<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Tue, 07 Dec 2021 20:27:45 +0900 「全国1800人のビジネスパーソンへの調査」が明らかにした、データドリブン経営実現への道筋 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1229 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1229 業種や業態を問わず日本中でDX推進が叫ばれる中、最も要となる要素がデータです。 データそのものをビジネスとしてきた企業だけでなく、あらゆる企業でデータを活用する時代であり、 データを集めて分析し、意義のある結果へと結び付ける「データドリブン経営」の実現が求められています。 しかし言うは易く行うは難し。データドリブン経営実現には、様々な壁が存在するのも事実です。 本資料では、日本全国の企業におけるすべての部門のビジネスパーソン1800人を対象に データ活用への取り組みや意識、収益化の状況について実施したアンケート結果をもとに、 各社のデータ収益化の現状と課題を分析しています。 本資料は7つのトピックでまとまっておりますが、DX推進のキーパーソンとなる情シス部門の方々には、 データ収益化の技術、導入状況の解説パートが参考になるでしょう。 無料でダウンロード...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Dec 2021 18:00:00 +0900 不動産・自動車等のBtoC高単価商品向け 顧客行動データに基づいたホットリードを見極め営業効率最大化 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1224 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1224 不動産や自動車のような高単価商品を扱う業界では、購買回数の少なさから、 顧客の購入意思の高さを推測することが難しいのが現状です。 こうした中、新規・既存の顧客からホットリード(購入意思の高い顧客)を いかに見つけるかが課題となっています。 この資料では顧客の行動から、商品の興味度を知る方法を 事例とともに詳しく解説。 営業効率を最大化し、より確度の高いリードを見極めるヒントを、 資料を通じて探ってみてはいかがでしょうか。 目次 ・業界の課題 どうやってホットリードを見つけるか ・課題解決:データ分析による顧客理解 ・分析手法1:Web行動分析による顧客理解 ・分析手法2:アンケート分析による顧客理解 ・期待される効果 ・事例から学ぶ顧客理解のポイント ・データに基づく顧客理解を円滑に進めるために channel title Wed, 17 Nov 2021 19:00:00 +0900 マーケティングリーダー8,200名への調査から見えてきた、 変化するインサイトとマーケティングの最新トレンド http://selectbox.shoeisha.jp/article/1215 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1215 本資料は、セールスフォース・ドットコムの調査チームが 世界各国のマーケティングリーダーを対象に実施した調査を 33ページのPDFにまとめたものです。 2021年5月4日から6月3日にかけて、北米、南米、日本を含むアジア太平洋、 ヨーロッパ、中東、アフリカにおけるB2B、B2C、B2B2C企業で活躍する マーケティングマネージャー/CMOなど 総勢8,227人への調査を実施し、次の点を明らかにしています。 ●最近の経済危機や社会の混乱により、マーケティングの戦略、優先事項、課題に生じた変化 ●マーケティングにおけるデジタル変革の現状と方向性 ●マーケティングデータ管理のトレンド ●多くのチームがリモートワークをする中で起きているコラボレーションの変化 マーケティングリーダーたちが考える現状の課題、見据える次の一手から 2022年を勝ち抜くヒントを探ってみて...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 11 Oct 2021 18:00:00 +0900 【DX関連資料】アフターデジタル流DXのススメ ウィズコロナで求められるデジタル活用のあり方 ~『アフターデジタル』シリーズ著者・ビービット藤井保文氏が監修~ http://selectbox.shoeisha.jp/article/1180 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1180 多くの企業において、以下の「2つの変化」への対応が迫られています。 ・企業経営の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という変化 ・長引くコロナ禍における、消費者・生活者の心理的な変化 この2つの変化に対峙するために注目されているのが、 生活やビジネスに関わるあらゆる体験の接点がデジタルに包み込まれた状態である「アフターデジタル」という概念です。 本資料は、『アフターデジタル』シリーズの著者である、 株式会社ビービット 執行役員CCO兼東アジア営業責任者・藤井保文氏が監修しています。 以下の構成で、「アフターデジタル&ウィズコロナ」という社会変化に対して、 どのように企業が対応するかを事例を含めて解説しています。 ・「コロナ以後の消費者に起きた3つの変化」と「企業に求められる対応」 ・「アフターデジタル」とは何か?それによって起こる「産業構造の...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 29 Jul 2021 17:00:00 +0900 ■LTVからの逆算で広告投資を最適化! 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの「Salesforce Datorama」活用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1163 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1163 富士フイルムのグループ会社として、 化粧品・サプリメントなどのヘルスケア製品の通信販売事業を行う 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー。 同社はセールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Datorama (デートラマ)」を導入し、 オン・オフのマーケティングデータとLTVデータを統合。 マーケティングデータを一気通貫で俯瞰することで、 効果的な広告予算投資と業務効率化の実現を目指したと言います。 こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。 【こんな方におすすめ】 ・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい ・レポート作成時間を短縮したい ・リアルタイムで状況を把握し、タイムリーな予算の付け替えを行いたい channel title Tue, 08 Jun 2021 14:00:00 +0900 カスタマー・エクスペリエンスを重視したデジタル・トランスフォーメーションに必要な3つのポイント http://selectbox.shoeisha.jp/article/1146 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1146 セールスフォース・ドットコムが提供するこの資料では、 あらゆるビジネスで重要性が増しているカスタマー・エクスペリエンスと、 それを実現するデジタル・トランスフォーメーションについてまとめています。 変化し続けるニーズを持った顧客に対し、パーソナライズされた体験を提供し続ける必要があります。 そのため企業は、テクノロジーによってビジネスプロセスを改善し、 顧客志向のイノベーションを実行しなければなりません。 この資料では、カスタマー・エクスペリエンスを改善するために、 ビジネスリーダーはどのようにデジタル・トランスフォーメーションを進めればいいのかを、 ・部門ごとにサイロ化した体制 ・レガシー・システム ・「整理されていない」データの活用 という3つの課題とそれに対する取り組みをもとに紹介しています。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 May 2021 10:00:00 +0900 ■広告プランニングの精緻化&データドリブン文化の醸成を実現! 三菱電機 宣伝部の「Salesforce Datorama」活用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1145 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1145 家電製品をはじめ幅広い製品・サービスを展開する三菱電機。 これらのキャンペーンを一手に引き受ける同社の宣伝部では、 業務の広さと扱うツールの多さから、 プロモーション活動のPDCAを回す上で大きな課題を抱えていたと言います。 そこで同社は、2019年下半期から「Salesforce Datorama」を導入し、 「PDCAデータ基盤構想」プロジェクトを推進。 これにより、「広告プランニングの精緻化」と「データドリブン文化の醸成」を実現しました。 こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。 【こんな方におすすめ】 ・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい ・ITに強くないメンバーでも使いこなせるツールを導入したい ・導入したツールの社内定着化に課題を持っている channel title Tue, 13 Apr 2021 19:00:00 +0900 「後悔のないCMSの導入・実装」の要点をフェーズごとに紹介します http://selectbox.shoeisha.jp/article/1143 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1143 顧客体験の最適化を考えたとき、 魅力的なデジタルコンテンツの制作と運用管理が大切です。 そのため、CMSの導入と活用は担当者にとって 避けては通れないテーマでしょう。 特に、クラウド型のCMSの登場によって 事業規模に問わず自社のニーズに合わせて CMSの機能をカスタマイズすることが可能になった今、 適切なCMSを導入、実装していくことが非常に重要になってきました。 本資料『CMS導入の迅速化:最先端のクラウド型CMSとその導入』は CMSの選定・実装・運用開始後と3つのフェーズに分け、 次の事柄を紹介するものです。 ・選定段階|5つの満たすべき要件 ・実装段階|5つのトルべきアクション ・運用段階|意識すべき3つの要点 CMSの導入やリプレースを検討している方に 役立つ内容ばかりですので、ぜひ一度ご覧ください。 【資料構成】全13ページ ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 07 Apr 2021 17:00:00 +0900 コロナ禍で激変 Eコマースのトレンドを紐解く「第1版 Eコマース最新事情」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1140 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1140 本資料は、セールスフォース・ドットコムによって実施された、 約1,400人のEコマースリーダーを対象とした調査、 及びSalesforce Commerce Cloud プラットフォーム上で運用されているウェブサイトから収集した、 10億人の一般消費者・企業の購買担当者のデータを分析して得られたインサイトをもとにまとめた、調査資料です。 新型コロナウイルスの影響で、2020年は商取引がリアルからデジタルへと大きくシフトし、 一般消費者向け(B2C)のみならず、企業間取引(B2B)においても デジタルチャネルの重要性が大きく拡大したことはご存じの通りです。 この様な環境下、世界のEコマースのリーダーは、 どの様なことに注目し、注力しているのでしょうか。 このレポートでは、B2C取引とB2B取引のそれぞれについて、 コロナ禍という大きな変化を経た後の、「ニューノーマ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Mar 2021 17:00:00 +0900 データ駆動型企業に変わるために必要な戦略の改善 5ステップでモダンデータ基盤の構築プロセスを解説! http://selectbox.shoeisha.jp/article/1101 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1101 変化の大きい時代の中で、企業が生き残っていくためにはデータを活用することが求められています。 もちろん、多くの企業は膨大な量のデータを蓄積していますが、 それをアセットとして新たな価値を創出し、ビジネスへとつなげる。 そのようなデータ駆動型企業への変革が必要なのです。 一方で、99%の企業がデータおよびAIの取り組みに投資したと答えている中、 データ駆動型企業だと自認しているのは、わずか38%にとどまっているというデータが本資料で報告されています。 つまり、データを戦略的に利用したいと考えていても、多くの企業が実現できずにいるのです。 そこで、本資料では企業が有しているデータを、 いかに全社規模で効果的に活用させることができるのかを見直すために役立つ情報を紹介しています。 たとえば、レガシーデータインフラストラクチャをモダナイズする必要性や、 誰もがデー...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Feb 2021 13:00:00 +0900