カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

『BtoBにこそ生きるデジタル×アナログの組み合わせ これだけは必須な5つのシナリオ設計を徹底解説!』

株式会社シャノン

BtoBのマーケティング支援をする中でシャノンが導き出した、 展示会を起点とする5つのシナリオ設計を徹底解説。 以下の5つのターゲットに対して、デジタルとアナログを組み合わせて どのようにアプローチすればよいのかを、詳細かつ実践的な内容で解説しています。 (1)ホットリード:必ず成約までつなげたい5%程度の熱い人達。とにかくスピード対応が勝負。 (2)ウォームリード:ホットとは言えないが、今後動く可能性のある層。 (3)潜在ホットリード:実はホットな層。ニーズが顕在化すると一気に成約に進むことがある。 (4)リターゲティング顧客:展示会後目立った反応はなかったが、突然Webを...


デジタル時代のストレージ環境を最適化!インフラ性能を最大限引き出すには

日本ヒューレット・パッカード株式会社

近年、仮想化技術の登場により、サーバーを取り巻く状況は大きく変化しました。 1台のサーバーを仮想的に分割して利用したり、 複数のサーバーを束ねて大規模なリソースを持つ1台のサーバーに見せかけるなど 大きく伸びているサーバーの性能を最大限引き出すためにも、 ストレージの性能を上げる必要があります。 この傾向はネットワークも同様で、高性能なネットワークを導入する場合、 ストレージも同時に高速化することでその価値を最大化できます。 WP『クラウド、AI時代こそオールフラッシュストレージで理想のストレージ環境へ』では、 オールフラッシュストレージが誇る優位性を紹介するほか、...


『SQL Server 2016 実践シリーズ No.1 SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践』 無料ダウンロード

日本マイクロソフト株式会社

「SQL Server 2016 実践シリーズ」は、現場のエンジニアの方々が "即実践" で利用できるようになるスキルを 身につけることを目的としたものです。 このドキュメントは、「SQL Server 2016への移行とアップグレードの実践」と題して、 移行とアップグレードに関する具体的かつ実践的な方法を説明します。 単なる手順を説明したドキュメントではなく、実際にどのように移行/アップグレードすれば良いのか? を 一番に考えて作成しています。 ●本書の構成 ・具体的な移行/アップグレード手順は? ・移行/アップグレードにあたっての注意点は?...


【講演資料】『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(35頁、PDF版)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権ID管理に関する注目資料(PDF)のご案内です。 高度化するサイバー攻撃、内部不正による情報漏えい事件・事故は後を絶たず、 ラストワンマイルとしての特権IDアクセス管理は喫緊の課題であり、 PCI DSSなどの規程遵守や監査においても必須要件となっています。 加えて、情報を外部に置くクラウド利用においては、特権IDのアクセス管理がさらに重要となります。 今回、先日開催した「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)でのNRIセキュアテクノロジーズの講演資料 『クラウド時代における特権ID管理で取り組むべきこと』(全35頁、PDF版)を無料公開...


IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説!

日本アイ・ビー・エム株式会社

AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWats...


マーケティング・オートメーションの「導入・活用の道筋」を描けるガイドブック公開中

日本アイ・ビー・エム株式会社

本資料は、マーケティング・オートメーション(以下、MA)を導入・活用するにあたり検討すべき事柄を、 機能別に解説しているガイドブックです。 機能ごとに3つの段階(基礎編、中級編、上級編)別にまとめられているため、 自社の目的や状況に合わせて、段階的に何をすべきか考えることが可能です。 さらに、自動化すべきキャンペーンをまとめるための「自動化ログ」など、ワークシート付きなので、 資料を読んだ後に自社のケースへの落とし込みや、チェックリストの作成が可能。 MA導入・活用を実行に移すことができます。 MAの導入を検討されている方や、導入済みのツールに不安がある方のお役に立つ内容...


純正のHadoopをいかにビジネスに活用していくか?

ホートンワークス株式会社

Hortonworksによる、Hadoop関連情報のご案内です。 Hortonworksは、完全なオープンソースであるApache Hadoop データプラットフォームの 開発、提供、サポートを行なっています。 多くのHadoopディストリビューションは、オープンソースベースのApache Hadoopに何らか手を加え、 それにより独自の特徴を生み出しているのに対し、Hortonworksでは、一貫して純正のHadoopを使っています。 Hortonworksはなぜ、100%オープンソースにこだわるのか? コミュニティとの密な連携が生み出すメリットは何か? 本ドキュメ...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...