カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

埼玉大学 准教授 宇田川さんが語る、イノベーションを起こす組織に必要な3つのポイントとは?

Sansan株式会社

ビズジンでもおなじみの筆者、関連テーマの識者のインタビューをまとめた、Sansanのホワイトペーパー。 Biz/Zineでは、読者の関心に近い資料を何回かに分けてご紹介します。 第1回は、Biz/Zineでもおなじみの組織論研究者・埼玉大学 准教授 宇田川元一氏のインタビュー内容を、記事ともあわせて紹介します。 宇田川先生を知らない方のために、まずはBiz/Zineでの宇田川先生の記事をまとめたページを紹介します。 連載:共創し学習する新しい組織論 ホラクラシー、ティール組織など、イノベーションを起こすための新しい組織のカタチを識者と模索した対談、鼎談パートと、 宇田川氏のメインの...


既存データベースからAmazon Auroraへの移行のベストプラクティスを徹底解説! 『Amazon Auroraへのデータベース移行 』(全46ページ)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

AWSクラウドとデータベースに関する人気資料のご案内です。 クラウドデータベースとして業界をリードするAmazon Auroraは、 クラウド用に構築された高パフォーマンス、 高可用性のエンタープライズ用途でのリレーショナルデータベースエンジンです。 本ホワイトペーパー『Amazon Auroraへのデータベース移行』では、 既存のデータベースからデータベース環境をAmazon Auroraに移行するためのベストプラクティスを解説。 移行時の考慮事項と、アプリケーションへの影響を最小限に抑えながら オープンソースおよび商用データベースをAmazon Auroraに移行する...


Windows 10への移行でPC運用管理が変化!より効率化させるための方法とは? 資料『WaaS時代におけるWindows10 管理ソリューションのご紹介』公開(全45頁)

株式会社日本HP

2020年1月のWindows 7のサポート期間終了を前に、Windows 7からWindows 10への移行が必須となっています。 移行しなければマイクロソフトからの更新プログラム配信が停止され、 マルウェア感染や不正アクセスといったリスクにさらされます。 また、Windows 10は、年2回のFeature Updateを展開しなければならず、 Windows as a Service(WaaS)への対応も必須です。 Windows 10では、更新プログラムを定期的に適用しなければならず、 これまでのOSライフサイクルよりも短期間になります。 Windows 10において...


アサヒグループがフラッシュストレージを採用した過程とその導入効果とは? 事例資料『アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減』(全4頁、無料PDF)

日本ヒューレット・パッカード株式会社

業界業種問わずビジネスにITが必須な時代となり、データの急増とワークロードに関する複雑な要求が増加し、 企業には大容量のストレージシステムのほか、複雑でミッションクリティカルな アプリケーション、データベース、仮想環境を駆動できるシステム環境が必要とされています。 そこでアサヒグループは国内38社、約2万2000ユーザーが利用する共通基盤に オールフラッシュストレージ「HPE 3PAR」を採用。 データセンターコストを半減するなど5年間のTCOの63%削減に成功しました。 アサヒグループでは、3年単位の中期経営計画に沿って「統合ストレージ」を構成する機器の集約を進めてきまし...


AWS上のコスト最適化に向けたアーキテクチャ、ツール、ベストプラクティスを解説! 『AWS を使用したコスト最適化』(全33ページ)

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

AWSクラウドとコスト最適化に関する注目資料のご案内です。 経営者にとって、IT環境のコスト最適化は、最も重要かつ継続的な取り組みです。 それはオンプレミスだけに限らず、クラウドでも同様です。 パイロットまたはテストワークロードの最初の評価から、クラウドインフラストラクチャまで、 管理者はそのアーキテクチャ面でのアプローチを再評価し、テストしなくてはなりません。 今回のご案内するホワイトペーパー資料『AWS を使用したコスト最適化』は、 AWSクラウドでのコスト最適化に焦点を当て、適切なアーキテクチャを選択し、 AWSのリソースをできる限り効率的に最大化するためのベス...


『SQL Server 2016 実践シリーズ No.1 SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践』 無料ダウンロード

日本マイクロソフト株式会社

「SQL Server 2016 実践シリーズ」は、現場のエンジニアの方々が "即実践" で利用できるようになるスキルを 身につけることを目的としたものです。 このドキュメントは、「SQL Server 2016への移行とアップグレードの実践」と題して、 移行とアップグレードに関する具体的かつ実践的な方法を説明します。 単なる手順を説明したドキュメントではなく、実際にどのように移行/アップグレードすれば良いのか? を 一番に考えて作成しています。 ●本書の構成 ・具体的な移行/アップグレード手順は? ・移行/アップグレードにあたっての注意点は?...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...


マーケティング・オートメーションの「導入・活用の道筋」を描けるガイドブック公開中

日本アイ・ビー・エム株式会社

本資料は、マーケティング・オートメーション(以下、MA)を導入・活用するにあたり検討すべき事柄を、 機能別に解説しているガイドブックです。 機能ごとに3つの段階(基礎編、中級編、上級編)別にまとめられているため、 自社の目的や状況に合わせて、段階的に何をすべきか考えることが可能です。 さらに、自動化すべきキャンペーンをまとめるための「自動化ログ」など、ワークシート付きなので、 資料を読んだ後に自社のケースへの落とし込みや、チェックリストの作成が可能。 MA導入・活用を実行に移すことができます。 MAの導入を検討されている方や、導入済みのツールに不安がある方のお役に立つ内容...


純正のHadoopをいかにビジネスに活用していくか?

ホートンワークス株式会社

Hortonworksによる、Hadoop関連情報のご案内です。 Hortonworksは、完全なオープンソースであるApache Hadoop データプラットフォームの 開発、提供、サポートを行なっています。 多くのHadoopディストリビューションは、オープンソースベースのApache Hadoopに何らか手を加え、 それにより独自の特徴を生み出しているのに対し、Hortonworksでは、一貫して純正のHadoopを使っています。 Hortonworksはなぜ、100%オープンソースにこだわるのか? コミュニティとの密な連携が生み出すメリットは何か? 本ドキュメ...