<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Sun, 16 Dec 2018 21:17:06 +0900 リアルとデジタルの境目をなくし、最適な顧客体験を創造する方法は? http://selectbox.shoeisha.jp/article/839 http://selectbox.shoeisha.jp/article/839 「一貫性のある顧客体験」への期待は高まる一方、その実現は簡単ではありません。 デジタル時代、さらにはこれから本格化するIoT時代にも対応する最適な顧客体験の創造に向けて、 マーケターの皆さんにおすすめの資料が、アドビ システムズ作成の 「一部と全部:それぞれの瞬間を優れた体験へまとめあげるには」です。 同資料では、シームレスな顧客体験を創出する方法について、ポイントを押さえて解説。 また、リアルとデジタルの境目をなくす取り組みをしている先進企業5社の事例紹介などもあり、 理想的な顧客体験を考えることができます。 現状の改善と、近い将来への備えに、ぜひご活用ください。 【内容】============================== □顧客体験に期待されていること ・連続性のある顧客体験とは? ・進行するチャネルの多様化 □成熟した顧客体験創造のた...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 26 Nov 2018 00:00:00 +0900 あの有名アプリの制作実績を元に伝授!オムニチャネルアプリ導入後5つの悩みと解決方法 http://selectbox.shoeisha.jp/article/831 http://selectbox.shoeisha.jp/article/831 本資料は、オムニチャネルアプリの制作実績を多数持つランチェスター社によるebookです。 ランチェスターは、2007年創業の、オンワード、パタゴニア、SHEL'TTER PASS、ことりっぷといった 皆さんのスマホにも入っているであろう有名アプリの制作実績を持つ企業です。 有名企業のオムニチャネルアプリの制作ノウハウを詰め込み、 パッケージとフルスクラッチの「いいとこ取り」を実現したアプリ制作パッケージ「EAP」を 2017年11月から提供しています。 EAPは、Engagement Application Platformの頭文字をとったもの。 ファッションAIなどの新しいテクノロジーの導入や、MAなど外部システムと連携することで、 パーソナライズされた1to1のコミュニケーションを実現可能にしています。 このebookでは、その豊富な経験から、オムニチャネルア...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 15 Nov 2018 00:00:00 +0900 先進企業はAIを経営にどのように活用しているのか? 大手企業の経営幹部を対象としたグローバル調査レポートから得られた知見 http://selectbox.shoeisha.jp/article/835 http://selectbox.shoeisha.jp/article/835 SAS、Accenture Applied Intelligence、Intel、Forbes Insightsによる共同調査により制作された本資料は、305名の大企業所属の経営幹部を対象としたグローバル調査を元に作成されました。 調査結果からは、AIを経営に活用するリーダーとアーリーアダプターにおいては、重要な進捗があり、組織のより広範囲にわたりAIの活用が進行していることが明らかになりました。 調査から得らたれ知見の主なものは、下記6つです。 1:AIは機能している 2:AI導入で成功を収めている組織は、AIとアナリティクスの強い結びつきを認識 3:本格導入のレベルは健全な機運を示唆 4:AIに対する監督はオプションではない 5:倫理的なAI活用は最優先の考慮事項 6:経営者側はAIが雇用に大きく影響するとは想定していないが、不安を感じている従業員もいる 期間限定...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 13 Nov 2018 13:00:00 +0900 競争優位性を勝ち取る「顧客体験戦略」とは――ビジネスリーダー560人に聞く“リアルタイム顧客分析”の効果 http://selectbox.shoeisha.jp/article/834 http://selectbox.shoeisha.jp/article/834 「現代の消費者は、すべてが『今』という世界に存在しており、常にパーソナライズされたやり取りを求めています」 マッキンゼー・アンド・カンパニーのジェフ・ジェイコブス氏はこう話しています。 このような時代に企業が収益を上げていくためには、顧客を維持し、ロイヤルティを高めていかなければなりません。 そこで有効になってくるのが「リアルタイム・アナリティクス」です。オンライン/オフラインから集まる顧客データを分析し、顧客のインサイトを抽出。それを活用して、最適な顧客体験を提供していく必要があるのです。 SAS、Intel、Accentureは、ハーバードビジネスレビュー アナリティクスサービスと共同で560人の経営幹部、管理職を対象に調査を行いました。 顧客経験向上のために「リアルタイム・アナリティクス」を導入している企業は、どのようにして高度な顧客データ分析を行っているのでしょうか。...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 13 Nov 2018 13:00:00 +0900 経営幹部に必要な「アナリティクスライフサイクル」の知見をケーススタディで学ぶ! http://selectbox.shoeisha.jp/article/833 http://selectbox.shoeisha.jp/article/833 企業経営にとって欠かせない「アナリティクス」ですが、 経営幹部にとっては専門部署やデータサイエンティストに“任せておけばいいこと”になっていませんか? 本資料には、経営幹部がアナリティクスを経営戦略に組み込むために必要な知見が、多く記載されています。 具体的には、 ・無料オンラインゲームの提供する企業における活用事例 ・バケーション向けレンタル予約サイトにおける活用事例 ・グローバル製造企業のイノベーション担当役員へのインタビュー ・データサイエンティストの採用・雇用維持に向けた施策 ・アナリティクスを経営に活かすためのプラットフォームの紹介 などを、“データサイエンティストではない”経営幹部、もしくは経営幹部予備軍である方々にとって、わかりやすくまとめられた資料となります。 【資料概要】 =============...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 13 Nov 2018 13:00:00 +0900 AIアシスタント・AIボット、時系列分析、コンピューター・ビジョン等への適用法とは? 「ディープ・ラーニング」の基本と応用ガイド(全14ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/832 http://selectbox.shoeisha.jp/article/832 「ディープ・ラーニング」とは、音声認識、画像識別、予測など人間が行うようなタスクを実行できるようにコンピューターに学習させることを目的とした機械学習の一種です。 人間が特徴抽出などのデータ加工を行った後に決められた数式にかける従来の機械学習とは異なり、ディープ・ラーニングでは、人間はデータに関する基本的なパラメータ設定のみを行い、その後は何層もの処理を用いた特徴抽出・パターン認識をコンピューター自体が自動的に学習することができます。 現在、ディープ・ラーニングは銀行・金融、官公庁、医療・ライフサイエンス、製造・エネルギー、通信・小売りなど幅広い業種で戦略的に活用されています。 本ホワイトペーパー『ディープ・ラーニングをSASで実践する方法』(全14ページ)は、ディープ・ラーニングの基本や仕組みと応用、そして、SASがいかにディープ・ラーニング・モデルの作成をサポートするかを図解を...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 13 Nov 2018 13:00:00 +0900 ホワイトペーパー「オープン・エコシステムにおいてSASを利用する利点」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/830 http://selectbox.shoeisha.jp/article/830 データ分析の業務は、部署ごとに担当者が自分好みの商用ソフトウェア、クラウドサービス、オープンソースのツールなどを利用し、サイロ化していることが多いのではないでしょうか。 これは個々の範囲で満足度や効率性が高い一方で、コンプライアンスや部門をまたいだ業務改善、ひいては組織全体での価値創出を実現する上で大きな支障が生じます。 本資料では、そのような課題を解決するSASの包括的な統合アナリティクス・プラットフォームについて、導入効果や、昨今存在感を増しつつあるオープンソース・テクノロジーとの親和性・メリットなどについて詳しく解説しています。 【目次】 ・アナリティクス資産を一元管理する必要性 ・今日のコンピューティング環境におけるオープンソースの活用状況 オープンソース・テクノロジーは「全社規模のアナリティクス」に関する ・ニーズや要件に適合するのか? ・SASとオープンソー...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 13 Nov 2018 13:00:00 +0900 最新調査レポート『企業における働き方改革の実態と課題 制度、ITシステムと、人材教育の重要性』 (無料PDF)公開中! http://selectbox.shoeisha.jp/article/825 http://selectbox.shoeisha.jp/article/825 昨今、働き方改革が大きなトレンドとなり、多くの企業でも検討、実施が進んでいますが、 多くの企業においてまだ従業員が実感できるほどの改革はできていないというのが実情のようです。 ひとくちに「働き方」と言っても様々な課題があり、企業ごとに優先課題も異なります。 それでは、企業における働き方改革の取り組みの実態や、現在の課題はどこにあるのでしょうか。 また、確実に成果を上げるためには働き方改革をどのように捉え、 どのようなアプローチや対策が必要となるのでしょうか。 本ホワイトペーパー『企業における働き方改革の実態と課題 制度、ITシステムと、人材教育の重要性』は、 ミロク情報サービス が「企業における働き方改革の実態と課題」について アンケート調査を2018年6月25日から7月20日まで実施し、578名から回答を得た最新の調査レポートです。 また、ミロク情報サービス 営...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 26 Oct 2018 00:00:00 +0900 カスタマージャーニー・ハンドブック ~21世紀のカスタマーエンゲージメント・モデルを構築する方法とは~ http://selectbox.shoeisha.jp/article/827 http://selectbox.shoeisha.jp/article/827 モバイルの普及により、顧客が市場の主導権を握る時代になりました。 昔ながらのカスタマーエンゲージメント・モデルのためのテクノロジーに投資し、 業務プロセスを構築してきた企業にとって、発想の転換は難しいといえます。 古いモデルの根本には、「顧客は常に、営業担当者が慎重に組み上げた一連のステップに沿って、 認知・関心・欲求・購入という段階を直線的にたどる」という発想がありました。 こうしたモデルでは、マーケティング、セールス、コマース、カスタマーサービスといった、 顧客対応機能のすべてが個別のプロセス、ツール、目標を持つ縦割り構造に分かれていました。 この古いモデルを捨てるべき時期が来ています。 現代のカスタマージャーニーは、複数のチャネルとタッチポイントに及んでおり、容易には予測できません。 ジャーニーはいつでも、どこからでも始まる可能性があり、顧客は「自分...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 25 Oct 2018 00:00:00 +0900 サイバー高度化への対応、データ関連規制の準拠、データ改ざん対策…… ブロックチェーン技術でデータの非改ざん性を証明する方法とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/824 http://selectbox.shoeisha.jp/article/824 高度化するセキュリティ脅威やデータ関連規制の準拠、 データ改ざん対策等に関する注目の資料のご案内です。 GDPRなど、各種データ関連規制の準拠における透明性を実現し、 高度化するセキュリティリスクを最小化しながら、 企業の重要データの整合性を保証することは企業・組織において大きな課題です。 データ保護ソリューションを提供するアクロニスでは、 同社のユーザーがデータ保護をより高度に実現するためブロックチェーン技術を使い データが本物であることを証明する機能「Acronis Notary」を無償で提供しています。 本ホワイトペーパー『Acronis Notary ブロックチェーンベースのデータノータリゼーション(公証)』(無料PDF)は、 Acronis Notaryの具体的な仕組みや技術、組織・企業にとっての利点などについて詳しく紹介した資料です。 ぜひ本...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 17 Oct 2018 00:00:00 +0900