基礎をおさえたい|Selectbox(セレクトボックス)

基礎をおさえたい


財務・経理部門が会計データを戦略的に活用できる環境整備を! ―攻めの経理を実現するERPとは―

株式会社ミロク情報サービス

財務・経理部門は日常業務をこなしながら、消費増税、国際会計基準への適応など、 様々な環境変化へ対応しなくてはなりません。 そして、展開しているビジネスを取り巻く環境も変化が激しく、 このように変化が激しい環境の中では財務・経理部門が率先してスピーディーかつ 的確に経営情報を経営陣に提供することが重要になってきます。 その一つのカギとして「会計データの戦略的活用」が挙げられます。 しかしながら、先述の通り実際の経理業務では下記のような障壁があり、 なかなか会計データの戦略的活用はできていないのではないでしょうか。 ■会計データの戦略的活用の障壁■ ・日常業務をこ...


進化するランサムウェアに今、企業はどのように立ち向かえばいいのか?

アクロニス・ジャパン株式会社

注目のホワイトペーパー資料のご案内です。 ご存知のように今、ランサムウェアが企業のITシステムに対する差し迫った脅威となっています。 先日も「WannaCry」により、多くのシステムが利用できなくなる被害が発生したばかりです。 このランサムウェアへの有効な対策方法の一つは、確実にシステムバックアップをとること。 しかし、旧来の方法でバックアップをとっているだけでは十分な対策にならないほど、 ランサムウェアは進化しています。 進化するランサムウェアに対応するには、一体どのようなバックアップの環境を整えればいいのでしょうか? ご案内するホワイトペーパー資料は、企業の対応が...


4割が「リピート注文が増える」リアルタイムかつパーソナルな顧客対応とは

SAS Institute Japan株式会社

「カスタマーインテリジェンス」をテーマに、4割が「リピート注文が増える」 リアルタイムかつパーソナルな顧客対応を実現するためのノウハウが書かれた、 SAS Institute社のホワイトペーパーをご案内します。 Googleが提唱する「マイクロモーメント」をここでは「決定的瞬間」と表現。 顧客の「決定的瞬間」に立ち会うためには、従来のマーケティングの枠を越え、 チャネルやデバイスを横断した形で創出される「唯一無二のパーソナルな顧客対応」を リアルタイムで提供する必要がある、と本ペーパーでは述べています。 唯一無二のパーソナルな顧客対応を実現するためには、 「顧客関係のコ...


いつどこにいても仕事ができる環境を整備するための理想のクライアント環境とは? 情報セキュリティを強化して「働き方改革」を進めよう

日本ビジネスシステムズ株式会社

近年、労働環境の変化を背景に「働き方改革」の重要性が声高に叫ばれています。 また同じく注目を集めている“生産性向上“のための手段としても「働き方改革」は非常に有効であり、 早急な実現に向けて多くの企業が動き出しています。 では、ITは「働き方改革」の実現のためにどのようなお手伝いができるのか? その解の一つが“Mobilityの追求(=いつどこにいても仕事ができること)”です。 しかし“Mobilityの追求”のためには クラウドの活用と時代に適したクライアント環境、さらに包括的な情報セキュリティの整備など、 多くの企業にとって課題となりうる対応が要求されます。 本資料...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...