<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Fri, 25 Jun 2021 12:14:28 +0900 ■LTVからの逆算で広告投資を最適化! 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの「Salesforce Datorama」活用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1163 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1163 富士フイルムのグループ会社として、 化粧品・サプリメントなどのヘルスケア製品の通信販売事業を行う 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー。 同社はセールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Datorama (デートラマ)」を導入し、 オン・オフのマーケティングデータとLTVデータを統合。 マーケティングデータを一気通貫で俯瞰することで、 効果的な広告予算投資と業務効率化の実現を目指したと言います。 こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。 【こんな方におすすめ】 ・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい ・レポート作成時間を短縮したい ・リアルタイムで状況を把握し、タイムリーな予算の付け替えを行いたい channel title Tue, 08 Jun 2021 14:00:00 +0900 カスタマー・エクスペリエンスを重視したデジタル・トランスフォーメーションに必要な3つのポイント http://selectbox.shoeisha.jp/article/1146 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1146 セールスフォース・ドットコムが提供するこの資料では、 あらゆるビジネスで重要性が増しているカスタマー・エクスペリエンスと、 それを実現するデジタル・トランスフォーメーションについてまとめています。 変化し続けるニーズを持った顧客に対し、パーソナライズされた体験を提供し続ける必要があります。 そのため企業は、テクノロジーによってビジネスプロセスを改善し、 顧客志向のイノベーションを実行しなければなりません。 この資料では、カスタマー・エクスペリエンスを改善するために、 ビジネスリーダーはどのようにデジタル・トランスフォーメーションを進めればいいのかを、 ・部門ごとにサイロ化した体制 ・レガシー・システム ・「整理されていない」データの活用 という3つの課題とそれに対する取り組みをもとに紹介しています。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 May 2021 10:00:00 +0900 7,000人超の声をまとめた「カスタマーサービス最新事情」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1147 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1147 カスタマーサービスに関する最新の調査をまとめた、 セールスフォース・ドットコムによる最新の資料をご紹介します。 本資料では、 ・新型コロナウイルス渦におけるカスタマーサービスの基準の変化 ・サービス組織がニューノーマルに向け検討している戦略、戦術、テクノロジー ・職場環境の急激な変化に対するサービス組織の対応状況 ・ソーシャルディスタンスの確保が求められる中、フィールドサービスに及ぶ影響とフィールドサービスの変化 について、以下の6つのポイントで整理し、まとめています。 1.新たなエンゲージメントの基準 2.需要急増に対応するための鍵は「俊敏性」 3.セールスやマーケティングとの連携を深めるカスタマーサービス 4.ワークフォースマネジメントの新しいカタチ 5.明確なキャリアパス 6.フィールドサービスの進化が収益拡大を促進 世界33ヵ国、7,...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 14 Apr 2021 17:00:00 +0900 ■広告プランニングの精緻化&データドリブン文化の醸成を実現! 三菱電機 宣伝部の「Salesforce Datorama」活用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1145 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1145 家電製品をはじめ幅広い製品・サービスを展開する三菱電機。 これらのキャンペーンを一手に引き受ける同社の宣伝部では、 業務の広さと扱うツールの多さから、 プロモーション活動のPDCAを回す上で大きな課題を抱えていたと言います。 そこで同社は、2019年下半期から「Salesforce Datorama」を導入し、 「PDCAデータ基盤構想」プロジェクトを推進。 これにより、「広告プランニングの精緻化」と「データドリブン文化の醸成」を実現しました。 こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。 【こんな方におすすめ】 ・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい ・ITに強くないメンバーでも使いこなせるツールを導入したい ・導入したツールの社内定着化に課題を持っている channel title Tue, 13 Apr 2021 19:00:00 +0900 「後悔のないCMSの導入・実装」の要点をフェーズごとに紹介します http://selectbox.shoeisha.jp/article/1143 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1143 顧客体験の最適化を考えたとき、 魅力的なデジタルコンテンツの制作と運用管理が大切です。 そのため、CMSの導入と活用は担当者にとって 避けては通れないテーマでしょう。 特に、クラウド型のCMSの登場によって 事業規模に問わず自社のニーズに合わせて CMSの機能をカスタマイズすることが可能になった今、 適切なCMSを導入、実装していくことが非常に重要になってきました。 本資料『CMS導入の迅速化:最先端のクラウド型CMSとその導入』は CMSの選定・実装・運用開始後と3つのフェーズに分け、 次の事柄を紹介するものです。 ・選定段階|5つの満たすべき要件 ・実装段階|5つのトルべきアクション ・運用段階|意識すべき3つの要点 CMSの導入やリプレースを検討している方に 役立つ内容ばかりですので、ぜひ一度ご覧ください。 【資料構成】全13ページ ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 07 Apr 2021 17:00:00 +0900 コロナ禍で激変 Eコマースのトレンドを紐解く「第1版 Eコマース最新事情」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1140 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1140 本資料は、セールスフォース・ドットコムによって実施された、 約1,400人のEコマースリーダーを対象とした調査、 及びSalesforce Commerce Cloud プラットフォーム上で運用されているウェブサイトから収集した、 10億人の一般消費者・企業の購買担当者のデータを分析して得られたインサイトをもとにまとめた、調査資料です。 新型コロナウイルスの影響で、2020年は商取引がリアルからデジタルへと大きくシフトし、 一般消費者向け(B2C)のみならず、企業間取引(B2B)においても デジタルチャネルの重要性が大きく拡大したことはご存じの通りです。 この様な環境下、世界のEコマースのリーダーは、 どの様なことに注目し、注力しているのでしょうか。 このレポートでは、B2C取引とB2B取引のそれぞれについて、 コロナ禍という大きな変化を経た後の、「ニューノーマ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Mar 2021 17:00:00 +0900 ■全世界7,000人が回答した、カスタマーサービスに関する調査 ニューノーマルに向けた取り組みの最新事情 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1127 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1127 新型コロナウイルス感染拡大により、 各企業のデジタルチャネルへの移行は急加速し、 リモートワークや新たな安全手順の導入といった大きな変革も起きています。 しかし、その仕事量に見合うリソースを確保できた組織は多くありません。 顧客維持の重要性がさらに高まる中、 パフォーマンスが高いチームはどのような体制を整えているのでしょうか。 本資料は、セールスフォース・ドットコムが 全世界7,000人を超えるカスタマーサービスプロフェッショナルを対象に 実施した調査の結果を明かすレポートです。 カスタマーサービスを取り巻く環境がどう変化したかをまとめ、 また、パフォーマンスの高いトップチームが 将来を見据えて導入している戦略を紹介しています。 カスタマーサービスの変革に向け、 その方針を検討するために有効な知見を得たい方、 従来のサービスや現在の計画に懸念を持...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 01 Mar 2021 00:00:00 +0900 ■全世界7,000人が回答した、カスタマーサービスに関する調査 ニューノーマルに向けた取り組みの最新事情 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1112 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1112 新型コロナウイルス感染拡大により、 各企業のデジタルチャネルへの移行は急加速し、 リモートワークや新たな安全手順の導入といった大きな変革も起きています。 しかし、その仕事量に見合うリソースを確保できた組織は多くありません。 顧客維持の重要性がさらに高まる中、 パフォーマンスが高いチームはどのような体制を整えているのでしょうか。 本資料は、セールスフォース・ドットコムが 全世界7,000人を超えるカスタマーサービスプロフェッショナルを対象に 実施した調査の結果を明かすレポートです。 カスタマーサービスを取り巻く環境がどう変化したかをまとめ、 また、パフォーマンスの高いトップチームが 将来を見据えて導入している戦略を紹介しています。 カスタマーサービスの変革に向け、 その方針を検討するために有効な知見を得たい方、 従来のサービスや現在の計画に懸念を持...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 01 Mar 2021 00:00:00 +0900 「紙」をやめて4月の入社手続きラッシュをスマートに乗り越えよう! クラウド人事労務ソフト「SmartHR」がそれを実現 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1122 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1122 もうすぐ4月。新入社員が入ってきますね。 人事としては「また、入社手続きでてんてこ舞いか」というシーズンでもあります。 そもそも、なぜ入社手続きは大変なのでしょうか。 労働条件通知書の発行、労働契約書・雇用契約書などでの雇用契約締結、社会保険や労働保険の加入手続きなど、 新入社員一人ひとりに対してやることがたくさんある(それも一度にやってくる)ことがあります。 ただ、もう一つの大きな原因として、これらをすべて「紙」で行っていることもあるのではないでしょうか。 昨年から新入社員も在宅勤務というケースが増えており、各種書類のやり取りを郵送で行うケースも増えています。 また、書類の記入方法は迷う部分が多く、その問い合わせ対応にも時間を取られます。 もし、これがデジタル化され、郵送の手間もなく、記入も迷わないようにシステムで作り込んでくれていたら、 人事はどんなに楽でしょう。...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 25 Feb 2021 00:00:00 +0900 マンガでわかる! SmartHR 人事・労務をどのように楽にしてくれるの? 業務効率化のほかにメリットは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/1121 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1121 「大量の業務に追われて残業が常態化」 「紙ベースの業務が多く、コロナ禍においても出社の頻度の高い」 そんな、ニューノーマルってどこの話? という人事部は多いようです。 人事・労務もDXを推進していかないと、人事部のメンバーはもちろんですが、 社員全員に不便を強いてしまうことになります。 そうした課題を解決するため、多くの企業で導入が進んでいるのがクラウド人事労務ソフトです。 中でもよく耳にするのが「SmartHR」ではないでしょうか。 本資料は、 「SmartHRは何をしてくれるの?」 「どのように人事・労務の業務効率化を図るの?」 といったSmartHRに関する疑問に楽しく答えるマンガです。 このままでは業務におしつぶされてしまう―― そんな現場の人事の方はぜひ一度ご覧ください。 「ああ、これは欲しい……」と思うこと必至です! ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 25 Feb 2021 00:00:00 +0900