カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

【無料ダウンロード】ANA導入事例:画像クオリティを維持してサイズを縮小 さらに、管理工程をシンプル化

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

国内外に多数の拠点を持つ航空業界最大手企業のひとつ、全日本空輸株式会社(ANA)。 閲覧者に直接アピールできる有効なチャネルとしてWebサイト運営にも注力しています。 しかし、マルチデバイス化が進むにつれ、 デバイスごとに画像を最適化し、 品質を維持したままどう高速に表示させるかが課題となっていきました。 その解決のために導入したのが、アカマイの提供する Web画像の自動最適化・配信ソリューション「Image Manager」。 2016年12月の導入後、 ・画像サイズは40~60%削減 ・画像読み込み時間15~25%短縮 という改善を実現しました。 導入...


失敗なしにOracle DatabaseをAWS上へ移行したいエンジニア必読! ――資料『アマゾン ウェブ サービス - Oracle DatabaseをAWSに移行するための戦略』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

近年では、実績も厚みを増したことで、基幹システムすらクラウドに移行する例も増えてきました。 運用管理の手間を大幅に削減できるという魅力のほか、AIや機械学習といったデータ活用の先進機能が 主にクラウドで提供されていることや、また日本リージョンができ国内にデータを置けるようになったことで、 この流れは今後ますます加速するでしょう。 一方で、クラウドへの移行で最も慎重になるのは、やはり企業データを保管しているデータベースです。 万が一、移行に失敗してデータに欠損が出たり、最悪の場合消失してしまったりしては、取り返しがつきません。 膨大なデータを格納しているエンタープライズレベルのデ...


オンプレで実行する総コストと、AWSクラウドで実行する総コストを徹底比較! 『クラウド内におけるウェブアプリケーションの総所有 (非所有) コスト』<全42ページ、無料PDF>

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

企業のクラウド活用と総所有コスト(TCO)に関する注目資料のご案内です。 データセンター施設の所有と運営を、クラウドインフラの採用と比較して、 それらの財務上の考慮事項を検討するには、詳細かつ慎重な分析が必要です。 実際には、コンピューティングおよびストレージリソースの従量課金と並行して 潜在的なハードウェア費用を評価するだけといった簡単なものではありません。 本ホワイトペーパーでは、オンプレミスのデータセンターでホストされる ウェブアプリケーションのデプロイメントと比較した、 アマゾンウェブサービス(AWS)クラウドでの同等のウェブアプリケーションのデプロイメントの...


ITRアナリストレポート 『AI技術の方向性と活用シナリオ~重要性増すクラウド・プラットフォーム~』<全16ページ、無料PDF>

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

企業のAI活用に関する注目資料のご案内です。 本資料は、国内のIT調査・コンサルティング企業である 株式会社アイ・ティ・アールのアナリスト舘野真人氏が作成したAI活用のシナリオに関するレポートです。 AIは今日のIT業界において最も話題を集めるキーワードのひとつです。 その関心はIT業界だけではなく、利用者である一般企業の投資意欲の拡大にもつながっています。 本資料『AI技術の方向性と活用シナリオ~重要性増すクラウド・プラットフォーム~』では、 拡大するAI市場の動向やブームの背景を考察した上で、 企業におけるAI活用の3つのシナリオやクラウドAIのインパクト、 A...


マイクロサービス化を検討している方必見! AWSでの設計ポイントが分かる最新資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ソフトウェア開発のアーキテクチャを、従来のモノリシックからマイクロサービスへ移行する潮流は、 多くの組織で拡大しつつあります。 マイクロサービスは、デプロイまでの時間を短縮する俊敏性と、 各サービスごとに適切なテクノロジーを選んで実装できる拡張性を備えていますが、 移行や運用における課題もあります。 本資料は、マイクロサービス化を検討している方や、 マイクロサービスアーキテクチャの運用の複雑性を軽減したいと考えている方を対象にして記述されています。 マイクロサービスの共通の特徴と、構築における主な課題を踏まえ、 これらの課題克服のためにどのようにアマゾン ウェブ サービス...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...


マーケティング・オートメーションの「導入・活用の道筋」を描けるガイドブック公開中

日本アイ・ビー・エム株式会社

本資料は、マーケティング・オートメーション(以下、MA)を導入・活用するにあたり検討すべき事柄を、 機能別に解説しているガイドブックです。 機能ごとに3つの段階(基礎編、中級編、上級編)別にまとめられているため、 自社の目的や状況に合わせて、段階的に何をすべきか考えることが可能です。 さらに、自動化すべきキャンペーンをまとめるための「自動化ログ」など、ワークシート付きなので、 資料を読んだ後に自社のケースへの落とし込みや、チェックリストの作成が可能。 MA導入・活用を実行に移すことができます。 MAの導入を検討されている方や、導入済みのツールに不安がある方のお役に立つ内容...


純正のHadoopをいかにビジネスに活用していくか?

ホートンワークス株式会社

Hortonworksによる、Hadoop関連情報のご案内です。 Hortonworksは、完全なオープンソースであるApache Hadoop データプラットフォームの 開発、提供、サポートを行なっています。 多くのHadoopディストリビューションは、オープンソースベースのApache Hadoopに何らか手を加え、 それにより独自の特徴を生み出しているのに対し、Hortonworksでは、一貫して純正のHadoopを使っています。 Hortonworksはなぜ、100%オープンソースにこだわるのか? コミュニティとの密な連携が生み出すメリットは何か? 本ドキュメ...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...