<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Fri, 07 Aug 2020 06:16:38 +0900 テレワーク環境でのインシデント発生時に備える「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT(R)」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1021 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1021 本資料は、情報漏洩やマルウェア感染、不正アクセス等のインシデントに備える 「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT」というサービスに関するものです。 テレワーク環境で、情報漏洩やマルウェア感染、不正アクセスのリスクが高まっていますが、 これらが企業に与えるインパクトは甚大です。 このようなインシデントが発生した場合、重要なのは早急かつ適切に対応を行うこと。 しかし専門知識がないまま対応すると、判断が遅れるだけでなく、調査に必要なログを削除・改変してしまい、 原因不明のまま被害が拡大する可能性が高くなります。 このような課題の対応方法の一例が、「インシデントレスポンス付き CylancePROTECT」です。 本サービスの主な特徴は、 ・対応方針策定支援 ・侵害調査支援サービス ・コンピュータフォレンジック という3つのメニューに基づき、ホワイトハッ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 31 Jul 2020 00:00:00 +0900 全74P!/インターネットアイソレーション完全ガイド(電子書籍)を無料ダウンロード http://selectbox.shoeisha.jp/article/1006 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1006 本資料では、インターネットアイソレーションがいかにセキュリティを一変させ、 フィッシング攻撃やマルウェアに感染するエンドポイントのリスクを排除し、 セキュアクラウドトランスフォーメーションを実現するのかを詳細に解説。 リソースを大量に必要とする検知と対応を必要としないセキュリティへの 新しいアプローチを提案しています。 サイバーセキュリティへの新常識が求められている今こそ、 目を通しておきたい資料です。ぜひご覧ください! ■概要 タイトル:インターネットアイソレーション完全ガイド エンドポイントへのフィッシング攻撃とWebからの脅威の到達を阻止せよ 著者名:Crystal Bedell SearchSecurity.comの元編集者。 サイバーセキュリティを専門とするシニアマーケティングコンサルタントです。 2000年以来、魅力あるコンテンツの制作でテクノ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 22 Jul 2020 00:00:00 +0900 Domoが警鐘を鳴らす「データ活用3つの壁」、DXの本質的な「経営戦略」とのつながり http://selectbox.shoeisha.jp/article/1002 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1002 ドーモ株式会社作成のデータ活用に関する最新の資料をご紹介します。 なぜ企業のデジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)は進まないのか。 そこには、「データ活用にまつわる3つの壁」が存在すると語るのが、 ドーモ株式会社のシニアテクニカルコンサルタントの守安孝多郎氏。 本資料では、 ・国内におけるデータ活用とDXの現状 ・データ活用に立ちはだかる3つの壁 ・Domoが提供するサービス などを解説しています。 本資料の肝は、データ活用を阻む3つの壁、その先にある経営戦略へのつながりです。 Domoのソリューションはデジタル化の支援に留まらず、 豊富な経験を持つコンサルタントによる、経営戦略へつなぐ支援が特徴です。 DXはIT部門に限った課題ではなく、経営企画部門を中心に各部門をまたぎ、 全社的に実行・実践する「まったなしの経営イシュー」です。 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 08 Jul 2020 18:00:00 +0900 デジタル時代の新しい接客~「デジタル接客3.0」のススメ http://selectbox.shoeisha.jp/article/995 http://selectbox.shoeisha.jp/article/995 新型コロナの影響で、対面販売が敬遠されがちな現在、 デジタルチャネルを活用した「デジタル接客」が俄然注目を浴びています。 本資料は、コロナ禍以前より、変わりゆく顧客の消費行動からデジタルチャネルを有効活用することの重要性を説き、 自らもクラウド事業者として「デジタル接客」を実践してきたセールスフォース・ドットコム社の実例を紹介するものです。 資料目次------------------- ・以前とは大きく変化したデジタル時代の顧客行動 ・Web来訪者への効果的な接客手段となる  チャットなどのデジタルコミュケーション ・チャットを活用した接客のイメージ  セールスフォース・ドットコムの場合 ・極めて大きなチャットの効果、商談化率は98%、クローズ日数は約半分に ・Einstein Botを活用すればチャット対応の自動化も可能 ・顧客を中心と見据えた最新テクノ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 20 May 2020 19:00:00 +0900 新たなデータ分析環境でレポート作成作業を週100時間から0時間に オムニバスが取り組む広告代理店の働き方改革と価値創造 http://selectbox.shoeisha.jp/article/996 http://selectbox.shoeisha.jp/article/996 運用型広告の効果を上げるためには、施策を日々分析し、改善することが不可欠です。 しかし、多くの事業会社、広告代理店では、運用型広告のレポート作成や配信管理確認に 「膨大な時間と工数がかかる」という課題を抱えています。 今回ご紹介するのは、 あらゆるマーケティングデータをひとつに統合し、分析することができる「Datorama(デートラマ)」を導入し、 レポート作成時間を週100時間から0時間まで減らしたオムニバスの取り組みを紹介するこちらの資料です 「広告代理店として広告主に提供するべき価値は事業成長のサポートであり、レポートではない」 と語るのは、オムニバス 代表取締役COOの矢野氏。 Datorama導入で創出した時間を、運用改善や運用メンバーの教育に充てることで、 従業員の生産性向上と残業時間の削減を同時に成立。 さらに提案の質が向上したことで、広告...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 19 May 2020 13:00:00 +0900 C Channelがレポート作成時間を大幅に短縮できた理由 http://selectbox.shoeisha.jp/article/994 http://selectbox.shoeisha.jp/article/994 不確実な時代の中、消費者行動の変容で企業のビジネス展開にも対応が求められます。 広告運用において、日々の細かな効果分析、 分析結果に基づいた素早い施策改善は非常に重要です。 しかし、分析のためのレポート作成に 「膨大な時間と工数がかかっている」 と悩まれている担当者も多いのではないでしょうか。 以前同じ課題を抱えていたC Channelでは、 あらゆるマーケティングデータをまとめて分析することができる「Datorama(デートラマ)」を導入。 レポート作成時間を約10分の1にまで削減することに成功しています。 本資料では、C Channelが構築したデータ分析環境とその効果、 構築の要となったDatorama(デートラマ)について解説しています。 ★こんな課題を持つ方におすすめです! ・広告レポート作成にかかる膨大な時間、ミスを削減したい ・営業...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 18 May 2020 18:00:00 +0900 ネスレ日本に学ぶ、メディア戦略のためのPDCA高速化 http://selectbox.shoeisha.jp/article/982 http://selectbox.shoeisha.jp/article/982 マーケティング施策を最適化し、 より適切なマーケティング投資をするためには、 効果に基づいたPDCAサイクルが欠かせません。 しかし多くの企業では、 レポートの読解やデータの分析にかかる膨大な時間によってサイクルが鈍化し、 最適なプランニングを行うための時間やタイミングを失っています。 そんな中、数多くのブランドを展開する「ネスレ日本」では、 PDCAサイクルの高速化を実現しています。 オンライン広告はもちろんのこと、 オフライン広告のデータもリアルタイムに把握することで、 日次での施策改善を実現。 データによる効率的なプランニングが可能になったことで、 新たなメディア、コンタクトポイントの発掘にも時間がかけられるようになっています。 本資料では、ネスレ日本が構築したデータ分析・プランニング環境とその効果、 その核となったDatorama(デート...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 26 Mar 2020 17:00:00 +0900 AWSの自動化された文書データ化ソリューション、AIを駆使して読み取りも検索も高精度に http://selectbox.shoeisha.jp/article/969 http://selectbox.shoeisha.jp/article/969 経済産業省が指摘した「2025年の崖」を越えるため、いまDX(デジタルトランスフォーメーション)が 多くの企業で進められようとしています。 DXの根幹はデータ活用ですが、、未だ印刷されたドキュメントで回る情報は大量に存在しており、 DXの実現を阻害する大きな要因となっています。 OCRで印刷されたドキュメントを読み取り、データ化して活用するソリューションはありますが、 読み取り精度の低さや表組みなどへの対応の弱さ、手間の多さなどでなかなか一般に広く普及する ところまではいっていません。 さらに、読み取ったデータの検索性も、せっかくデジタル化した文書を活用しきれない要因とも なってきました。 それらの問題を解消し、業務のDXを進めてくれるソリューションの1つとして期待されるのが、 「Amazon Textract」です。 どれほどの機能を備え、業務のDX...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 09 Mar 2020 00:00:00 +0900 【注目資料】『AIの実装:調査から実行まで』(全16頁、PDFデータ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/904 http://selectbox.shoeisha.jp/article/904 AI、特に機械学習は、競争優位性を高めるテクノロジーとしてさまざまな業界で期待されています。 それでは、AIを推進する企業のリーダーは、成功の見込みが高そうなユースケースをどのように見極めているのでしょうか? 最適と思われるテクノロジーインフラストラクチャをどのように選択しているのでしょうか? また、実装上での課題にどのように対峙しているのでしょうか? 本資料『AIの実装:調査から実行まで』(全16頁、PDFデータ)は、 各業界でAIを早期から採用している企業が学んだこと、 さらにその分野で活躍する専門家からの有益な情報を共有することを目的にわかりやすくレポートしています。 ━━━━━━━━━━━━━ ホワイトペ―パ―の概要 ━━━━━━━━━━━━━ ●資料名:『AIの実装:調査から実行まで』 ●仕様:PDFデータ、16ペ―ジ、無料 ●発行:ア...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Feb 2020 00:00:00 +0900 製品の市場投入を40%早める?急伸するIoT市場、「AWSにできるコト」を解説 http://selectbox.shoeisha.jp/article/953 http://selectbox.shoeisha.jp/article/953 ユーザーが物理世界のモノのステータスを把握し、状態データに基づく論理的な判断を可能にするAWS IoT サービス。 すべてのモノの状態を理解したうえで生産性の改善やサービスをデプロイすることで、 ビジネス全体の効率やパフォーマンスを高めることができます。 マネージドサービスとソフトウェアのセットで構成されたAWS IoT サービスは、 IoTソリューションの作成簡易化および運用効率の向上、新たな収入源を創出するといいます。 ユーザーは数十億台のデバイスに安全に接続して管理し、 デバイスデータの収集だけでなく、機械学習による高度な分析の実行も可能となります。 急速に成長する“モノのインターネット”IoT市場において、AWS IoT サービスがもたらす価値とは――。 コロラドのソフトウェアプロバイダRachio社の最高技術責任者兼共同設立者であるFranz Garsombk...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900