カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

《IBM×EnterpriseZineコラボ企画》 「ストレージの導入予定・利用状況」に関するアンケートのお願い

日本アイ・ビー・エム株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社では、期間限定でEnterpriseZineの読者の皆さまへ 「ストレージ」に関する読者アンケートのご協力をお願いしております。 アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で30名さまへ 『コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤』をプレゼントします。 読者の皆さまからのアンケート結果については、 より良い情報をお伝えするために役立ててまいりますので、 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 ◆応募締切 2020年1月31日(金)まで ※応募多数の際は、早期に締め切らせていただ...


DX/IT戦略の推進で求められるITインフラの条件とそれを実現する基盤の選択肢

日本アイ・ビー・エム株式会社

AI、IoT、ロボティクス、AR/VRといった新しいテクノロジーが牽引する形で、 いま刻々と、企業や社会におけるイノベーションが加速しています。 その中で重要性を高めているのが、イノベーションを支えるITインフラです。 DXを推進する上でも、セキュリティの確保やパブリッククラウドの採用・活用、 プライベートクラウドを含むオンプレミスIT基盤のモダナイゼーションといった課題の克服が不可欠とされ、 それらを低負担で実現する手段が求められています。 本レポートは、こうした課題について分析し、その背景や解決の方向性などを明らかにしています。 またその上で、IBMが提供するプライベ...


エラー対応が容易なRPAツール導入で複雑な報告書作成業務を1週間で自動化

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

【資料ダウンロード無料】全国展開するアパレル企業のRPA導入事例のご紹介です。 Excelを使ったデータの集計やレポートの作成に費やす時間が膨大になり、 本来業務である商品企画の時間を圧迫する事態が発生。 経理部門では伝票内容を会計システムに手入力する業務の肥大化が問題に。 高騰する人件費、減らない業務量に対して導入されたのはRPAを用いた業務改革でした。 報告書作成などの複雑な業務プロセスではBotの中身も複雑化しますが、 Automation AnywhereのRPAは異常が起こるとエラー箇所を明示してくれるため、修正対応が容易です。 実際、わずか1週間で複雑な業務の...


世界のマーケティングマネージャーは何を重視しているのか?【Forrester Consulting調査】

アドビ システムズ 株式会社

本資料「B2B企業とB2C企業に共通する複雑化したカスタマージャーニーの課題」は、 アドビがForrester Consultingに委託して実施された、 主に1,000人以上の企業でB2B/B2Cマーケティングに携わるマネージャー以上のマーケターを対象とする 調査結果をまとめたものです。 ユニークな洞察が次々現れる本資料のなかでも、 企業に所属するバイヤーのカスタマージャーニーと消費者のカスタマージャーニーが似通ってきていること、 どういった分野でB2BマーケターとB2Cマーケターが互いに学び合えるかについての指摘は特に示唆的です。 マーケティングマネージャーが今どのよ...


AI/RPA継続効果と課題―拡張技術に取り組んだ組織33%が「人間らしく」なる

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

昨今、AIの出現による産業の変化やRPAによる業務自動化により、 従業員はより「人間らしい」仕事に注力できると言われています。 ロンドン大学ゴールドスミス カレッジのマネジメント研究所イノベーション ディレクター Chris Brauer博士の研究チームによる 「人と自動化テクノロジーの成果の力学に関する、 Augmented Human Enterprise (人の能力を拡張した企業) の研究」によると、 自動化の活用などオーグメンテーション(拡張技術)に取り組んだ組織は、 職場をより「人間らしく」する指標が33%高いスコアを示すことが分かりました。 しかし、「自動化テ...


イノベーション&コニカミノルタのCXがわかる!「SAP CX DAY 2019」登壇資料抜粋

SAPジャパン株式会社

本資料は、『顧客起点の本質に迫る ビジネスモデルイノベーションを生む「X + O」』をテーマに 2019年9月に開催された「SAP CX DAY 2019」の、ふたりの登壇者の投影スライド抜粋です。 ひとつめは、SAP ユージニオ・カッシアーノ氏による『INNOVATION @SAP CUSTOMER EXPERIENCE』。 同社の最高イノベーション責任者(CIO)カッシアーノ氏がSAPでどのようにイノベーションを起こしているのか、 理念と具体的な事例を紹介しています。 ふたつめは、コニカミノルタ 仲川幾夫氏による『コニカミノルタの取り組むCX~Customer Journ...


適切なRPA管理で効果を最大化する。大規模活用のための課題解決策[無料DL]

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

こんにちは、EnterpriseZine編集部です。RPAの大規模活用を成功させる為の注目資料のご紹介です! 複数部門や全社展開など大規模なRPA活用を目指す企業は増加しています。 しかし、大規模活用をするためにはロボットの数も膨大になり、 小規模な環境とは全く異なる管理が求められます。 今回ご紹介する資料では、RPAの大規模展開を目指す企業が解決すべき6つの課題 「集中管理/稼働監視/運用/セキュリティ/ガバナンス/レポート」について、 管理者不在のロボット運用や機密情報を含む業務では使えないといった 具体的な課題の解決策についてご紹介します。 ―――――――――...


進化するRPA、世界的トレンド「コグニティブ機能」で75%の請求書を自動処理

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ビジネス現場に定着しながら話題性に事欠かない「RPA」。 そのRPAにおける最大かつ最新のトレンドと言われている“コグニティブ(認知)オートメーション”機能。 今後半年以内、RPAを実施する企業の約半分がこの機能を搭載予定といいます。 AI技術とも関連するコグニティブオートメーションは音声認識や自然言語処理といったコグニティブ技術と RPAを併用することで、従来のRPAと本格的AIのギャップを補完します。 例えば顧客から受け取った電子メールの解析と返信を自動化するなどといった 半構造化/非構造化データに基づく複雑なタスクも実行可能となります。 食品大手のグローバル企業...


WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ>

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホ...


Dell Technologies World フォローアップセミナー セッション資料

EMCジャパン株式会社

2018年6月29日、Dell EMCは都内で 「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催しました。 これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを 半日に凝縮して解説するものです。 本資料では、このフォローアップセミナーで行なわれた6セッションの講演資料を ダウンロードいただくことができます。 1.Make It Real - with 4 Transformations 2.Dell Technologies Worldのキーメッセージ 3.Make It Real -...