カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

売上UPに繋げる!Instagramの投稿を効率よくコンテンツ化する秘訣とは?

株式会社ecbeing

最近だとLINEやFacebookなどをECサイトの運用に活用するケースも増えてきましたが、 同じSNSのなかでも"Instagram"と聞くと、 「興味はあるけれど、投稿写真の使い方がイメージできない」 「どうやってECサイトの運営に活かしたらいいかわからない」 「いろいろと手間がかかりそうで、なかなか実行できない」 と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな中、Instagram上にあるユーザーの投稿を ECサイトで活用するツールとして登場したのが「visumo」です。 visumoは、大きく3つのステップで構成されています。...


既存のマーケティング活動に訪れる限界、次に必要なのは「アジャイル」

SAS Institute Japan株式会社

顧客とブランドとのコミュニケーション手法が常に変化する現在、 顧客の行動を予測することは困難になっています。 そのため、約半年のマーケティング施策を事前に計画し、進めていくといったサイクルでは到底対応できず、 今後求められるのは素早い実行と改善です。 本資料では、そのノウハウを「アジャイル・マーケティング」として解説。 多くの企業が脱却できずにいる、マーケティング活動の伝統的なモデルを打破する内容は、 全てのマーケターに役立つ内容となっております。 ■目次 ・顧客を中心としたマーケティングのランドスケープ ・高まるマーケティング・プラットフォームの役割 ・「変化」へ...


ホワイトペーパー『Cloud Application Architecture Guide』

日本マイクロソフト株式会社

本資料では、スケーラブルで回復性と可用性が高いクラウドアプリケーションを設計するための 構造化されたアプローチについて解説します。 クラウドプラットフォームを問わずアーキテクチャの決定に役立ちますが、 ここでは長年にわたるお客様との共同作業から得られたベストプラクティスをお伝えするため、 Azureをプラットフォームとして使用します。 ◎クラウドアプリケーションに最適なアプローチを決めるための5つのポイント 1. 構築するソリューションの種類に応じた適切なアーキテクチャスタイルの選択 2. コンピューティングとデータストアに関する最適なテクノロジの選択 3. スケーラビ...


ホワイトペーパー『開発者のためのMicrosoft Azureガイド 第2版』

日本マイクロソフト株式会社

本資料は、開発者による開発者のためのガイドブックです。現在クラウドへの移行を検討中の方にも、 または既に移行に取り組まれている方にも役立つ内容となっています。 前半は、Azureの概要と、開発者および組織に提供される機能、そしてその活用方法に関する基礎的な知識を紹介します。 後半では、Azure Portalの利用の流れや、仮想マシンの作成などのシナリオを紹介します。 また、Node.jsやMongoDBを使用するWebアプリケーションの開発およびデプロイについても解説します。 CI/CD (継続的インテグレーション/継続的デプロイメント)、環境のステージング、スケーリング、...


話題の電子書籍『エンタープライズクラウド戦略 第2版』 (全155ページ、増補改訂版)無料公開スタート!

日本マイクロソフト株式会社

企業のクラウド戦略に関する話題の電子書籍(無料PDF)公開のご案内です。 今やクラウドは「導入するかどうか」ではなく「いつ導入するか」を検討する段階へと進んでおり、 あらゆる企業においてクラウドはIT戦略に欠かせない要素となりつつあります。 さらに、クラウドは効率性の向上やコストの節減を実現できる可能性を持った技術であるだけでなく、 企業ITの対象範囲を大きく変える可能性を持つものであるということが認識されるようになってきています。 実際に、クラウドによってまったく新しいビジネスモデルや収益源、 顧客と親密な関係を築くための手段が得られることに多くの企業が気づき、実践し始めています...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...


マーケティング・オートメーションの「導入・活用の道筋」を描けるガイドブック公開中

日本アイ・ビー・エム株式会社

本資料は、マーケティング・オートメーション(以下、MA)を導入・活用するにあたり検討すべき事柄を、 機能別に解説しているガイドブックです。 機能ごとに3つの段階(基礎編、中級編、上級編)別にまとめられているため、 自社の目的や状況に合わせて、段階的に何をすべきか考えることが可能です。 さらに、自動化すべきキャンペーンをまとめるための「自動化ログ」など、ワークシート付きなので、 資料を読んだ後に自社のケースへの落とし込みや、チェックリストの作成が可能。 MA導入・活用を実行に移すことができます。 MAの導入を検討されている方や、導入済みのツールに不安がある方のお役に立つ内容...


純正のHadoopをいかにビジネスに活用していくか?

ホートンワークス株式会社

Hortonworksによる、Hadoop関連情報のご案内です。 Hortonworksは、完全なオープンソースであるApache Hadoop データプラットフォームの 開発、提供、サポートを行なっています。 多くのHadoopディストリビューションは、オープンソースベースのApache Hadoopに何らか手を加え、 それにより独自の特徴を生み出しているのに対し、Hortonworksでは、一貫して純正のHadoopを使っています。 Hortonworksはなぜ、100%オープンソースにこだわるのか? コミュニティとの密な連携が生み出すメリットは何か? 本ドキュメ...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...