<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Tue, 19 Feb 2019 09:06:28 +0900 SQL Server 2008をAWSに移行するには? 『AWSにMicrosoft SQL Server 2008をデプロイするためのベストプラクティス』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/856 http://selectbox.shoeisha.jp/article/856 主要なアプリケーションの重要な情報を保持するために、 SQL Serverは多くの企業にとって欠かせない存在となっています。 企業の中には、Microsoft SQL Server 2008に基づいて構築された レガシーなアプリケーションを使用している企業も多く存在しますが、 ご存知の通りSQL Server 2008の延長サポートは2019年7月9日で終了します。 サポートの終了により、多くの問題が発生することは間違いありませんが、 同時に、レガシーなSQLアプリケーションをモダナイズし、クラウド環境に移行する、またとない機会でもあります。 本資料『AWSにMicrosoft SQL Server 2008 をデプロイするためのベストプラクティス』は、 SQL Server 2008からAWSに移行するためのベストプラクティスを解説した資料です。 AWS...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 15 Feb 2019 00:00:00 +0900 SQL Server 2008のサポート終了後の準備はできていますか? 『AWSに移行してアプリケーションをモダナイズする』(全31ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/855 http://selectbox.shoeisha.jp/article/855 アプリケーションをクラウドに移行することはビジネス上避けられない要素となりました。 レガシーなアプリケーションの管理は高額なため利益が削減されてしまい、通常、ビジネスへの付加価値もありません。 しかし、クラウドへの移行を選択すると、組織の価値あるリソースを保護して 時間のかかるタスクやコストを削減し、効率性が高まります。 ご存知のように、今年の2019年7月9日にSQL Server 2008および2008 R2の延長サポートが終了します。 企業のシステム担当者は、現在稼働しているSQL Server 2008だけではなく、 中長期的な観点からIT戦略全体を確認、評価し、合理的に考慮することが求められます。 その際、選択肢としてクラウドへの移行を検討、推進している企業が増加しています。 クラウド移行により、ビジネスは俊敏に拡張できるようになります。 移行は...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 15 Feb 2019 00:00:00 +0900 見直されるメールの重要性 「リードナーチャリング」を成功に導くポイントとは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/853 http://selectbox.shoeisha.jp/article/853 今、米国ではリードナーチャリングの手段として「メール」の有用性が見直されています。 米調査会社Forrest Researchのレポートによると、 米国企業のメールマーケティングへの投資額は、2021年まで増加が続くと予測されているのです。 この事実は、メルマガの開封率の低さに悩む日本企業にとっては 意外な結果なのではないでしょうか。 実は、米国でも2016年までは メールによるキャンペーン施策のほとんどが失敗だったといいます。 にもかかわらず、今「メール」の有用性が見直されているのはなぜなのでしょうか。 本資料では国内外の調査結果を踏まえ、 その理由と、メール施策を成功に導くポイントを解説していきます。 【内容】============================================ ・BtoB企業におけるリードナーチャリングの現...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 07 Feb 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『中堅企業で求められるハイエンドの機能と低価格』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/850 http://selectbox.shoeisha.jp/article/850 企業において、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の重要性が増してきています。 DXにに適応するか取り残されるかは、今やビジネスを大きく左右する鍵となっています。 企業がDXを推進するにあたっては、ストレージインフラストラクチャのモダナイゼーションが主要な焦点となってきます。 新たなストレージテクノロジーとアーキテクチャが出てくる中、ストレージプラットフォームをワークロードの要件に合致させ、 必要に応じてワークロードを統合できる機会が今まで以上に提供されるようになりました。 本ホワイトペーパーでは、ミッドレンジ市場におけるストレージ要件の進化に焦点を合わせ、 CIOがインフラストラクチャのモダナイゼーションにおいて考慮すべき ミッドレンジエンタープライズストレージの主要な機能について検討しています。 ●本書の構成 ・IDCの見解 ・調査概要 ・概況 ・De...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 06 Feb 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『ITトランスフォーメーションでのデータ保護のビジネス価値』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/849 http://selectbox.shoeisha.jp/article/849 ITトランスフォーメーション(ITX)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する上で その成功を支える重要な要素です。 IDCの調査によると、平均で予算のほぼ3分の1がデータ保護に割り当てられているといいます。 本ホワイトペーパーでは、ITXの一環としてデータ保護に関する企業の要件、 およびそれらに対応するDell EMCのデータ保護向けストレージ製品の適合性について調査・分析しています。 ●主な調査結果 ・ITXは事業部門とITの重要なパートナーシップである ・Dell EMCのデータ保護向けストレージ製品を活用したITXの成果として下記が示されている ―5年間のROI:225% ―データ保護環境の運用コストの50%の提言 ―データリカバリーウィンドウの71%の短縮 ―バックアップの頻度の33%の増加 ―データ保護スタッフの効率の45%の向上 channel title Wed, 06 Feb 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『新たなテクノロジーとモダンIT:データ資本の価値実現の鍵』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/848 http://selectbox.shoeisha.jp/article/848 「全世界のデータが2025年までに163ZBに拡大する」―こう、IDCでは予測しています。 こうした膨大なデータの拡大・流入は、企業にとっては課題であると同時に機会でもあると言えます。 最新のストレージ製品を活用し、ITインフラの最新鋭化(モダナイズ)に成功すれば、 データの流入を競争上の差別化の手段に転換でき、 失敗すれば、イノベーションと改善の機会を逸するでしょう。 本ホワイトペーパーでは、成功に寄与する要因を把握するために、 企業の行動、戦略、そしてその結果の調査を行いました。 ITインフラのモダナイズに成功する企業はどのような意思決定が行われているのか? リーダー企業の秘密を探ります。 ●本書の構成 ・はじめに ・新たなテクノロジーの使用には新たなデータセンターのビジョンが必要 ・データの価値の実現 ・売上高と収益性 ・業務の卓越性 ・イノベーションの...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 06 Feb 2019 00:00:00 +0900 Web接客のプロSprocketが教える 成功する鉄板「Web接客シナリオ」BEST5 http://selectbox.shoeisha.jp/article/847 http://selectbox.shoeisha.jp/article/847 本資料は、 ・今すぐ試してほしい鉄板Web接客シナリオBEST5 ・9社の事例 をまとめた、全33ページの無料でダウンロードいただける資料です。 統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」を提供するSprocket社が 豊富な知見から、BEST5ともいえるシナリオを厳選しまとめました。 「Sprocket」は、オンラインショップでも実店舗のように、 お客さまの状況にあわせた声かけができたら、というEC担当者の願いをかなえるべく、生まれたものです。 Webならではの、接客シナリオの極意とは? 実際に鉄板シナリオを試した9社の事例を、CVRの向上率とともに 発動タイミング、対象セグメント、シナリオ内容、ゴール指標という4つのポイントから解説しています。 ぜひこの機会にダウンロードし、読んでみてください。 [資料の目次]------------...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 30 Jan 2019 00:00:00 +0900 ■BtoB企業必見!デジタルマーケティングの海外展開 成功のポイントとは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/845 http://selectbox.shoeisha.jp/article/845 国内と比べて人的リソースが限られる海外ビジネス。 見込み客の獲得や育成を効率よく行うために、 デジタルマーケティングを活用するBtoB企業が増えています。 しかし、日本で成功したマーケティング施策が海外では機能せず、 思うような成果を挙げられていないという声も。 たとえば、グローバル展開で陥りがちな3つのトラブルについて解説。 現在海外向けの施策に取り組んでいる方はもちろん、 検討段階の方にとっても想像しやすい内容です。 不確定要素の多いデジタルマーケティングの海外展開。 本資料でその傾向と注意点、成功のポイントを把握し、 戦略策定にお役立てください。 【内容】============================================ ・デジタルマーケティングの海外展開で陥りがちな失敗 ・戦略/体制づくりに必要なこと ・効率のよいナーチャリング...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 22 Jan 2019 00:00:00 +0900 WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ> http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホワイトペーパー 『将来のためのアーキテクチャの設計MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』(全28ページ)は、 Microsoftアプリケーションなど、ミッションクリティカルなワーク...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Sep 2018 00:00:00 +0900 Dell Technologies World フォローアップセミナー セッション資料 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 2018年6月29日、Dell EMCは都内で 「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催しました。 これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを 半日に凝縮して解説するものです。 本資料では、このフォローアップセミナーで行なわれた6セッションの講演資料を ダウンロードいただくことができます。 1.Make It Real - with 4 Transformations 2.Dell Technologies Worldのキーメッセージ 3.Make It Real - with Server &amp; Network 4.Make It Real - with HCI/CI 5.Make It Real - with All Flash Storage 6....(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 Sep 2018 06:00:00 +0900