<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Thu, 20 Jun 2019 11:59:36 +0900 【最新 調査資料】「消費税・軽減税率など税制改正への対応」についての実態調査アンケート (13頁/無料PDF) http://selectbox.shoeisha.jp/article/891 http://selectbox.shoeisha.jp/article/891 2019年10月から、いよいよ消費税率が8%から10%に引き上げられる予定です。 また、それに伴い、一部の商品については8%に据え置く軽減税率が導入され、 さらに、経過措置が取られる取引も一部発生することになります。 こうした消費税法改正、軽減税率など税制改正に伴い、 企業ではどのような影響やシステム対応が必要となるのでしょうか。 本資料は、「消費税・軽減税率など税制改正への対応」についてアンケートを実施し (ミロク情報サービス、朝日インタラクティブの共同調査)、 企業の実態を考察とともにまとめた最新の調査資料です。 ●主な内容 -消費税法改正、軽減税率などへの対応について -消費税法改正、軽減税率などへの具体的なシステム対応について -新税制に関する情報収集とシステムベンダーとの関係 -まとめ:より柔軟な会計システムの構築を目指して 本資料を税制...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 20 Jun 2019 00:00:00 +0900 【注目資料】『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』(全31ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/879 http://selectbox.shoeisha.jp/article/879 近年、最新のマイクロサービスベースのアプリケーションが普及するにつれて、コンテナは、 俊敏性、拡張性、効率的なマイクロサービスアーキテクチャを作成するための 魅力的なビルディングブロックとなっています。 本ホワイトペーパー『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』は、 AWS上でコンテナを使用してアプリケーションを実行するために必要なライフサイクル管理、 セキュリティ、およびソフトウェアデザインパターンのための指針を紹介した資料です。 コンテナを採用するためのベストプラクティスとして、 マイクロサービス設計の特徴を12要素のアプリパターンと考慮点、 実装されるべき設計パターンにまでマップする方法を解説しています。 ━━━━━━━━━━━━━ ホワイトペーパーの概要 ━━━━━━━━━━━━━ ●資料名:『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 08 May 2019 15:00:00 +0900 マーケティングにおける経験と勘をさらに生かすために http://selectbox.shoeisha.jp/article/883 http://selectbox.shoeisha.jp/article/883 本資料では、MA時代におけるデータ分析の重要性と、効果測定のためのデータビジュアライゼーションのノウハウについて、 データ分析・可視化ツールであるOracle Analytics Cloudの活用例を紹介しながら解説します。 この資料を読むことで、 ・どのようなセグメントを切り、どのようなタイミングで、どんな訴求をすればいいのかの例 ・お客様に合わせてコミュニケーションを最適化するための顧客分析の方法 ・MA施策の効果やサイト内導線分析を可視化する手法 ・機械学習を用いて売り上げを予測する方法 について学ぶことができます。 ■概要 □MA運用においてデータ分析が「前提」な理由 □RFM分析やABC分析などの手法を用いて One to Oneコミュニケーションを実現する方法 □メールの効果を可視化して改善につなげるやり方□営業や店舗スタッフをデータドリブンにする方法 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 25 Apr 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『サーバーレスアプリケーションレンズ AWS Well-Architected フレームワーク』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 本資料は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)でサーバーレスアプリケーションを構築する実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 AWSでアーキテクチャを設計する際に役立つベストプラクティスの集大成、 「AWS Well-Architected フレームワーク」を参照することで、 信頼性やコストパフォーマンスの高いサーバーレスアプリケーションをクラウド上で設計することができます。 本資料は、最高技術責任者 (CTO)、設計者、開発者、および運用チームのメンバーなど、 技術分野の役割を担うあらゆる方を対象としています。 本資料では、サーバーレスアプリケーションの設計時において特に重要な、 Well-Architected フレームワークのポイントを解説し、 5つのシナリオに沿ってAWSのマネージドサービスの組み合わせ方を紹介します。 資料タイトル: サーバ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 注目資料『モダンアプリケーション開発のベストプラクティス』(全22ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/880 http://selectbox.shoeisha.jp/article/880 いまや多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを推進し、 企業が価値を提供する方法と、製品およびサービスに変更を加える速度に劇的な影響を与えています。 デジタルトランスフォーメーションの実現のために各社がしのぎを削り、 その根幹となるアプリケーションのデザイン、構築、管理の方法を変革をすることで、 迅速なイノベーションを進めています。 そこで実際に用いられているのが、「モダンアプリケーション開発」です。 チームの俊敏性、アプリケーションの信頼性、セキュリティ、 スケーラビリティの向上を実現する手法として導入が進んでいます。 しかし、モダンアプリケーション開発を導入するには、 アプリケーションのアーキテクチャ上のパターン、運用モデル、 ソフトウェアの提供プロセスを再考する必要があります。 本ホワイトペーパー『モダンアプリケーション開発のベストプラクテ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『AWSにおける継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実践 DevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/878 http://selectbox.shoeisha.jp/article/878 本資料はCI/CDの概要とメリット、アマゾン ウェブ サービス (AWS)での実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 CI/CDのノウハウを用いることで、組織が迅速にアプリケーションとサービスを提供するための DevOpsを実現することができます。 本資料は、DevOpsを成功させたい現場のエンジニアや、 CI/CDの概要とメリットを知りたい方を対象にして記述されています。 本資料では、CI/CDとは何か、といった概要と、CI/CDを実現するための アマゾン ウェブ サービス (AWS) のマネージドサービスの組み合わせ方を解説します。 資料タイトル: AWSにおける継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実践  DevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化 ◎本資料で紹介する、AWSでのマイクロサービス化 ・継続的インテグレーションお...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Apr 2019 13:00:00 +0900 ホワイトペーパー『サーバーレスアーキテクチャによる企業エコノミクスの最適化』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/858 http://selectbox.shoeisha.jp/article/858 サーバーレスという考え方が企業に静かな広まりをみせています。 サーバーレスのメリットとは? 導入の際の検討事項とは? サーバーレスと従来のサーバーベースの違いとは? このホワイトペーパーでは、サーバーレスアプローチとAWSサーバーレスポートフォリオの基本を解説しています。 本書には多くの導入事例も含まており、サーバーレスアプローチを導入した既存の企業が いかにして大きなアジリティと経済的利益を獲得しているかを紹介。 さまざまな規模の組織がサーバーレスアーキテクチャをいかに活用して、 従来よりも低いコストでイベントベースシステムを設計し、 クラウドネイティブなマイクロサービスをスピーディに提供することができたかについてもご紹介します。 ●本書の構成 ・はじめに ・サーバーレスアプリケーションの理解 ・サーバーレスアプリケーションのユースケース ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 21 Feb 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『Infrastructure as Code』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/857 http://selectbox.shoeisha.jp/article/857 インフラストラクチャサービスのプロビジョニングを自動化するための ベストプラクティスとして生まれた、Infrastructure as Code。 本ホワイトペーパーでは、Infrastructure as Codeのメリットを解説します。 アマゾン ウェブ サービスの機能を活用してDevOpsイニシアチブをサポートする方法についても説明していきます。 ●本書の構成 ・Infrastructure as Codeの序文 ・インフラストラクチャリソースのライフサイクル ・リソースのプロビジョニング ・AWS CloudFormation ・設定管理 ・Amazon EC2 Systems Manager ・AWS OpsWorks for Chef Automate ・モニタリングとパフォーマンス ・Amazon CloudWatch ・ガバナンス...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 21 Feb 2019 00:00:00 +0900 SQL Server 2008をAWSに移行するには? 『AWSにMicrosoft SQL Server 2008をデプロイするためのベストプラクティス』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/856 http://selectbox.shoeisha.jp/article/856 主要なアプリケーションの重要な情報を保持するために、 SQL Serverは多くの企業にとって欠かせない存在となっています。 企業の中には、Microsoft SQL Server 2008に基づいて構築された レガシーなアプリケーションを使用している企業も多く存在しますが、 ご存知の通りSQL Server 2008の延長サポートは2019年7月9日で終了します。 サポートの終了により、多くの問題が発生することは間違いありませんが、 同時に、レガシーなSQLアプリケーションをモダナイズし、クラウド環境に移行する、またとない機会でもあります。 本資料『AWSにMicrosoft SQL Server 2008 をデプロイするためのベストプラクティス』は、 SQL Server 2008からAWSに移行するためのベストプラクティスを解説した資料です。 AWS...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 15 Feb 2019 00:00:00 +0900 SQL Server 2008のサポート終了後の準備はできていますか? 『AWSに移行してアプリケーションをモダナイズする』(全31ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/855 http://selectbox.shoeisha.jp/article/855 アプリケーションをクラウドに移行することはビジネス上避けられない要素となりました。 レガシーなアプリケーションの管理は高額なため利益が削減されてしまい、通常、ビジネスへの付加価値もありません。 しかし、クラウドへの移行を選択すると、組織の価値あるリソースを保護して 時間のかかるタスクやコストを削減し、効率性が高まります。 ご存知のように、今年の2019年7月9日にSQL Server 2008および2008 R2の延長サポートが終了します。 企業のシステム担当者は、現在稼働しているSQL Server 2008だけではなく、 中長期的な観点からIT戦略全体を確認、評価し、合理的に考慮することが求められます。 その際、選択肢としてクラウドへの移行を検討、推進している企業が増加しています。 クラウド移行により、ビジネスは俊敏に拡張できるようになります。 移行は...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 15 Feb 2019 00:00:00 +0900