状況レポート』公開<全32ページ>

日本マイクロソフト株式会社

カスタマーサービスに関するレポート資料のご案内です。 現在、利便性や問題解決スピード、および専門知識の点で、 「ブランド」に対する顧客の期待が高まっています。 顧客の期待に応えることができるブランドは、 既存顧客維持率と顧客ロイヤルティを高めることができます。 なかでも、カスタマーサービス部門は、業種にかかわらず、 世界中のブランドにおいて顧客エンゲージメントに対する中心的存在です。 ブラジル、ドイツ、日本、イギリス、および米国の計5,000人を対象にした マイクロソフトが実施した調査レポート 『2017 カスタマーサービスのグローバル状況レポート』によると、 回答者の...


オンプレで実行する総コストと、AWSクラウドで実行する総コストを徹底比較! 『クラウド内におけるウェブアプリケーションの総所有 (非所有) コスト』<全42ページ、無料PDF>

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

企業のクラウド活用と総所有コスト(TCO)に関する注目資料のご案内です。 データセンター施設の所有と運営を、クラウドインフラの採用と比較して、 それらの財務上の考慮事項を検討するには、詳細かつ慎重な分析が必要です。 実際には、コンピューティングおよびストレージリソースの従量課金と並行して 潜在的なハードウェア費用を評価するだけといった簡単なものではありません。 本ホワイトペーパーでは、オンプレミスのデータセンターでホストされる ウェブアプリケーションのデプロイメントと比較した、 アマゾンウェブサービス(AWS)クラウドでの同等のウェブアプリケーションのデプロイメントの...


DBオンライン電子版『OracleからMySQLへ――データベース移行完全ガイドブック』 ◎e-Bookの無料ダウンロード

SCSK株式会社

Oracle Databaseのライセンス体系が2016年1月に変更されました。 これまでSE1/SEを利用していたユーザーは、実質の値上げを受け入れるしかないのでしょうか? あるいはOracle Databaseをやめるのでしょうか? 本書ではOracleからMySQLへの移行のノウハウをまとめました。 商用データベースからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、 「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。 ●本書の構成 1.移行検討の背景と概要  連載の背景と移行の検討について 2.アーキテクチャの違い  Orac...


DBオンライン電子版『クラウドファーストでOracle Cloudはどこへ向かう?』 ◎レポート小冊子の無料ダウンロード

日本オラクル株式会社

去る10月18日翔泳社にてDBオフラインが開催されました。 DBオンラインで活躍の方々をお招きして、クローズドな本音トークを繰り広げる本企画、 大変ご好評をいただいております。 今回は日本オラクルの「しばちょう先生」こと柴田長さんと、アシストの関俊洋さんをお招きして オラクルクラウドやクラウドにおけるデータベースの将来像などを語っっていただきました。 そして、この度DBオンラインでは、このクローズドな環境だから引き出せた本音を レポートとしてまとめ完全再現しました! 主なトピックスは以下の通りです。 ・クラウド先行ユーザー層はどんな層? ・クラウドとオンプレ、Oracle...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...