カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

■「エクスペリエンス主導型コマース」で 価格、品揃えの競争から「体験による差別化」へ

アドビ 株式会社

今日のコマース業界では、 AmazonやAlibabaのような「エブリシングストア」の登場によって 価格と品揃えが競争上の利点にならなくなっています。 では、何が新たな差別化要因となっているのでしょうか? 本資料では、顧客との新たなつながり方を生み出し、 優れた体験を販売することで差別化する 「エクスペリエンス主導型コマース」を解説しています。 現状のコマースモデルに疑問を感じている方、EC事業での差別化に悩む方は、 ぜひご覧いただき、貴社のビジネスにご活用ください。 ★たとえばこんなトピックが見られます ・エンゲージメントの方向性を定める   ―効果的な...


Amazon SageMakerならMLの構築~保守コストがこんなに低く抑えられる

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

「Amazon SageMaker」は、Amazonが提供している他のMLオプションと比較して、 大規模かつ非常に低いコストでモデルの構築、トレーニング、デプロイが行える 完全マネージド型機械学習(ML)サービスです。 MLの利用があらゆるシーンで広がるにつれ、そのサービス構築~運用にかかる 総所有コスト(TCO)にも目を光らせる必要が高まっています。 その点で、Amazon SageMakerは賢い選択肢の1つといえます。 では、Amazon SageMakerでなら、TCOをどれほど低く抑えられるのでしょうか。 本資料では、「EC2での自己管理」「AWSのマネージ...


成果が上がる、機械学習の正しいユースケースをAWSが教えてくれる資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

DXは、消費者・利用者にしろ従業員にしろ、サービスの利用体験を高めるのが肝。 その切り札的なツールが「機械学習」であるのは言うまでもありません。 ただし、機械学習も効果や成果を得るためには、次のような要件をみたす、 正しいユースケースで適用する必要があります。 ・ビジネスにとって現実的な問題を解決し、十分なサポートや注目を受け、導入するに  値するソリューションである ・利用できていないデータソースを活用できる ・パフォーマンスが改善、コストが軽減、エンドカスタマーエクスペリエンスが向上 ・実行可能性評価を行える技術的エキスパートと、ソリューションが利用可能か評価する...


AWSの機械学習を活用したF1のイノベーション事例とは? ファンエクスペリエンスを向上させる方法を解説

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

F1は、ドライバー同士で競争を繰り広げるスポーツですが、 エンジニアの技術競争が行えるスポーツでもあります。 F1がAWSを活用したことで、車両のデザインが変更されたほか、 データと分析の力によってコース内外で何が起こっているのか 詳細に把握できまるようになりました。 また、それによりファンエクスペリエンスも向上しています。 本資料では、F1でファンエクスペリエンスを向上するために行っている 【2つ】の方法を紹介しています。 ・1つ目は、AWSが提供するAmazon SageMakerで構築した、  機械学習モデルを活用する「F1 Insights」に関するもの。...


顧客体験が製品やサービス以上に競争優位の源泉となる時代 ステップ・バイ・ステップで、企業を顧客中心主義へ変革させるための資料

株式会社セールスフォース・ドットコム

企業の競争優位は製品やサービスそのものではなく顧客体験が起点となる時代。 「顧客中心主義経営」への変革は“待ったなし”です。 この変革の成否は企業の存亡に関わると言っても過言ではなく、 企業の企画部門の方々にとっても非常に重要なテーマです。 では、今まで製品やサービスが競争優位の源泉であった企業は、どう変革を進めればいいのでしょうか。 本資料「Customer360 プレイブック」は、株式会社セールスフォース・ドットコム自身が体現し、 顧客ともに進化させてきた「顧客中心主義経営」の、いわば“秘伝の書”です。 フィードバックループとイノベーションサイクルの中心に顧客...


「クラウドネイティブ型CMS」で“顧客の期待に応える”コンテンツ展開を実現

アドビ 株式会社

今日のビジネス環境において、 優れたエクスペリエンスの提供は重要な差別化要因となります。 では、顧客が求めるエクスペリエンス、 またそれを実現するために必要なシステムとはどのようなものでしょうか。 本資料では、優れた顧客体験を生み出すために必要な視点と、 それを実現する「クラウドネイティブ型CMS」について解説しています。 CMS導入を検討している方、またCMSの活用に課題を感じている方は ぜひご覧いただき、貴社のビジネスにご活用ください。 ★こんなトピックが見られます ・「クラウドネイティブ型CMS」への移行で得られる3つの利点   ―デジタルエクスペリエ...


[PDF]社員の自律的な営業活動を支援する「Asales」導入事例

ストックマーク株式会社

 「Asales」は、営業の生産性向上をAIの力で実現するソリューション。アップロードされた社内資料をAIがインデックス化、検索性を高めることで社内で動いている提案動向の可視化と営業の生産性向上をサポートします。  企業向け研修を軸とする若手人材開発事業を展開するファーストキャリアは、社員がより「価値発揮」の業務や「考える」時間に集中できる環境を整えるため、2020年4月から「Asales」を導入し、社内ナレッジシェアの促進、業務プロセスの改善に役立てています。 [Asales導入の目的] ・社内ナレッジ検索における利便性の向上 ・営業社員の自律的な営業活動の支援 ・ナレッジ...


進化するコンテンツ管理テクノロジー、クラウドネイティブ型CMSを選ぶべき理由

アドビ 株式会社

スマートフォンの登場は顧客と企業との力関係を大きく変えました。デジタルで積極的に情報収集する顧客の期待に応えるには、一人ひとりに沿った コンテンツをその時々で最適なチャネルからタイミング良く提供することが不可欠です。真の意味で顧客中心主義を実践する企業には、ビジネスインフラになるCMS(Content Management System)が必要です。そのCMSが今、最新テクノロジーで大きく変わろうとしています。 多様化する顧客接点からのCX提供 PCでもモバイルでも、画面サイズに応じてページレイアウトを柔軟に変更できる「レスポンシブデザイン」や同一コンテンツを言語の違う各国のwebサイトに...


ホワイトペーパー『モダンアプリケーションガイド』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

本資料は、多くの企業や組織がアプリケーションのモダナイゼーションに取り組んでいる理由と、 実際にモダナイゼーションを開始するためには何をすればよいかについて紹介する、無料ホワイトペーパーです。 AWS上でアプリケーションを開発している、またはこれから開発するデベロッパーやアーキテクトを対象としています。 AWSが多様な形態の組織のアプリケーション構築を支援してきた経験から、モダンアプリケーションの特徴を7つピックアップ。 実際にAWSを活用している企業の先進事例と併せて解説しています。 AWSでアプリケーションを構築するにあたって、7つのポイントとその事例を参考にしてくだ...


[資料]Salesforceユーザーための名刺管理ツール選定 6つのポイント

株式会社サンブリッジ

テレワークが進み、営業組織の働き方も顧客接点も大きく変化しました。 これまでとは同じようにいかない今だからこそ、顧客情報の管理や共有についても 新しいやり方やシステムの見直しを進める良いタイミングです。 本資料は次のような悩みを抱える企業の皆さんにとくにおすすめです。 ・顧客とのオフライン接点が減った今、過去名刺を整理したい ・テレワーク中の営業組織の情報共有のために、ツールを検討している ・名刺管理ツールを導入しているが、成果につながる活用ができていない 「そもそもなぜ名刺管理が必要なのか」「ツールを選ぶとき、重視する点は?」 という基本的な疑問や、検討時にやはり気に...