<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Tue, 23 Oct 2018 18:00:53 +0900 【解説資料】Windows 10移行前に考えるべきサイバーセキュリティ対策とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/826 http://selectbox.shoeisha.jp/article/826 こんにちは、EnterpriseZine編集部です。 Windows 10のセキュリティに関する最新のホワイトペーパーのご紹介です。 Windows 7の延長サポート終了が近づき、Windows 10への移行が進んでいます。 Windows 10ではオペレーションシステムとして、デバイスの保護やネットワーク接続保護、情報の保護・暗号化だけでなく、 仮想化ベースのセキュリティやコードの整合性検証、認証情報の保護など多様なセキュリティ対策が搭載されており 期待する方も多いのでしょう。 本ホワイトペーパーでは『外部脅威・マルウェア対策』といった 「Windows 10」搭載の機能性を振り返ると同時に、 「Windows Defender」と次世代エンドポイントセキュリティを組み合わせ活用することで得られる価値をご紹介します。 本資料をご一読いただき、Windows 1...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 18 Oct 2018 00:00:00 +0900 サイバー高度化への対応、データ関連規制の準拠、データ改ざん対策…… ブロックチェーン技術でデータの非改ざん性を証明する方法とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/824 http://selectbox.shoeisha.jp/article/824 高度化するセキュリティ脅威やデータ関連規制の準拠、 データ改ざん対策等に関する注目の資料のご案内です。 GDPRなど、各種データ関連規制の準拠における透明性を実現し、 高度化するセキュリティリスクを最小化しながら、 企業の重要データの整合性を保証することは企業・組織において大きな課題です。 データ保護ソリューションを提供するアクロニスでは、 同社のユーザーがデータ保護をより高度に実現するためブロックチェーン技術を使い データが本物であることを証明する機能「Acronis Notary」を無償で提供しています。 このAcronis Notaryは、エストニアの決済公文書の改ざん監視でも利用されています。 本ホワイトペーパー『Acronis Notary ブロックチェーンベースのデータノータリゼーション(公証)』(無料PDF)は、 Acronis Notaryの...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 17 Oct 2018 00:00:00 +0900 豪雨、地震…国内で猛威を振るう自然災害、企業はどう対策すべきか? 『簡単DR/BCPを実現 Acronis Data Cloud』(無料PDF)公開中! http://selectbox.shoeisha.jp/article/823 http://selectbox.shoeisha.jp/article/823 ここ最近、国内で自然災害が猛威を振るっています。 予想を超える規模の台風や、今まで経験したことのない豪雨により「雨」が災害にも発展しています。 また、これまで予測されていない地域でも、大きな地震が発生しています。 いつどこで発生するか分からない大規模な災害に対し、 企業はビジネスを継続できるよう早急に対策を講じなければなりません。 その際に、重要なことは「企業の情報資産を的確に保護する」ということです。 本ホワイトペーパー『簡単DR/BCPを実現 Acronis Data Cloud』(無料PDF)は、 クラウドを活用した災害復旧対策(DR)や事業継続計画(BCP)の方法、DRとバックアップの違い、 データ保護を気軽に実現できる具体的なソリューションについて詳しく紹介した資料です。 ぜひ本資料をご参照いただき、企業の災害対策や安全なデータ保護の実現にお...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 10 Oct 2018 00:00:00 +0900 BtoBマーケティング成功の鍵、「営業ドリブンマーケティング」とは http://selectbox.shoeisha.jp/article/821 http://selectbox.shoeisha.jp/article/821 BtoBマーケティングを成功させる上で必ず求められる、営業部門との密な連携。 しかしながら、マーケティング部門起点で進めようとするばかりに失敗してしまう企業も多いのではないでしょうか。 本資料では、その課題を解決するため富士通が考えた、 営業部門を起点にマーケティングを行う「営業ドリブンマーケティング」について解説。 BtoBマーケティングに起きがちな2つの誤解や 「営業ドリブンマーケティング」を成功させるための具体的なロードマップなど BtoBマーケター必見の内容が盛りだくさんとなっています。 ■目次 ・日本のBtoB企業が抱える デジタルマーケティングの悩み ・最大の失敗要因は「マーケティング部門主導」の 取り組み方にあった ・Webサイトの集客は広告代理店に任せきりにしない ・並走してくれるパートナーと組むことが成功のカギ channel title Wed, 26 Sep 2018 00:00:00 +0900 WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ> http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホワイトペーパー 『将来のためのアーキテクチャの設計MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』(全28ページ)は、 Microsoftアプリケーションなど、ミッションクリティカルなワーク...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Sep 2018 00:00:00 +0900 従来比2.5倍の見込み顧客情報獲得を実現! 富士通のネット広告運用事例 http://selectbox.shoeisha.jp/article/818 http://selectbox.shoeisha.jp/article/818 インターネット広告運用は、デジタルマーケティングを行う上での第一歩と言えます。 その第一歩を踏み出すために、マーケターはどうするのが良いのでしょうか。 本資料では、富士通が自社のサービスを駆使し、広告運用の最適化を図った事例を紹介。 同事例では、AIを使った分析でコンバージョンにつながりやすいユーザーならびにページを抽出し、 その掛け合わせで広告配信を実施した結果、 従来の広告運用手法と比べ約2.5倍の見込顧客情報を獲得するに至りました。 インターネット広告運用の成功の秘訣がわかるお勧めの資料となっております。 ■目次 ・小手先の広告運用では成果が頭打ちに ・3か月で2.5倍の見込み顧客情報獲得 ・広告配信で確実に成果を出すための3つのポイント ・富士通だからこそできる インターネット広告配信ソリューション ・富士通の総力を結集して生まれたAD Drive channel title Thu, 20 Sep 2018 15:00:00 +0900 デジタルマーケティングでビジネスの勝ちパターンを見つける――営業部門主導の「営業ドリブンマーケティング」とは? ~強力な営業組織を持つ日本企業ならではのアプローチ~ http://selectbox.shoeisha.jp/article/817 http://selectbox.shoeisha.jp/article/817 国内のBtoB企業でも、デジタルマーケティングの手法を活用するケースが増えています。 しかし、その取り組みに成功しているケースは決して多くありません。 なぜ、成功ケースが少ないのでしょうか。 『デジタルマーケティング』と『マーケティングオートメーション』という、 多くの企業になじみのある二つの言葉に誤解が潜んでいるからです。 ではどうすればデジタルマーケティングを成功させることができるのでしょうか。 そこで重要になってくるのが、 企業の中で一番多く顧客と接し、ビジネスを作り上げてきた営業部門が主導する 「営業ドリブンマーケティング」です。 本資料では、国内BtoB企業が抱える課題を洗い出した上で、 解決に導く営業ドリブンマーケティングの手法を解説します。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【資料概要】 ・資料タイトル 『BtoB...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 20 Sep 2018 15:00:00 +0900 AI分析と基幹データ連携で2.5倍の見込み顧客情報獲得 富士通が創り出すインターネット広告のトレンド http://selectbox.shoeisha.jp/article/816 http://selectbox.shoeisha.jp/article/816 1999年から「@nifty」の運用、2000年からパソコンの直販サイトで 「広告媒体」と「広告主」、両方の立場でインターネット広告に携わってきた富士通。 その同社がが2007年、見込み顧客情報を獲得するプロジェクトで 成果が頭打ちという事態に陥りました。 小手先の広告運用からの脱却を図るべく、プロジェクトを開始。 その結果、3か月で2.5倍の見込み顧客情報獲得という大成功に導きました。 その背景には、AI分析と基幹データ連携を実現する 富士通の総力を結集して生まれたソリューションの存在がありました。 大成功プロジェクトで行った運用と、その知見を詰め込んだソリューションとは? 詳細は資料をご確認ください。 [目次] ・小手先の広告運用では成果が頭打ちに ・3か月で2.5倍の見込み顧客情報獲得 ・広告配信で確実に成果を出すための3つのポイン ・富士通だからこそ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 20 Sep 2018 15:00:00 +0900 AI活用やクラウド、仮想化――無駄なコストを防ぐ失敗しないストレージ選び http://selectbox.shoeisha.jp/article/813 http://selectbox.shoeisha.jp/article/813 現在、多くのベンダーが提供するオールフラッシュストレージ。 高速性能や価格、信頼性の高さが特長のものなど その製品性能は多様で、選択に悩む企業も少なくありません。 初期投資だけを重視して選ぶとフラッシュストレージの進化についていけず、 すぐに時代遅れとなってしまったり、 独自技術による性能の高さを重視すると汎用性や柔軟性に欠けたりといった課題にぶつかりかねません。 では、どうやって最適なストレージを選べば良いのでしょうか。 WP『次世代ストレージに求められる要件 ~AI活用による障害予測が実現する高可用性とシームレスなクラウド連携~』では、 ストレージのニーズが多様化する現代において 高性能かつ高信頼性が求められる企業システムを支えるストレージの選び方について 仮想化技術、AIによる予測分析、クラウド対応などといった観点から解説します。 ぜひ本資料を...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 13 Sep 2018 00:00:00 +0900 Dell Technologies World フォローアップセミナー セッション資料 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 2018年6月29日、Dell EMCは都内で 「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催しました。 これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを 半日に凝縮して解説するものです。 本資料では、このフォローアップセミナーで行なわれた6セッションの講演資料を ダウンロードいただくことができます。 1.Make It Real - with 4 Transformations 2.Dell Technologies Worldのキーメッセージ 3.Make It Real - with Server &amp; Network 4.Make It Real - with HCI/CI 5.Make It Real - with All Flash Storage 6....(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 Sep 2018 06:00:00 +0900