カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

マーケティング・オートメーションの「導入・活用の道筋」を描けるガイドブック公開中

日本アイ・ビー・エム株式会社

本資料は、マーケティング・オートメーション(以下、MA)を導入・活用するにあたり検討すべき事柄を、 機能別に解説しているガイドブックです。 機能ごとに3つの段階(基礎編、中級編、上級編)別にまとめられているため、 自社の目的や状況に合わせて、段階的に何をすべきか考えることが可能です。 さらに、自動化すべきキャンペーンをまとめるための「自動化ログ」など、ワークシート付きなので、 資料を読んだ後に自社のケースへの落とし込みや、チェックリストの作成が可能。 MA導入・活用を実行に移すことができます。 MAの導入を検討されている方や、導入済みのツールに不安がある方のお役に立つ内容...


純正のHadoopをいかにビジネスに活用していくか?

ホートンワークス株式会社

Hortonworksによる、Hadoop関連情報のご案内です。 Hortonworksは、完全なオープンソースであるApache Hadoop データプラットフォームの 開発、提供、サポートを行なっています。 多くのHadoopディストリビューションは、オープンソースベースのApache Hadoopに何らか手を加え、 それにより独自の特徴を生み出しているのに対し、Hortonworksでは、一貫して純正のHadoopを使っています。 Hortonworksはなぜ、100%オープンソースにこだわるのか? コミュニティとの密な連携が生み出すメリットは何か? 本ドキュメ...


PCI DSSをモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは

情報セキュリティ課題の整理・解決にPCI DSSの活用を 株式会社ラック  プロフェッショナルサービス事業部 執行役員 事業部長 内田昌宏氏  リスク管理、内部統制、組織管理など、コーポレートガバナンスにかかわる要求事項は増大の一途をたどり、企業が取り組まなければならないテーマも急増している。  「PCI DSS をモデルにした企業に求められるセキュリティ実装とは」と題して講演したラック プロフェショナルサービス事業部 内田昌宏氏は、金融機関を例に「BASEL II、安全対策基準、個人情報、BCPなどに対し、いろいろなツールが登場して企業に迫りつつある。これらを用いて効率...