<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Tue, 12 Dec 2017 01:34:34 +0900 アナリティクスとカスタマー・ジャーニー: ~より優れたカスタマー・エクスペリエンスの実現に向けた、7つのベストプラクティスをご紹介! http://selectbox.shoeisha.jp/article/707 http://selectbox.shoeisha.jp/article/707 カスタマー・ジャーニーとは、企業とビジネス取引を行おうとする顧客が、 その企業との間で経験するインタラクション(対話)のセットのことで、 チャネルや業務部門をまたいで継続的に発生しています。 顧客は企業イメージを個々のインタラクションによって持つのではなく、 カスタマー・ジャーニーを介した総合的なエクスペリエンス(体験)によって持つため、 企業がカスタマー・ジャーニーに関する理解・洞察にもとづいて行動すると、 顧客満足度を向上させる効果があり、ひいては顧客対応コストを20%も低減できる可能性があるのです。 カスタマー・ジャーニー自体は目新しい概念ではありませんが、 カスタマー・エクスペリエンスの改善に関して 斬新な手法を提供してくれる可能性が高いと考えられます。 本ホワイトペーパーでは、カスタマー・ジャーニーを理解することによって、 どのようにカスタマー・エク...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 07 Dec 2017 00:00:00 +0900 ANAグループ企業が取り組む、AI活用したBtoBマーケティング http://selectbox.shoeisha.jp/article/709 http://selectbox.shoeisha.jp/article/709 昨今、マーケティングオートメーションの流行などをはじめ、 BtoBマーケティングに大きな注目が集まっています。 しかしながら、まだ効率的な営業活動を支援するところまでできている企業は多くはありません。 そこで、今回ご紹介する資料は、 ANAグループで国際物流業を行うOCSの企業事例を掲載しています。 事例の中では、営業支援ツールのSales CloudやマーケティングオートメーションツールのPardotを導入する同社が、 営業活動の可視化からリードのナーチャリングまでどのように行っているかが明らかになっています。 また、最先端の取り組みとして、 AIのSales Cloud Einsteinを活用したリードスコアリングも紹介されています。 BtoBマーケターにとても有益な内容となっております、ぜひダウンロードを! 【資料タイトル】 AIが営業活...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 01 Dec 2017 00:00:00 +0900 EdTechZine読者アンケート(中学生以下のお子さんがいる保護者向け) http://selectbox.shoeisha.jp/article/705 http://selectbox.shoeisha.jp/article/705 EdTechZineの読者向けアンケートです。 本調査は、「中学生以下のお子さんがいる保護者」の方を対象としています。 読者属性の把握、および今後の企画の参考にさせていただきたいと思いますので、 ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 ご回答いただいた方に、抽選で大手ECサイトのギフト券2,000円分を20名様にプレゼントいたします。 当選連絡は、会員登録いただいているメールアドレス宛にお送りします。 連絡が取れない場合は、当選資格が失効する可能性がございますので、予めご了承ください。 賞品の発送は、2017年12月~2018年1月を予定しております。 channel title Thu, 30 Nov 2017 14:00:00 +0900 EdTechZine読者アンケート(先生向け) http://selectbox.shoeisha.jp/article/706 http://selectbox.shoeisha.jp/article/706 EdTechZineの読者向けアンケートです。 本調査は、「学校の先生」を対象としております。 読者属性の把握、および今後の企画の参考にさせていただきたいと思いますので、 ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 ご回答いただいた方に、抽選で大手ECサイトのギフト券2,000円分を10名様にプレゼントいたします(謝礼の辞退可)。 当選連絡は、会員登録いただいているメールアドレス宛にお送りします。 連絡が取れない場合は、当選資格が失効する可能性がございますので、予めご了承ください。 賞品の発送は、2017年12月~2018年1月を予定しております。 channel title Thu, 30 Nov 2017 14:00:00 +0900 【サーバーに搭載された新時代のセキュリティ技術】 http://selectbox.shoeisha.jp/article/703 http://selectbox.shoeisha.jp/article/703 ハードウェア/ファームウェアへの新たな脅威、 「PDoS(Permanent Denial of Service)」をご存じですか? 今日、サイバー攻撃の矛先はハードウェア/ファームウェアへと向けられるようになりました。 本資料では、セキュリティ、アジリティ、経済性という3つの視点から、 HPE Gen10 サーバー プラットフォームが「世界標準の安心サーバー」である理由を解説。 数ある脅威の中でも今後被害が拡大するであろうと予測されるファームウェアへの脅威と その対策について知りたい方におすすめの資料です。 また、本資料ではサーバーのセキュアなライフサイクルのための5つのプロセスについて解説しています。 HPE Integrated Lights-Out 5(iLO 5)では、「物理的に改変不可能なiLO 5」を 起点に、 製造から移送・流通工程を含...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 30 Nov 2017 00:00:00 +0900 DBオンライン電子版『クラウドファーストでOracle Cloudはどこへ向かう?』 ◎レポート小冊子の無料ダウンロード http://selectbox.shoeisha.jp/article/701 http://selectbox.shoeisha.jp/article/701 去る10月18日翔泳社にてDBオフラインが開催されました。 DBオンラインで活躍の方々をお招きして、クローズドな本音トークを繰り広げる本企画、 大変ご好評をいただいております。 今回は日本オラクルの「しばちょう先生」こと柴田長さんと、アシストの関俊洋さんをお招きして オラクルクラウドやクラウドにおけるデータベースの将来像などを語っっていただきました。 そして、この度DBオンラインでは、このクローズドな環境だから引き出せた本音を レポートとしてまとめ完全再現しました! 主なトピックスは以下の通りです。 ・クラウド先行ユーザー層はどんな層? ・クラウドとオンプレ、Oracle Databaseではどう違う? ・Oracleのベアメタルクラウドはオンプレより速いって本当? ・ここだけの話、Oracle Cloudって本当に現実的? ・Autonomousで、Oracl...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 29 Nov 2017 00:00:00 +0900 データドリブンマーケティング、実現に求められる3つのステップ http://selectbox.shoeisha.jp/article/700 http://selectbox.shoeisha.jp/article/700 昨今、効果的なマーケティングを実現する上でデータは 欠かせないものとなりました。しかしながら、データを駆使する上で データの統合やその後の活用部分で課題をお持ちの方もいるかと思います。 本資料では、アドビ システムズが考える データドリブンマーケティングに必要なことを3ステップに分けて解説。 海外企業の具体的な事例も掲載されており、 データ活用の基本が理解できる内容となっています。 ●目次 ・データドリブン型マーケティングの概要 ・ステップ1:データソースを統合し、あらゆるチャネルで活用できる       単一の顧客プロファイルを構築 ・ステップ2:顧客を総合的に分析し、相手に合わせたエクスペリエンスを提供 ・ステップ3:カスタマージャーニーを通じて1対1で会話 ・ユーザー事例:データを活用し、より強力でスマートな顧客像を構築したASOS ・まとめ channel title Tue, 21 Nov 2017 00:00:00 +0900 海外進出で成功するための12のチェックポイント http://selectbox.shoeisha.jp/article/699 http://selectbox.shoeisha.jp/article/699 文化・商習慣・法律・規制等々、国内と大きく異なる海外において 販売を拡大していくハードルは、いくつもあります。 実際に、海外進出企業は増加しているものの 半数近くが撤退を経験しているというデータもあります。 ※海外進出経験がある中小企業945社中、440社が撤退経験あり  (日本政策金融公庫総合研究所調べ) では、「成功する企業」と「失敗する企業」の違いはどこにあるのでしょうか? それは、海外進出の各ステップにおける、綿密な事前準備と 各国ごとの事情に精通した上で、PDCAを回していく精度にあります。 3,000名以上の専門家を抱え500社を超える豊富な海外進出支援実績がある サイエスト株式会社が、海外進出成功の具体的なポイントをまとめました。 ぜひご一読ください。 ------------―― 海外進出のステップを分解すると、下記のように分け...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 20 Nov 2017 00:00:00 +0900 フェリシモが挑む顧客体験の改善「ECならではの魅力とは」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/698 http://selectbox.shoeisha.jp/article/698 本資料は、『Adobe Experience Cloud』を導入し、ECにおける顧客体験の改善を目指す フェリシモ・西本宗平氏へのインタビューを掲載した資料です。 皆さんご存じフェリシモさんは、1995年からECを開始。 ファッション雑誌のように楽しまれているカタログと比較すると、 「ECならでは」の魅力が欠けているのではと課題を感じていたそうです。 そこでフェリシモでは、ECにおける顧客体験の改善を目指すべく 『Adobe Experience Cloud』を採用。 まずは、『Adobe Analytics』と『Adobe Media Manager』、 『Adobe Sensei』の活用により、デジタル広告の複合分析と自動化を実現、 ---------------------- ・新規顧客獲得が4倍 ・コンバージョン率が1.5倍に ・CPAは従来...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 17 Nov 2017 00:00:00 +0900 マイクロサービス化を検討している方必見! AWSでの設計ポイントが分かる最新資料 http://selectbox.shoeisha.jp/article/695 http://selectbox.shoeisha.jp/article/695 ソフトウェア開発のアーキテクチャを、従来のモノリシックからマイクロサービスへ移行する潮流は、 多くの組織で拡大しつつあります。 マイクロサービスは、デプロイまでの時間を短縮する俊敏性と、 各サービスごとに適切なテクノロジーを選んで実装できる拡張性を備えていますが、 移行や運用における課題もあります。 本資料は、マイクロサービス化を検討している方や、 マイクロサービスアーキテクチャの運用の複雑性を軽減したいと考えている方を対象にして記述されています。 マイクロサービスの共通の特徴と、構築における主な課題を踏まえ、 これらの課題克服のためにどのようにアマゾン ウェブ サービス (AWS) を活用できるか説明します。 ◎本資料で紹介する、AWSでのマイクロサービス化 ・マイクロサービス化の課題を克服できるAWSのサービス ・UI/マイクロサービス/データストアの設計...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 14 Nov 2017 00:00:00 +0900