カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

ホワイトペーパー『Infrastructure as Code』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

インフラストラクチャサービスのプロビジョニングを自動化するための ベストプラクティスとして生まれた、Infrastructure as Code。 本ホワイトペーパーでは、Infrastructure as Codeのメリットを解説します。 アマゾン ウェブ サービスの機能を活用してDevOpsイニシアチブをサポートする方法についても説明していきます。 ●本書の構成 ・Infrastructure as Codeの序文 ・インフラストラクチャリソースのライフサイクル ・リソースのプロビジョニング ・AWS CloudFormation ・設定管理 ・Amaz...


ホワイトペーパー『サーバーレスアーキテクチャによる企業エコノミクスの最適化』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

サーバーレスという考え方が企業に静かな広まりをみせています。 サーバーレスのメリットとは? 導入の際の検討事項とは? サーバーレスと従来のサーバーベースの違いとは? このホワイトペーパーでは、サーバーレスアプローチとAWSサーバーレスポートフォリオの基本を解説しています。 本書には多くの導入事例も含まており、サーバーレスアプローチを導入した既存の企業が いかにして大きなアジリティと経済的利益を獲得しているかを紹介。 さまざまな規模の組織がサーバーレスアーキテクチャをいかに活用して、 従来よりも低いコストでイベントベースシステムを設計し、 クラウドネイティブなマ...


SQL Server 2008のサポート終了後の準備はできていますか? 『AWSに移行してアプリケーションをモダナイズする』(全31ページ)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

アプリケーションをクラウドに移行することはビジネス上避けられない要素となりました。 レガシーなアプリケーションの管理は高額なため利益が削減されてしまい、通常、ビジネスへの付加価値もありません。 しかし、クラウドへの移行を選択すると、組織の価値あるリソースを保護して 時間のかかるタスクやコストを削減し、効率性が高まります。 ご存知のように、今年の2019年7月9日にSQL Server 2008および2008 R2の延長サポートが終了します。 企業のシステム担当者は、現在稼働しているSQL Server 2008だけではなく、 中長期的な観点からIT戦略全体を確認、評価し...


SQL Server 2008をAWSに移行するには? 『AWSにMicrosoft SQL Server 2008をデプロイするためのベストプラクティス』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

主要なアプリケーションの重要な情報を保持するために、 SQL Serverは多くの企業にとって欠かせない存在となっています。 企業の中には、Microsoft SQL Server 2008に基づいて構築された レガシーなアプリケーションを使用している企業も多く存在しますが、 ご存知の通りSQL Server 2008の延長サポートは2019年7月9日で終了します。 サポートの終了により、多くの問題が発生することは間違いありませんが、 同時に、レガシーなSQLアプリケーションをモダナイズし、クラウド環境に移行する、またとない機会でもあります。 本資料『AWSにMicr...


マイクロサービス化を検討している方必見! AWSでの設計ポイントが分かる最新資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ソフトウェア開発のアーキテクチャを、従来のモノリシックからマイクロサービスへ移行する潮流は、 多くの組織で拡大しつつあります。 マイクロサービスは、デプロイまでの時間を短縮する俊敏性と、 各サービスごとに適切なテクノロジーを選んで実装できる拡張性を備えていますが、 移行や運用における課題もあります。 本資料は、マイクロサービス化を検討している方や、 マイクロサービスアーキテクチャの運用の複雑性を軽減したいと考えている方を対象にして記述されています。 マイクロサービスの共通の特徴と、構築における主な課題を踏まえ、 これらの課題克服のためにどのようにアマゾン ウェブ サービス...


WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ>

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホ...


Dell Technologies World フォローアップセミナー セッション資料

EMCジャパン株式会社

2018年6月29日、Dell EMCは都内で 「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催しました。 これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを 半日に凝縮して解説するものです。 本資料では、このフォローアップセミナーで行なわれた6セッションの講演資料を ダウンロードいただくことができます。 1.Make It Real - with 4 Transformations 2.Dell Technologies Worldのキーメッセージ 3.Make It Real -...


『SQL Server 2016 実践シリーズ No.1 SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践』 無料ダウンロード

日本マイクロソフト株式会社

「SQL Server 2016 実践シリーズ」は、現場のエンジニアの方々が "即実践" で利用できるようになるスキルを 身につけることを目的としたものです。 このドキュメントは、「SQL Server 2016への移行とアップグレードの実践」と題して、 移行とアップグレードに関する具体的かつ実践的な方法を説明します。 単なる手順を説明したドキュメントではなく、実際にどのように移行/アップグレードすれば良いのか? を 一番に考えて作成しています。 ●本書の構成 ・具体的な移行/アップグレード手順は? ・移行/アップグレードにあたっての注意点は?...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...


マーケティング・オートメーションの「導入・活用の道筋」を描けるガイドブック公開中

日本アイ・ビー・エム株式会社

本資料は、マーケティング・オートメーション(以下、MA)を導入・活用するにあたり検討すべき事柄を、 機能別に解説しているガイドブックです。 機能ごとに3つの段階(基礎編、中級編、上級編)別にまとめられているため、 自社の目的や状況に合わせて、段階的に何をすべきか考えることが可能です。 さらに、自動化すべきキャンペーンをまとめるための「自動化ログ」など、ワークシート付きなので、 資料を読んだ後に自社のケースへの落とし込みや、チェックリストの作成が可能。 MA導入・活用を実行に移すことができます。 MAの導入を検討されている方や、導入済みのツールに不安がある方のお役に立つ内容...