カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

【講演資料公開】『真の次世代アンチウイルスとは』

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)の調査によると、 2016年に日本国内ネットワークに向けられたサイバー攻撃は1281億件。 前年比2.4倍と急増しており、過去最高を記録しました。 この増加は一時的なものではなく、2020年のオリンピック・パラリンピックまで増加していくと見られており、 さらなる警戒と対策が必要となっています。 さらに、攻撃の多様化や高度化が進んでおり、それに合わせた対策も進化を求められています。 本資料は先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)での ネットワークバリューコンポネンツの講演『真の次世代アン...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


「世界標準の安心サーバー」が実現するセキュリティ環境について

日本ヒューレット・パッカード株式会社

なぜ今、サーバーのセキュリティなのでしょうか? 企業におけるサイバーセキュリティ対策のトレンドは常に変化を続けています。 攻撃側はサイバーセキュリティに挑むかのように手法を変え、 企業の情報システムはありとあらゆる脅威にさらされています。 このドキュメントでは、サーバーベンダーとしてのHPEが、ファームウェアへの脅威とその対策として 本質的なセキュリティ基準の詳細を解説。 その上で「世界標準の安心サーバー」であるHPE Gen10 サーバープラットフォームの紹介をしています。 HPE Gen10 サーバープラットフォームは、ハードウェアにSilicon Root of...


ビッグデータ分析の導入リスクを抑え、大きなリターンを得るのに必要なもの ――クラウドDWH「Amazon Redshift」のビジネス価値がわかる資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

本資料は、米国の大手リサーチ会社 IDC による調査資料をまとめたもので、 これによると、今後数年間に大部分のITワークロードがクラウドに移行するそうです。 中でも注目を集めているエリアは、ビッグデータ分析に不可欠な「データウェアハウス」だといいます。 ビッグデータ分析は、見えていなかった知見やビジネスチャンスを浮かび上がらせ、 企業に大きな利益をもたらす可能性を秘めています。 一方で、テラバイト級のデータを保管し処理できるシステムの導入・運用には、多額の投資が必要です。 ビッグデータ分析により大きく売上を高めたとしても、 システムにかかるコストがそれを相殺してしまっては...


ファームウェアへの脅威に対し、唯一の有効手段であるサーバーレベルのセキュリティとは? ――HPE Gen 10が実現するシリコンベースのセキュリティ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

企業におけるサイバーセキュリティ対策のトレンドは常に変化を続けています。 攻撃側はサイバーセキュリティに挑むかのように手法を変え、 企業の情報システムはありとあらゆる脅威にさらされています。 本資料では、数ある脅威の中でも今後被害が拡大するであろうと予測される ファームウェアへの脅威とその対策について解説しています。 ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)が実現する新しいサーバーレベルでのセキュリティ対策のご紹介です。 米国防レベルのセキュリティ対策が基準になっているHPE Gen10 サーバー プラットフォーム。 世界最先端を先取りするのは、常に米国防です...


Biz/Zine Day 2017 Summer 講演録

Biz/Zine編集部

GEジャパンCEO熊谷氏、ゼロワンブースター合田氏、鈴木氏、i.lab横田氏、寺田氏などが登壇し、 IoTによるものづくり企業の生存戦略などを語った内容をPDF小冊子に収録。 講演1 Transforming to a Digital Industrial Company 次世代製造業に向けたGEの挑戦 ……熊谷 昭彦 氏(GEジャパン株式会社 代表取締役社長 兼 CEO) 講演2 マイクロソフトのIoTビジョン ……スピーカー:菖蒲谷 雄 氏(日本マイクロソフト株式会社 デバイスパートナー営業統括本部 業務執行役員 IoTデバイス本部長) 講演3 ものづくり企業...


最大手DBaaSベンダー13社の市場における位置付けが一目でわかる調査資料 ――米Forresterが実施、機能や施策の強弱も点数で明らかに

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

サービスとしてのデータベース ( DBaaS ) は、 企業のEA担当者が抱えるデータ管理に関する新たな要件に対応するうえで、 現在急速に進化しているクラウドプラットフォームです。 Forrester Research 社の調査レポートによると、 グローバル企業のインフラストラクチャ責任者の約 28% が既に DBaaS 導入をサポートしていると答えており、 さらに、企業のデータおよび分析関連の意思決定者の 43% が、パブリック クラウドのデータ管理への投資を 前年度の導入よりも 5 ~ 10% 増やすとも回答しています。 Forrester Research 社では、...


【調査レポート】メールマーケティング成果向上のためには、まずは各チャネルの利用実態を把握しよう

チーターデジタル株式会社

デバイス、チャネルの多様化が進み、 ユーザーはその中で多くの情報の取捨選択を行っています。 本資料では、メール、LINE、アプリにおけるユーザーの利用実態、 各チャネルの特徴、そして企業のコミュニケーションからユーザーが抱く印象を、 独自調査を基に考察いたしました。 ユーザーを取り巻くコミュニケーションチャネルを一度俯瞰した状態で把握することは、 メールマーケティングを多角的に考えるためのヒントになります! 是非ご覧ください! ◆資料タイトル メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017年版 ◆目次 1. 調査背景・目的 2. 調査概要 3. 調査の...


ホワイトペーパー『企業アプリケーションのクラウド化を検討している方必見! AWS 上で Microsoft アプリケーションを実行し、迅速かつ低コストな運用を実現』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

企業アプリケーションの多くが Microsoft Windows Server、Microsoft SQL Server 上で 構築されており、従来のオンプレミス環境上に構築された企業アプリケーションの運用を アマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウド上で行う流れは加速する一方です。 多くの企業が IT にクラウドのメリットを活用することで、すぐにビジネスに効果が表れることに気づいています。 本資料は、Microsoft アプリケーションの更新を検討している方や、ビジネス上の意思決定者を対象にして記述されています。 AWS クラウドで安全性を確保しつつアプリケーションを運用す...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...