<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Sun, 26 Feb 2017 07:41:39 +0900 ヤフーのデータベース担当者に聞く!重要DBへのオールフラッシュの採用理由 http://selectbox.shoeisha.jp/article/612 http://selectbox.shoeisha.jp/article/612 ヤフーのデータベース担当者に取材を実施した、 オールフラッシュストレージに関する事例記事(ホワイトペーパー資料)のご案内です。 日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーにとって、 データは事業の根幹を担う非常に重要な要素の一つです。 大量のデータを保持し、月間630億ページビュー(PV)という膨大なアクセスへ スムーズかつ安定的にデータを供給し続けるためには、 供給源となるデータベースが重要な役割を担います。 Yahoo! JAPANの中でも重要性が高い200を超えるデータベースには、 約70TBものデータが格納されており、 全てが高い頻度でアクセスされているホットデータとなっています。 あらゆるサーバに対して、止まることなく安定的にデータベースサービスを提供し、 大量のデータを性能よく供給するには、 データベースインフラ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 22 Feb 2017 00:00:00 +0900 パーソナライズド動画を活用したメールがなぜ効果的なのかを解説 http://selectbox.shoeisha.jp/article/611 http://selectbox.shoeisha.jp/article/611 昨今、顧客ごとにメールの内容を変えて配信する手法は、 マーケティングオートメーションなどの登場で進みつつあります。 そして、さらにメールの効果を高める手法として 注目を集めているのが、パーソナライズド動画です。 顧客一人ひとりに向けた内容の動画クリエイティブに作ることで、 テキストや画像以上に情報を伝えることができます。 本資料はインテリジェンス ビジネスソリューションズの パーソナライズド動画サービス「personalize me(パーソナライズミー)」に 関する詳細を紹介。動画をメールマーケティングに活用するメリットなども 理解できるので、ぜひご確認ください。 ※以下は、personalize meのコンセプト動画です。 ◆資料のポイント ・パーソナライズド動画を導入するメリットがわかる ・パーソナライズド動画の活用例がわかる channel title Fri, 17 Feb 2017 00:00:00 +0900 IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説! http://selectbox.shoeisha.jp/article/610 http://selectbox.shoeisha.jp/article/610 AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWatsonの活用方法などを解説。 他にも金融サービスや人材活用での導入事例なども掲載しています。 企業のマーケティング、顧客接点のマネジメントに関わる方に ぜひご活用いただければと思います。 ◎資料...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 16 Feb 2017 00:00:00 +0900 モバイル&クラウド時代の新たな死角!?デバイスと情報の守り方を徹底解説! http://selectbox.shoeisha.jp/article/609 http://selectbox.shoeisha.jp/article/609 企業の安全なデバイス管理や情報保護に関する、お勧めホワイトペーパーのご案内です。 企業がモバイル、クラウドへのデジタル変革の必要性に直面していることで、 ITセキュリティの考え方にも大きな影響を与えています。 かつて、セキュリティの対象の大部分はオンプレミスの領域に限られていたものが、 現在ではクラウドや膨大な数のモバイルデバイスにまでその範囲が広がっています。 従業員において、他のユーザー、デバイス、アプリ、データとの関わりはますます複雑化し、 ITにとっての“新たな死角”を生み出しています。攻撃媒体の巧妙さも増し続けています。 加えて、多くの企業は、従来のシングルポイントソリューションを維持するのに苦心しており、 限られた予算は、従来の課題への取り組みにのみ投入されます。 このような状況において、ID管理、デバイス管理、 情報保護のための...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 14 Feb 2017 12:00:00 +0900 ロイヤルティー・プログラム実現を阻む5つの課題と解決法 http://selectbox.shoeisha.jp/article/606 http://selectbox.shoeisha.jp/article/606  コモディティ化が進み、競合も多い現在。生涯にわたり購入してもらえる関係を築くためには、 ロイヤルティー・プログラムの実施が重要です。 しかし、重要性を認識していても、 様々な問題から実行に移せていない、という企業も少なくないのでは?  本資料は、ロイヤルティー・プログラムを構築する際に障壁となる5つの課題と、その解決策を紹介するものです。 細かなシステムの話ではなく、 「どこに注目をして、どれくらいのスパンで何を計画するべきか」といった基本軸で解説がされているので、 事業規模や業種にかかわらず参考にすることができます。  「顧客と長い付き合いを実現したいが、そのための課題解決方法がわからない」 という方は、ぜひ内容をご覧ください。 【資料情報】 ■資料タイトル ロイヤルティー・プログラムを構築する際の 5つの課題とこれらを克服するための方法 ■...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 03 Feb 2017 00:00:00 +0900 [限定資料]自社導入とお客様への豊富な導入実績から語る「Windows 10 導入に関わる4大課題と解決法」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/607 http://selectbox.shoeisha.jp/article/607 非常にシェアの高いWindows 7 の延長サポート期間が2020年1月に終了するため、 Windows 10 への切り替えを検討している企業が増えているようです。 本資料は、多くの企業へのWindows OS 導入の実績を持ち、 先行して自社で導入のノウハウを蓄積した大塚商会が、 導入にまつわる4つの課題とそれぞれの解決の糸口をわかりやすくまとめています。 現在、Windows 10 への移行を検討されている企業担当者様、 また移行に対して少なからず課題を抱えている企業担当者様にとって、 導入の際につまずきやすいポイントから 解決の糸口までをご理解いただける有効な資料です。 是非この機会に本資料を読んで、Windows 10 移行のきっかけとしてください。 ◆ダウンロード資料: ━━━━━━━━━━━━━━━ 資料名:『Windows 10 導入に関わる4...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 30 Jan 2017 00:00:00 +0900 変貌する会計環境とCFOの役割 http://selectbox.shoeisha.jp/article/603 http://selectbox.shoeisha.jp/article/603 翔泳社が2016年10月25日(火)、日立システムズと共催で開催した 「Business Book Academy 会計イノベーション:変革の時代の管理部門とCFOの役割」 の資料をダウンロードいただけます。 本セミナーは、経理・会計などの管理部門の方々と財務を統括するマネジメントの方を対象に、 これからの企業会計や管理業務に求められる役割の変化と出張費、 現金精算などの個別課題への対応について紹介したもの。 セミナー資料は、日本CFO協会主任研究員の中澤 進氏の 「会計イノベーション:変革の時代の管理部門とCFOの役割」と 株式会社日立システムズ 鈴木 孝輔氏の「日本の出張経費精算市場を徹底解説」の2点に加え、 日立システムズの経費精算ソリューション「Traveler'sWAN」に関する記事の3点となります。 経理・会計部門をはじめ、社内の管理システムの改...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 27 Jan 2017 00:00:00 +0900 開発プロセスの見える化で生産性は2倍以上に! 可能にしたのは世界で高評価のツールと導入時の配慮 http://selectbox.shoeisha.jp/article/608 http://selectbox.shoeisha.jp/article/608 近年、多くのIT企業で「業務や開発プロセスの生産性向上」や「プロセスの見える化」の実現が重要な課題となっています。 その解決策の1つとして、いま注目を集めているのが、場所にも時間にもとらわれないオープンソースソフトウェア開発のワークスタイル。 世界中に点在する技術者が共同で開発を行っていきます。 このワークスタイルで利用され、世界中の企業・団体でアプリケーションサービスの開発・運用を効率化させているのが、 Atlassian社が開発するツール群です。 豪Atlassian社のツール群は、アプリケーション・ライフサイクル・マネージメント(ALM)分野では、 Microsoft社、IBM社に並ぶほどの高い評価を受けています(Gartnerの調査による)。 本資料は、Atlassian社のツール「JIRA Software」などを使用して開発プロセスの見える化を行い、 劇...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 26 Jan 2017 00:00:00 +0900 デジタル時代の競争に不可欠な"分析力の強化方法"は?<IDCレポート公開> http://selectbox.shoeisha.jp/article/604 http://selectbox.shoeisha.jp/article/604 企業のデータの分析・活用に関するホワイトペーパー資料のご案内です。 モバイル機器の普及とソーシャルメディアの発達は、企業のデジタルデータの利用を大きく進めました。 さらに、急速なIoTや機械学習の進歩がデジタル化のビジネスメリットを高め、社会変化を促進しようとしています。 こうしたデジタル時代のイノベーションに不可欠なのがデータの活用であり、分析力の強化です。 本ホワイトペーパーは、企業がデータを中心とするイノベーションをリードし、 競争環境の変化に対応する必要に迫られるなかで、 なぜデータの分析力の強化が重要になるのか、そのためにストレージソリューションをどのように活用すべきかを考察した IDC Japan社のレポート資料(全8ページ、無料PDF)です。 ●デジタル化によって生まれる社会変化とITの課題 ●データセントリックイノベーションをいかに起こすか...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 23 Jan 2017 00:00:00 +0900 【企業事例:同時公開】IoT時代を見据えコンピューター・ビジネスがオールフラッシュを導入した理由 /社会課題の解決に向けてITを活用!スマートバリューが新ストレージに求めた要件 http://selectbox.shoeisha.jp/article/605 http://selectbox.shoeisha.jp/article/605 フラッシュストレージの導入事例記事(2本)のご紹介です。 自社のデータ活用戦略やストレージ選定の参考資料としてぜひお役立てください。 【事例記事(1)】<全4ページ/無料PDF版> 北海道旭川市において、設計、開発から運用保守に至る、 一連のITサービスをワンストップで提供する株式会社コンピューター・ビジネス。 今回、同社はビッグデータやIoT時代の本格到来にも対応可能なサービス提供を目指し、 データセンターサービス「Asahikawa CB Data Center」の新たなストレージ基盤として、 オールフラッシュ・ストレージ「IBM FlashSystem 900」を導入しました。 HDDやSSDよりも高速で高信頼のオールフラッシュ・ストレージの導入により、 優れた高速性と高い安定性をもたらすインフラ基盤を構築しました。 クラウドサービスのビジネ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 23 Jan 2017 00:00:00 +0900