カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

「ジョブ理論」から読み解く、企業の収益を向上させる方法

株式会社セールスフォース・ドットコム

「所有から利用へ」という言葉が示すように、顧客は商品やサービスを利用し、 それによって価値を得ることを重視するようになりました。 企業は、顧客の「ジョブ」を理解した商品やサービスを使ってもらうことで、 価値を提供し、価値を感じ続けてもらうよう働きかける必要があります。 B2B企業の中でその業務を担うのが「フィールドサービス部門」です。 本資料では、企業の収益向上に向けた、フィールドサービスの改善・強化のポイントを紹介しています。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【資料概要】 ・資料タイトル:『最強の顧客接点 サービス業務を視覚化し収益向上...


AI・機械学習を実装できる人材とそれをビジネスに応用できる人材を 社内に確保するためのフレームワーク

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

不確実性の時代と言われて数年経ちますが、今年は新型コロナウイルスの発生も加わり、 ますますビジネスを見通すことが困難になっています。 そのような状況下でも、企業に洞察力と判断力を与えてくれるツールがAIです。 ただし、AIに必要な機械学習を実装できる人材や、AIを使ってビジネスを展開できるだけの データリテラシーを持つ人材はいまだ希少です。 多くの企業は新規採用したり、外部のスペシャリストに頼ったりしています。 とはいえ、ビジネスに欠くべからざるツールとなっていくAIですから、 社内にスキルと人材を蓄積していくのが正道でしょう。 企業に必要なスキル・人材と不足してい...


迅速かつ失敗せずにアプリケーションをAWSクラウドへ移行するための 3段階の移行プロセスと7つの移行パターンを公開

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

既存アプリケーションをクラウドへ移行する理由といえば、現在でもほとんどの場合、 コスト削減にあるようです。 しかし、AWSによれば、ユーザーは後日、クラウドに移行した価値について、 古いインフラを撤廃したことによるコスト削減だけではないことに気づくといいます。 (例えば、アプリケーションの俊敏な追加・変更や高い生産性、セキュリティなど) とはいえ、クラウド移行そのものに手間取り、時間がかかっていては、 移行することへの説得力を失い、プロジェクトの資金や支援が失われる可能性すらあります。 そこで、アプリケーションをクラウドへ移行するエンジニアの方に読んでいただきたいのが...


Windows環境の業務アプリをAWSに移行するメリットとは?

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

Windows Server、Active Directory、SQL Serverなど、 Microsoftのソリューションで構築された業務アプリを クラウドへ移行したいという要望が増えています。 AWSでは数多くのWindows Serverインスタンスが動いており、 IDCの報告書によると、AWSに次ぐ規模のクラウドプロバイダーと比べ その数は約2倍だそうです。 本資料では、Microsoftのソリューションを利用した業務アプリや開発環境などを AWSへ移行するメリットを解説しています。 また、SQL Serverや.NET開発環境など、ソリューション別の参考...


■KDDI「広告宣伝分析プロジェクト」の狙いと成果

株式会社セールスフォース・ドットコム

■KDDI「広告宣伝分析プロジェクト」の狙いと成果 成果の出る広告出稿を実現するためには、 マス・デジタルを含め、各媒体の効果を正しく把握することが必要です。 しかし、媒体毎に担当者や指標がバラバラで、 「統合的なアプローチが行えていない」という課題を感じられている 企業も多いのではないでしょうか。 テレビCMを中心に、デジタル広告や交通広告、 イベントなど様々な広告宣伝を行っているKDDIも、 これまで各宣伝担当がそれぞれクリエイティブ制作から メディアバイイングを行う体制だったと言います。 しかし、同社は2020年4月に体制を一新。 チームを統合し、横...


機械学習で精度の高い洞察を得るために実行するべき環境づくり・体制づくりとは

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

テクノロジーの進化により、データはビジネスを推進する強力なエネルギーとなりました。 特に機械学習は、ビジネスの先を予測したり、サービスの質を高めたりとデータという エネルギーの力を最大限働かせるエンジンとなっています。 ただし、機械学習がはじきだす洞察は、機械学習が推論モデルを作る際に使用したデータの質に 大きく依存します。 悪いデータからは悪いモデルしかできず、導き出されるのは誤った洞察です。 つまり、ビジネスにとって価値のある洞察を得るためには、高品質なデータを供給する必要が あるということです。 ここで配付しているAWSの資料は、これを実現するためにするべきことを...


Domoが警鐘を鳴らす「データ活用3つの壁」、DXの本質的な「経営戦略」とのつながり

ドーモ株式会社

ドーモ株式会社作成のデータ活用に関する最新の資料をご紹介します。 なぜ企業のデジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)は進まないのか。 そこには、「データ活用にまつわる3つの壁」が存在すると語るのが、 ドーモ株式会社のシニアテクニカルコンサルタントの守安孝多郎氏。 本資料では、 ・国内におけるデータ活用とDXの現状 ・データ活用に立ちはだかる3つの壁 ・Domoが提供するサービス などを解説しています。 本資料の肝は、データ活用を阻む3つの壁、その先にある経営戦略へのつながりです。 Domoのソリューションはデジタル化の支援に留まらず、 豊富な経験を持つ...


新たなデータ分析環境でレポート作成作業を週100時間から0時間に オムニバスが取り組む広告代理店の働き方改革と価値創造

株式会社セールスフォース・ドットコム

運用型広告の効果を上げるためには、施策を日々分析し、改善することが不可欠です。 しかし、多くの事業会社、広告代理店では、運用型広告のレポート作成や配信管理確認に 「膨大な時間と工数がかかる」という課題を抱えています。 今回ご紹介するのは、 あらゆるマーケティングデータをひとつに統合し、分析することができる「Datorama(デートラマ)」を導入し、 レポート作成時間を週100時間から0時間まで減らしたオムニバスの取り組みを紹介するこちらの資料です 「広告代理店として広告主に提供するべき価値は事業成長のサポートであり、レポートではない」 と語るのは、オムニバス 代表取締...


C Channelがレポート作成時間を大幅に短縮できた理由

株式会社セールスフォース・ドットコム

不確実な時代の中、消費者行動の変容で企業のビジネス展開にも対応が求められます。 広告運用において、日々の細かな効果分析、 分析結果に基づいた素早い施策改善は非常に重要です。 しかし、分析のためのレポート作成に 「膨大な時間と工数がかかっている」 と悩まれている担当者も多いのではないでしょうか。 以前同じ課題を抱えていたC Channelでは、 あらゆるマーケティングデータをまとめて分析することができる「Datorama(デートラマ)」を導入。 レポート作成時間を約10分の1にまで削減することに成功しています。 本資料では、C Channelが構築したデータ分析環...


ネスレ日本に学ぶ、メディア戦略のためのPDCA高速化

株式会社セールスフォース・ドットコム

マーケティング施策を最適化し、 より適切なマーケティング投資をするためには、 効果に基づいたPDCAサイクルが欠かせません。 しかし多くの企業では、 レポートの読解やデータの分析にかかる膨大な時間によってサイクルが鈍化し、 最適なプランニングを行うための時間やタイミングを失っています。 そんな中、数多くのブランドを展開する「ネスレ日本」では、 PDCAサイクルの高速化を実現しています。 オンライン広告はもちろんのこと、 オフライン広告のデータもリアルタイムに把握することで、 日次での施策改善を実現。 データによる効率的なプランニングが可能になったことで、 新...