カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

進化するランサムウェアに今、企業はどのように立ち向かえばいいのか?

アクロニス・ジャパン株式会社

注目のホワイトペーパー資料のご案内です。 ご存知のように今、ランサムウェアが企業のITシステムに対する差し迫った脅威となっています。 先日も「WannaCry」により、多くのシステムが利用できなくなる被害が発生したばかりです。 このランサムウェアへの有効な対策方法の一つは、確実にシステムバックアップをとること。 しかし、旧来の方法でバックアップをとっているだけでは十分な対策にならないほど、 ランサムウェアは進化しています。 進化するランサムウェアに対応するには、一体どのようなバックアップの環境を整えればいいのでしょうか? ご案内するホワイトペーパー資料は、企業の対応が...


マーケターが顧客の「決定的瞬間」を見抜き、収益につなげる方法とは?

SAS Institute Japan株式会社

マーケティング担当者にお勧めするホワイトペーパー資料のご案内です。 デジタル化はマーケターに新たな課題を突きつけていますが、 パーソナルかつ的確なコミュニケーションを創出したり、 継続的なインタラクション(対話や情報のやり取り)にもとづいて 顧客との関係を深めたりするための枠組みがもたらされたという側面もあります。 本ホワイトペーパー『「決定的瞬間」という機会の最大化:リアルタイムの有意義な顧客対応の創出に向けて』は、 顧客にとっての「決定的瞬間」とは何かを探り、 マーケターはこうした瞬間をカスタマー・ジャーニーに沿って理解していくことで、 顧客の期待に即したパーソナル...


新潮流「アジャイル・マーケティング」、移行のポイントは

SAS Institute Japan株式会社

昨今、デジタルマーケティングに取り組むのは当たり前になりつつあります。 そして現在の環境に適した施策を実施していくには 「アジャイルマーケティング」の考えが求められることを皆さんは知っていますか。 「アジャイルマーケティング」とは、これまでよりもマーケティング活動のサイクルを短くし、 消費者のニーズに適応しながら、関連性の高い提案を行っていくことを指します。 本資料では、SASのアナリティクスとテクノロジーの専門家が、 アジャイルマーケティングに移行していくために必要なノウハウを解説。 海外で行われている最先端のマーケティングが理解できるお勧めの資料となっております。...


オムニチャネル化の推進、デジタルマーケティングで行うべきこととは

SAS Institute Japan株式会社

小売業を中心に昨今注目の集まっているワード「オムニチャネル」。 実店舗とECの垣根なく、シームレスな購買体験を提供可能にするため、 様々な企業が工夫して取り組みを行っています。 しかしながら、オムニチャネル化を推進しデジタルマーケティングを行うために 求められることは数多くあり、頭を悩ませる担当者の方も多いのではないでしょうか。 本資料はSASでデジタルマーケティングの分野で10年以上の経験を積んできたスペシャリストが、 オムニチャネルを実現する上でつまずきやすいデータや 組織の課題の解決におけるヒントを示します。 その他にもデジタルマーケティングの視点から求められ...


小売業界×IoTが生み出すビジネスインパクトとは

SAS Institute Japan株式会社

昨今モノのインターネット、いわゆるIoTを 活用した取り組みが様々な業界で行われています。 今回ご紹介するSASのホワイトペーパー 「小売業界における IoT:「つながる顧客」への対応」では、 同業界がIoTを導入することでどういったメリットが得られるのか、 導入時に課題となる点は何かを解説。 IoTに取り組むべき理由がマーケティングの視点で語られている資料は 数少ないので、小売業界の方はもちろん、IoTを取り入れてマーケティング活動を 推進したいという方にもおすすめとなっております。 ■資料のトピック ・小売業界の企業がIoTを取り入れることで可能になる3つの...


4割が「リピート注文が増える」リアルタイムかつパーソナルな顧客対応とは

SAS Institute Japan株式会社

「カスタマーインテリジェンス」をテーマに、4割が「リピート注文が増える」 リアルタイムかつパーソナルな顧客対応を実現するためのノウハウが書かれた、 SAS Institute社のホワイトペーパーをご案内します。 Googleが提唱する「マイクロモーメント」をここでは「決定的瞬間」と表現。 顧客の「決定的瞬間」に立ち会うためには、従来のマーケティングの枠を越え、 チャネルやデバイスを横断した形で創出される「唯一無二のパーソナルな顧客対応」を リアルタイムで提供する必要がある、と本ペーパーでは述べています。 唯一無二のパーソナルな顧客対応を実現するためには、 「顧客関係のコ...


いつどこにいても仕事ができる環境を整備するための理想のクライアント環境とは? 情報セキュリティを強化して「働き方改革」を進めよう

日本ビジネスシステムズ株式会社

近年、労働環境の変化を背景に「働き方改革」の重要性が声高に叫ばれています。 また同じく注目を集めている“生産性向上“のための手段としても「働き方改革」は非常に有効であり、 早急な実現に向けて多くの企業が動き出しています。 では、ITは「働き方改革」の実現のためにどのようなお手伝いができるのか? その解の一つが“Mobilityの追求(=いつどこにいても仕事ができること)”です。 しかし“Mobilityの追求”のためには クラウドの活用と時代に適したクライアント環境、さらに包括的な情報セキュリティの整備など、 多くの企業にとって課題となりうる対応が要求されます。 本資料...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...


モバイル&クラウド時代の新たな死角!?デバイスと情報の守り方を徹底解説!

日本マイクロソフト株式会社

企業の安全なデバイス管理や情報保護に関する、お勧めホワイトペーパーのご案内です。 企業がモバイル、クラウドへのデジタル変革の必要性に直面していることで、 ITセキュリティの考え方にも大きな影響を与えています。 かつて、セキュリティの対象の大部分はオンプレミスの領域に限られていたものが、 現在ではクラウドや膨大な数のモバイルデバイスにまでその範囲が広がっています。 従業員において、他のユーザー、デバイス、アプリ、データとの関わりはますます複雑化し、 ITにとっての“新たな死角”を生み出しています。攻撃媒体の巧妙さも増し続けています。 加えて、多くの企業は...


[限定資料]自社導入とお客様への豊富な導入実績から語る「Windows 10 導入に関わる4大課題と解決法」

株式会社大塚商会

非常にシェアの高いWindows 7 の延長サポート期間が2020年1月に終了するため、 Windows 10 への切り替えを検討している企業が増えているようです。 本資料は、多くの企業へのWindows OS 導入の実績を持ち、 先行して自社で導入のノウハウを蓄積した大塚商会が、 導入にまつわる4つの課題とそれぞれの解決の糸口をわかりやすくまとめています。 現在、Windows 10 への移行を検討されている企業担当者様、 また移行に対して少なからず課題を抱えている企業担当者様にとって、 導入の際につまずきやすいポイントから 解決の糸口までをご理解いただける有効な資料です...