<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Thu, 09 Apr 2020 18:31:36 +0900 最新テクノロジーで事業を効率化するSAPのクラウドERP http://selectbox.shoeisha.jp/article/985 http://selectbox.shoeisha.jp/article/985 SAPのクラウドERPに関する最新の資料をご紹介します。 企業の事業を効率化させるには、部門間の持つ情報の共有や、 ヒト・モノ・カネの最適な分配が必要です。 それらを実現するためにはERPの導入が必要です。 これまでは超大規模企業が膨大な時間と予算と人材を投入して構築してきましたが、 中堅・中小企業でも導入可能な「クラウドERP」が出てきました。 ERPをクラウド化することで、企業規模を問わず導入できることに加え、 AIやIoT、RPAなど周辺テクノロジーの進化にも自動で対応できます。 今回の資料では、ERPとは、そしてクラウドERPとはどんなものか、 特徴をマンガとテキスト、図を用いて解説しています。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【資料概要】 ・資料タイトル:『中堅・中小企業が知りたい! 本当の「ERP」』 ・ファイル形式...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 09 Apr 2020 00:00:00 +0900 ネスレ日本に学ぶ、メディア戦略のためのPDCA高速化 http://selectbox.shoeisha.jp/article/982 http://selectbox.shoeisha.jp/article/982 マーケティング施策を最適化し、 より適切なマーケティング投資をするためには、 効果に基づいたPDCAサイクルが欠かせません。 しかし多くの企業では、 レポートの読解やデータの分析にかかる膨大な時間によってサイクルが鈍化し、 最適なプランニングを行うための時間やタイミングを失っています。 そんな中、数多くのブランドを展開する「ネスレ日本」では、 PDCAサイクルの高速化を実現しています。 オンライン広告はもちろんのこと、 オフライン広告のデータもリアルタイムに把握することで、 日次での施策改善を実現。 データによる効率的なプランニングが可能になったことで、 新たなメディア、コンタクトポイントの発掘にも時間がかけられるようになっています。 本資料では、ネスレ日本が構築したデータ分析・プランニング環境とその効果、 その核となったDatorama(デート...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 26 Mar 2020 17:00:00 +0900 全世界約1万人のデータから紐解く OMO時代の消費者購買トレンド http://selectbox.shoeisha.jp/article/977 http://selectbox.shoeisha.jp/article/977 スマートフォンの普及やテクノロジーの進化により、変革を迫られる小売業界。 顧客との接点が増え、時間や場所を問わずつながり続けることができる今の時代、 企業・ブランドは、オンライン・オフラインを問わず、提供するサービスのクオリティを向上する必要があります。 この資料では、Salesforce Researchがグローバル1万人以上の消費者を対象に行った調査結果を解説。 小売・EC業界を取り巻く現況の解説や、優れた顧客体験を提供する海外企業の事例紹介、 世界各国の消費者の国別統計結果を知ることができます。 グローバルのデータと日本のデータを比較することで、 今後の実店舗・ECが取り組むべき課題や、次なる一手も見えてくるはず。 他社との差別化や顧客のロイヤリティ向上に課題感を持つ方、 海外展開や越境ECを検討している方にも必見の内容です。 ◆◆資料概要◆◆ ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 23 Mar 2020 15:00:00 +0900 小売業進化に必要な4つのポイントを解説 CRM・ERMで顧客と従業員の体験に変革を http://selectbox.shoeisha.jp/article/978 http://selectbox.shoeisha.jp/article/978 オムニチャネルやOMOの広がり、D2Cの台頭など小売業を取り巻く環境は刻一刻と変化しています。 ものを売るうえで、近年より重要視されているのは、顧客にパーソナライズされた情報を提供すること。 顧客1人ひとりの立場に立って、デジタル・リアルを問わず、最適なアプローチを行うことが成功への近道です。 また、最適化された顧客体験提供を行うための業務効率化は、従業員の満足度向上にもつなげることができます。 こちらの資料では、セールスフォース・ドットコムが、 顧客へパーソナライズされたサービスを提供するためのPDCAの回しかたと、 小売業の人材不足を改善する「従業員ジャーニー」という考えかたをご紹介。 CRM(顧客関係管理)とERM(従業員関係管理)を一挙に行うことができる 「B2C CRM」ソリューションについても解説しています。 顧客とのコミュニケーション設計をい...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 17 Mar 2020 15:40:00 +0900 【5分で読める】パルコ、ゴルフダイジェスト・オンラインに学ぶ、CXの実践法 http://selectbox.shoeisha.jp/article/975 http://selectbox.shoeisha.jp/article/975 「いい物を作れば売れる」時代はすでに過去のものです。 顧客がネットでつながる時代では、 顧客の動向をいち早く察知して、購買行動につなげることが企業に求められます。 ここで重視されているのが「カスタマーエクスペリエンス(CX)」、 いわゆる顧客体験です。 すでに多くの企業がCXを起点としたマーケティングの改善、 新たなビジネスの創出に取り組んでおり、 タクシー業界をゆるがした「Uber」などをはじめ、 一部の先進企業は、各業界に急激な変化をもたらしています。 一方で、「CX」を正しく理解できていないために、 成長の機会を前にして足踏みをしている企業、 危機にさらされている業界も少なくありません。 本資料では、セールスフォース・ドットコムが主催した 「Executive CX Forum 2017」の講演の模様を収録。 パルコ、ゴルフダイジェスト・オ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 11 Mar 2020 00:00:00 +0900 「LinuxONE」サーバーがビジネスの機敏さとコスト削減を同時に実現する10の理由 http://selectbox.shoeisha.jp/article/958 http://selectbox.shoeisha.jp/article/958  ビジネスのデジタルシフトが加速する現在。クラウドサービスへの依存が高まり、 プライバシー保護やセキュリティー確保のなどにかかるコストがますます増大してきています。  さらに、ビジネスの変化に機敏に対応するために、ミッション・クリティカルなワークロードもクラウドへ移行し、 DevOpsプロセスを活用できる環境を整えていかなければなりません。  こうした要求に全て応えるためには、自社や発注先のエンジニアの懸命な仕事だけに頼るのではなく、 それに適したサーバーを採用することが賢明な判断になってきます。  その選択肢の1つとなるのが、IBMの「LinuxONE」です。 本資料では、なぜLinuxONEなのか(10 Reasons Why LinuxONE)について、 以下の10の理由から説明しています。  1. 最もリスクの低いソリューション  2. 最新の新...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 31 Jan 2020 00:00:00 +0900 WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ> http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホワイトペーパー 『将来のためのアーキテクチャの設計MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』(全28ページ)は、 Microsoftアプリケーションなど、ミッションクリティカルなワーク...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Sep 2018 00:00:00 +0900 Dell Technologies World フォローアップセミナー セッション資料 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 2018年6月29日、Dell EMCは都内で 「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催しました。 これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを 半日に凝縮して解説するものです。 本資料では、このフォローアップセミナーで行なわれた6セッションの講演資料を ダウンロードいただくことができます。 1.Make It Real - with 4 Transformations 2.Dell Technologies Worldのキーメッセージ 3.Make It Real - with Server &amp; Network 4.Make It Real - with HCI/CI 5.Make It Real - with All Flash Storage 6....(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 Sep 2018 06:00:00 +0900 『SQL Server 2016 実践シリーズ No.1 SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践』 無料ダウンロード http://selectbox.shoeisha.jp/article/749 http://selectbox.shoeisha.jp/article/749 「SQL Server 2016 実践シリーズ」は、現場のエンジニアの方々が "即実践" で利用できるようになるスキルを 身につけることを目的としたものです。 このドキュメントは、「SQL Server 2016への移行とアップグレードの実践」と題して、 移行とアップグレードに関する具体的かつ実践的な方法を説明します。 単なる手順を説明したドキュメントではなく、実際にどのように移行/アップグレードすれば良いのか? を 一番に考えて作成しています。 ●本書の構成 ・具体的な移行/アップグレード手順は? ・移行/アップグレードにあたっての注意点は? ・移行/アップグレードにかかる時間は? ダウンタイムは? ・ハードウェア リプレースが伴う場合や 32 ビットから 64 ビットに移行する場合は? ・移行/アップグレードするメリットは? このように、ノウハウ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 24 Apr 2018 00:00:00 +0900 IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説! http://selectbox.shoeisha.jp/article/610 http://selectbox.shoeisha.jp/article/610 AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWatsonの活用方法などを解説。 他にも金融サービスや人材活用での導入事例なども掲載しています。 企業のマーケティング、顧客接点のマネジメントに関わる方に ぜひご活用いただければと思います。 ◎資料...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 16 Feb 2017 00:00:00 +0900