<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Wed, 22 Jan 2020 01:44:33 +0900 ハードウェアだけで完結できないセキュリティ、IoTエコシステムの構築方法 http://selectbox.shoeisha.jp/article/954 http://selectbox.shoeisha.jp/article/954 急速に成長する“モノのインターネット”IoT分野。 IDCの予測では、2025年までに世界で416億のデバイスがインターネットと繋がり、 合計79.4 ゼタバイトのデータを生成するとされています。 さらにオンラインデータベースStatistaは2025年、オンライン接続のエンドポイントは750億を超えると予測しています。 個人から組織まで、世界中の顧客が使用する膨大なデバイスをあらゆる脅威から守るためには、 セキュリティを中心としたIoTエコシステム基盤の構築が必須になります。 では、エッジコンピューティング製品からクラウド環境まで、多層防御の提供とIoTデバイスとその接続、 データ保護を実現し、予防からアラートまで攻撃発生前後を問わずセキュリティの問題を クリアにするにはどうすれば良いでしょうか? 一般的なIoTデバイスはハードウェア自体の計算、メモリおよび...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 製品の市場投入を40%早める?急伸するIoT市場、「AWSにできるコト」を解説 http://selectbox.shoeisha.jp/article/953 http://selectbox.shoeisha.jp/article/953 ユーザーが物理世界のモノのステータスを把握し、状態データに基づく論理的な判断を可能にするAWS IoT サービス。 すべてのモノの状態を理解したうえで生産性の改善やサービスをデプロイすることで、 ビジネス全体の効率やパフォーマンスを高めることができます。 マネージドサービスとソフトウェアのセットで構成されたAWS IoT サービスは、 IoTソリューションの作成簡易化および運用効率の向上、新たな収入源を創出するといいます。 ユーザーは数十億台のデバイスに安全に接続して管理し、 デバイスデータの収集だけでなく、機械学習による高度な分析の実行も可能となります。 急速に成長する“モノのインターネット”IoT市場において、AWS IoT サービスがもたらす価値とは――。 コロラドのソフトウェアプロバイダRachio社の最高技術責任者兼共同設立者であるFranz Garsombk...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『トップユースケース 産業IoTアプリケーション』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/952 http://selectbox.shoeisha.jp/article/952 本資料は、AWS IoTを用いて産業プロセスのIoT化を迅速かつ確実に実現する方法を紹介する、無料ホワイトペーパーです。 品質予測や予知保全といった一般的な産業用IoTのユースケースをレビューしながら解説します。 監視制御やデータ収集システムといった既存のレガシーな運用技術は、長期的な運用を見込んで設計され、 深く定着しているので、簡単に置き換えることができません。 しかし、AWS IoTは、そんな産業プロセスを迅速にIoT化し、パフォーマンスと生産性の改善を可能にします。 本資料は、最高技術責任者(CTO)、設計者、開発者、品質管理および運用チームのメンバーなど、 技術分野のあらゆる方を対象としています。 安全にデバイスをクラウド接続する「AWS IoT Core」や、IoTデバイスの分析を行う「AWS IoT Analytics」など、 あらゆるマネージドサービ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 コネクテッドホームデバイスの膨大なデータをAWS IoTで顧客価値に変える http://selectbox.shoeisha.jp/article/949 http://selectbox.shoeisha.jp/article/949 IoTはあらゆる業界のビジネスに影響を与えています。 特に大きな影響を与える分野が「家庭」です。 家庭のあらゆるデバイスがIoTとして接続されるようになると、集まったデータの活用は、 メーカー、サービスプロバイダー、アプリケーション開発者すべてのビジネスに大きなチャンスをもたらします。 しかし、コネクテッドホームデバイスから集まったデータを活用するためには、 数百万にも及ぶデバイスからのリアルタイムデータを適切に処理し、安全に管理しなければなりません。 機械学習による分析とクラウドセキュリティを高いレベルで併せ持つAWS IoTは、 コネクテッドホームデバイスのIoT構築と規模の拡大、セキュリティとプライバシーの管理に役立ちます。 本資料では、コネクテッドホームIoTの価値と課題、 AWS IoTを活用した迅速な製品開発について、Rachio社やiRobot社...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 AWS IoTが導くデジタルトランスフォーメーションの“次の段階”とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/948 http://selectbox.shoeisha.jp/article/948 モノのインターネット(IoT)は、企業のサービスやビジネスモデルを一新する可能性を秘めています。 多くのデバイスから絶え間なくデータが集まり、サービスの改善と顧客体験の向上に繋げることができます。 一方で、膨大な数のデバイスとの接続や、リアルタイムでもたらされるデータの管理は困難を伴います。 数百万台のデバイスとの安全な接続と、機械学習による高度な分析を備えるAWS IoTは、 DXの次の段階としての「デジタル化」を実現させ、すべてのモノの状態をデータとして判断し、 ビジネス課題の解決を可能にします。 本資料では、IoTの可能性と課題、そしてAWS IoTがもたらす次世代のIoTについて、 Philips社、Trimble社、iRobot社の声とともに解説しています。 ぜひご一読ください。 ―――――――――――― ■ホワイトペーパー資料(無料)の概要 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 RBAC、認証情報、RPAが本領発揮するエンタープライズ級のセキュリティ確保 http://selectbox.shoeisha.jp/article/955 http://selectbox.shoeisha.jp/article/955 ビジネスユーザーでも企業システムとのやり取りを自動化できるソフトウェアを開発できるように、 という構想のもと開発されたRPA。 RPA Botは人間の代わりに認証情報を使用することで、 APIのないアプリケーションを含めたエンタープライズアプリケーションにログインし、 これまで自動化の大きな壁であったAPIの欠如を克服してきました。 そうして、エンタープライズアプリケーションへのログインで実現する自動化。 しかし、その恩恵を全社的に受けるためには、活用を広げると同時に エンタープライズレベルのセキュリティも実現しなければなりません。 今回提供する資料では、市場をリードするRPAである「Automation Anywhere Enterprise」が実証する セキュリティについての概説を紹介しています。 アプリケーションのログインに用いられる認証技術や、企業の...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 26 Dec 2019 00:00:00 +0900 ドキュサインによる電子署名・電子契約で業務の完全デジタル化を実現 http://selectbox.shoeisha.jp/article/951 http://selectbox.shoeisha.jp/article/951 CXプラットフォーム「KARTE」やEC特化型メディア「Shopping Tribe」を提供する株式会社プレイドは、 業務プロセスの完全デジタル化を目指してドキュサインを導入しました。 電子署名・電子契約の導入によって、紙で1~2週間かかっていた書類の処理が、 早いものではその日のうちに完了するようになります。 ドキュサイン導入によって事業を加速させたプレイドが狙う次のビジネス展開はどのようなものでしょうか。 本資料は期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【資料概要】 ・資料タイトル: 『ペーパレス化による、完全なデジタルビジネスと業務フローの自動化を目指し、ドキュサインを導入』 ・ファイル形式:PDF(カラー) ・ページ:2ページ channel title Thu, 19 Dec 2019 00:00:00 +0900 ドキュサインが年間900人入社する運送会社が抱える雇用契約の課題を解決する http://selectbox.shoeisha.jp/article/950 http://selectbox.shoeisha.jp/article/950 東海3県を中心に神戸から関東までをカバーする運送会社の名阪急配株式会社。 トラック運転手の出入りが激しい業界で、同社も年間900人が入社し800人が退社するといいます。 膨大な数の雇用契約をスムーズに進めるため、名阪急配はドキュサインを導入します。 紙による雇用契約から切り替えることで解決した3つの問題点と、 雇用契約の先に見据えるさらなる効率化について紹介しています。 本資料は期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【目次】 ・資料タイトル: 『新入社員との雇用契約にドキュサインを活用。締結までの時間が大幅に短縮し、契約書の紛失や記入漏れを削減。』 ・ファイル形式:PDF(カラー) ・ページ:2ページ channel title Thu, 19 Dec 2019 00:00:00 +0900 [ドキュサイン導入事例] Sansan、海外展開やSalesforce連携が容易なドキュサインを採用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/947 http://selectbox.shoeisha.jp/article/947 [概要] 法人向け名刺管理サービスなどを展開する株式会社Sansan。 契約プロセスのデジタル化を検討するなかで重視したのは、 海外展開とSalesforceとのインテグレーションが容易にできるかという点。 同社が顧客との契約に抱えていた課題と、ドキュサイン導入で 得られた成果を語っていただいた事例記事です。 ぜひこの機会にダウンロードしてご覧ください。 [目次] ・顧客にめんどうなプロセスを依頼し、失注リスクを抱えていた営業 ・電子署名による契約締結のプロセス化へ ・海外展開/Salesforce連携を見据えた選定 ・顧客とのエンゲージメント、営業サイクルが変化 channel title Thu, 19 Dec 2019 00:00:00 +0900 [ドキュサイン導入事例] favy、ドキュサイン導入後を取引が開始された顧客のほぼ100%が電子署名で契約を締結~ http://selectbox.shoeisha.jp/article/946 http://selectbox.shoeisha.jp/article/946 株式会社favyは、飲食業界向けに広告ソリューションを提供しています。 同社が顧客とのプロセスを紙からデジタルへと移行させたきっかけ、 移行後に出た成果について語っていただいた事例記事です。 自社組織において契約プロセスのデジタル化を推進している方には 必見の資料となっています。ぜひこの機会にダウンロードしてご覧ください。 [目次] ・紙の申込書からSalesforceへ手入力 人的ミスなど課題に ・契約プロセスのデジタル化を検討、CRM連携を重視 ・営業組織には副次的な効果も channel title Thu, 19 Dec 2019 00:00:00 +0900