<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Sat, 24 Jun 2017 10:46:35 +0900 【無料電子版】『サイバーセキュリティ対策の現実解~中堅・中小企業のための情報セキュリティ強化策~』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/654 http://selectbox.shoeisha.jp/article/654 EnterpriseZine PRESS 電子版 『特集:サイバーセキュリティ対策の現実解~中堅・中小企業のための情報セキュリティ強化策~』 (A4、全27頁、無料E-Book)の提供開始のご案内です。 業務やビジネスにおいて、ITの存在感は年々大きくなっています。 今や企業活動の大半をITが支えているといっても過言ではありません。 一方で、企業や組織を狙った標的型攻撃は高度化・巧妙化が進み、 情報漏洩などのサイバー被害も後を絶ちません。 先日も身代金要求型の不正プログラムであるランサムウェア「WannaCry」が 世界各地で感染を広げ、大きな社会問題となりました。 今やサイバーセキュリティは大企業だけではなく 中堅・中小企業においても経営課題として広く認識されるようになった一方、 企業規模が小さいほどセキュリティのリスクを理解してはいても、 「予算がない」「どこか...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 22 Jun 2017 00:00:00 +0900 越境ECに役立つ英語フレーズ http://selectbox.shoeisha.jp/article/655 http://selectbox.shoeisha.jp/article/655 2016年の訪日外国人旅行者数が2,400万人と過去最高となり、ますます日本に対する注目度が高まってきています。 EC業界でもこの世界の日本熱を活用すべく、「越境EC」への取り組みが活発化しています。 しかし、「越境EC」とひと言でいっても「言葉の壁」が大きく、 なかなか取り組みに踏み切ることができない、という企業も多いのではないでしょうか。 本資料は、世界に向けて商品を販売できるマーケットプレイスであるeBay提供による、 「越境ECに役立つ英語」をまとめたホワイトペーパーです。 ゼロから越境ECを始める事業者向けに、 「最低限知っていれば出品できる」ようになる英語表現や、 すぐに使える「Google翻訳」活用法、英語での問い合わせ対応法などを紹介します。 本資料の英語表現は、ECzineでも連載中の英語講師で、 英語の学習書で累計400万部を超えるベ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 22 Jun 2017 00:00:00 +0900 レコメンド改善でCV9.6%アップ! 世界的な登山用品メーカは何をした? http://selectbox.shoeisha.jp/article/648 http://selectbox.shoeisha.jp/article/648 本資料は、セールスフォース・ドットコムが提供する、Eコマースソリューション 「Salesforce Commerce Cloud(以下、Commerce Cloud)」の企業事例です。 世界的な登山・スキー用品メーカー「Black Diamond」は、ECサイト上で訪問者一人ひとりに最適なレコメンドを実現すべく Commerce Cloudの「Product Recommendations」を活用。 コンバージョン率は9.6%上昇、訪問者当たりの収益は15.5%上昇を実現しました。 Commerce Cloudを選んだ理由、サードパーティー製品との違いなどを同社シニアウェブマーチャント Adam Smart氏に聞きました。 レコメンドに課題を感じているマーケターの皆さんのヒントになるかと思いますので、ぜひご覧ください! ■資料タイトル パーソナル化した商品推奨で...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 19 Jun 2017 00:00:00 +0900 新潮流「アジャイル・マーケティング」、移行のポイントは http://selectbox.shoeisha.jp/article/650 http://selectbox.shoeisha.jp/article/650 昨今、デジタルマーケティングに取り組むのは当たり前になりつつあります。 そして現在の環境に適した施策を実施していくには 「アジャイルマーケティング」の考えが求められることを皆さんは知っていますか。 「アジャイルマーケティング」とは、これまでよりもマーケティング活動のサイクルを短くし、 消費者のニーズに適応しながら、関連性の高い提案を行っていくことを指します。 本資料では、SASのアナリティクスとテクノロジーの専門家が、 アジャイルマーケティングに移行していくために必要なノウハウを解説。 海外で行われている最先端のマーケティングが理解できるお勧めの資料となっております。 ■目次 ・顧客を中心としたマーケティングのランドスケープ ・高まるマーケティング・プラットフォームの役割 ・「変化」への対応という新たな常識 ・進化するマーケティングの手法 ・アジャ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 16 Jun 2017 00:00:00 +0900 オムニチャネル化の推進、デジタルマーケティングで行うべきこととは http://selectbox.shoeisha.jp/article/651 http://selectbox.shoeisha.jp/article/651 小売業を中心に昨今注目の集まっているワード「オムニチャネル」。 実店舗とECの垣根なく、シームレスな購買体験を提供可能にするため、 様々な企業が工夫して取り組みを行っています。 しかしながら、オムニチャネル化を推進しデジタルマーケティングを行うために 求められることは数多くあり、頭を悩ませる担当者の方も多いのではないでしょうか。 本資料はSASでデジタルマーケティングの分野で10年以上の経験を積んできたスペシャリストが、 オムニチャネルを実現する上でつまずきやすいデータや 組織の課題の解決におけるヒントを示します。 その他にもデジタルマーケティングの視点から求められるポイントを解説する内容になっています。 小売業やEコマースのマーケティング担当者は特に必見です。 ◆資料のポイント ・オムニチャネルにおける課題の解決法を解説 ・成功に導くために必要...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 16 Jun 2017 00:00:00 +0900 小売業界×IoTが生み出すビジネスインパクトとは http://selectbox.shoeisha.jp/article/652 http://selectbox.shoeisha.jp/article/652 昨今モノのインターネット、いわゆるIoTを 活用した取り組みが様々な業界で行われています。 今回ご紹介するSASのホワイトペーパー 「小売業界における IoT:「つながる顧客」への対応」では、 同業界がIoTを導入することでどういったメリットが得られるのか、 導入時に課題となる点は何かを解説。 IoTに取り組むべき理由がマーケティングの視点で語られている資料は 数少ないので、小売業界の方はもちろん、IoTを取り入れてマーケティング活動を 推進したいという方にもおすすめとなっております。 ■資料のトピック ・小売業界の企業がIoTを取り入れることで可能になる3つのこと ・IoT導入の壁となるテクノロジー、組織の課題とは channel title Fri, 16 Jun 2017 00:00:00 +0900 【注目資料】『間違ったバックアップ方法ではランサムウェアからデータを安全に守れない』 <全6ページ、無料PDF> http://selectbox.shoeisha.jp/article/649 http://selectbox.shoeisha.jp/article/649 現在、企業を狙うランサムウェアの脅威が深刻化しており、 ランサムウェア被害に関するニュースは後を絶ちません。 感染経路についても、クライアントPCからネットワーク経由でシステム全体を感染させるものに加え、 サーバー側アプリケーションの脆弱性を利用して侵入するSAMSAMや、 ネットワーク内の情報探索を行うSAMASなど標的型攻撃の手法を取り入れているランサムウェアも発生しており、 より一層の防衛策の構築が必要となっています。 ランサムウェア対策には、ウイルス対策ソフトの導入などを通じた感染の「予防」と、 万一に備えたバックアップによるデータの「保護」が有効とされていますが、 現実にはランサムウェアの特性を考慮したバックアップを実施しておかないと バックアップデータ自体も感染しかねません。 今回ご案内する資料は、企業の対応が急務となっているランサムウェアの動向...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 15 Jun 2017 00:00:00 +0900 4割が「リピート注文が増える」リアルタイムかつパーソナルな顧客対応とは http://selectbox.shoeisha.jp/article/653 http://selectbox.shoeisha.jp/article/653 「カスタマーインテリジェンス」をテーマに、4割が「リピート注文が増える」 リアルタイムかつパーソナルな顧客対応を実現するためのノウハウが書かれた、 SAS Institute社のホワイトペーパーをご案内します。 Googleが提唱する「マイクロモーメント」をここでは「決定的瞬間」と表現。 顧客の「決定的瞬間」に立ち会うためには、従来のマーケティングの枠を越え、 チャネルやデバイスを横断した形で創出される「唯一無二のパーソナルな顧客対応」を リアルタイムで提供する必要がある、と本ペーパーでは述べています。 唯一無二のパーソナルな顧客対応を実現するためには、 「顧客関係のコンテクスト」「リアルタイムのコンテクスト」 「個人的なコンテクスト」のデータと、予測分析を組み合わせると大きなメリットがあるとか。 実際に、以下のような具体的な成果につながっています。 --...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 15 Jun 2017 00:00:00 +0900 単純なバックアップでは対応不可能!? 『ランサムウェア対策のバックアップで必ず押さえるべき3つの要件』<無料PDF> http://selectbox.shoeisha.jp/article/647 http://selectbox.shoeisha.jp/article/647 注目のホワイトペーパー資料のご案内です。 現在、マルウェア「ランサムウェア」の被害が深刻化しています。 ランサムウェアは、感染するとデータの暗号化を行い、解除と引き替えに金銭を要求する悪質なマルウェア。 先月もランサムウェア「WannaCry」の感染被害が世界各国に拡大し、その脅威が大きく報じられたばかりです。 昨年頃から国内でも感染被害が急激に拡大しており、 ランサムウェアは事業継続を脅かす大きな問題となっています。 そこで現在、IT部門に求められているのが、ランサムウェア被害を回避するための事前対策です。 柱となるのは、ウイルス対策ソフトの導入などを通じた感染の「予防」と、 万一に備えたバックアップによるデータの「保護」の2つ。 被害時に迅速な復旧を通じて事業継続性を確保するためにも、バックアップによるデータの保護が有効ですが、 実はランサム...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 08 Jun 2017 00:00:00 +0900 「顧客の時代」に成果を出す! マーケターのためのフィールドガイド http://selectbox.shoeisha.jp/article/646 http://selectbox.shoeisha.jp/article/646 セールス、サポート、製品のすべてにまたがるマーケティングを推進し、 1対1のカスタマージャーニーを実現し、最高のマーケティング成果を出すためにはどうすれば良いか? セールスフォース・ドットコムが出した答えが「Salesforce for Marketing」です。 本資料では、電動工具のブラック・アンド・デッカー社や、 米国の大手地銀キャピタル・ワンなど10社を超える海外事例を交え 「Salesforce for Marketing」が実現する世界をご紹介します。 【資料情報】 ■タイトル Salesforce for Marketing 「顧客の時代」に成果を出す マーケティングリーダーのためのフィールドガイド ~世界で最もスマートなCRMでOne to Oneカスタマージャーニーを実現~ ■構成(全35ページ) 1)  顧客の時代 2)  Sal...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 07 Jun 2017 00:00:00 +0900