<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Thu, 22 Aug 2019 07:02:14 +0900 資料「SFA分類チャート 4つのタイプ」 13のSFAを「運用目線」で分類 http://selectbox.shoeisha.jp/article/905 http://selectbox.shoeisha.jp/article/905 ■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■  資料:SFA分類チャート 4つのタイプ ■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━□■ SFAを検討する際、どのようなポイントに着目されていますか? 機能、価格はもちろん検討すると思います。 では、実際にSFA導入後にもっとも起きやすい問題は何か。 「機能が足りない」「価格が高い」ではなく、「入力されない」「営業現場に活用されない」なのです。 みなさまがシステム導入した本来の目的を達成するためにも、 「運用負荷・入力負荷」について事前に考えておく必要があります。 本資料では、そもそも「SFAとは何か」をかんたんに解説。 後半では、13のSFAを「管理者向き/現場向き」 「運用/定着にかかる時間軸」という観点で4つのチームに分類。 自社に向いている製品群が見えてきます。 いま一度「運用していく...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 08 Aug 2019 00:00:00 +0900 開発パートナー選定の前に読んでおきたい 3つの開発手法によるアプリ制作のメリット・デメリットを徹底比較 http://selectbox.shoeisha.jp/article/903 http://selectbox.shoeisha.jp/article/903 自社アプリ開発を検討しパートナー企業を選定する際に役立つ8つのポイントを整理したハンドブック(全19ページ)です。 本資料を読むことで、パートナー企業選定リストを効率的に作るために必須となる背景知識を得ることができます。 --------- ハンドブックの概要 --------- 比較項目1:開発期間の短さ 比較項目2:開発・運用費用の安さ 比較項目3:機能面の自由度 比較項目4:システム連携の実現度 比較項目5:UI(デザイン性)の高さ 比較項目6:UX(ユーザー体験)の良さ 比較項目7:リリース後の安定性 比較項目8:運用のしやすさ 比較表 企業タイプごとにおすすめな開発手法 (発行:株式会社ランチェスター) channel title Mon, 05 Aug 2019 00:00:00 +0900 AIを導入してビジネスを成功させるためのエグゼクティブ向けプレイブック 『企業におけるAIガイド』(全14頁、PDFデータ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/902 http://selectbox.shoeisha.jp/article/902 人工知能(AI)は、プロセス改善、効率の向上、イノベーションの加速といったメリットをもたらす手段として、 ビジネスオペレーションの基本的な構成要素となりつつあります。 なかでも、機械学習テクノロジーの進歩は、ハイパフォーマンスコンピューティングや 豊富なデータと組み合わされてAI旋風を巻き起こし、 あらゆる規模の企業に変革の機会をもたらしています。 IDCの調査では、2019年にデジタルトランスフォーメーションの取り組みの40%でAIが使用されると予測しており、 経営陣の42%は自社のイノベーションの推進においてAIが主力になるといいます。 本資料『企業におけるAIガイド』(全14頁、PDFデータ)は、AIやML(機械学習)についての概要から、 AIによるイノベーションの目標、導入における課題、検討事項、AWS AIの使用方法まで、 ビジネス上の観点から分かり...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 01 Aug 2019 00:00:00 +0900 【最新】IDCレポート『AI実装が広がる世界のアプリケーション開発』(全13頁)公開中 http://selectbox.shoeisha.jp/article/900 http://selectbox.shoeisha.jp/article/900 変化の激しいビジネス環境において、企業は顧客や株主、従業員に対して より高い価値を生み出し提供する方法を求め続けています。 特に、蓄積されていくさまざまなタイプのデータを活用して、 売上拡大、コスト削減、ビジネスプロセスの合理化、 そして顧客をより深く理解するための新たな方法を模索しています。 なかでも、期待されているのがAI(人工知能)の活用です。 自社のアプリケーションやビジネスプロセスにAIを組み込む手段として 機械学習や深層学習の検討が進んでいます。 また、昨今ではAWS(Amazon Web Services)などのベンダーが深層学習用のサービスやツールを開発したことで、 データサイエンティストや開発者が深層学習モデルを簡単かつ迅速に開発、導入できるようになってきました。 本資料『AI実装が広がる世界のアプリケーション開発』(全13頁)は、 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 16 Jul 2019 00:00:00 +0900 『セキュリティ&コンプライアンス クイックリファレンスガイド2018』公開(全27ページ、無料PDF) http://selectbox.shoeisha.jp/article/892 http://selectbox.shoeisha.jp/article/892 アマゾン ウェブ サービス(AWS)において、Amazonのあらゆるサービスと同様に、 顧客を成功に導けているかどうかという点を最重要なものと位置づけ、 AWSのセキュリティおよびコンプライアンスプログラムにおける成果を評価しています。 具体的には、利用者が安全で規制に準拠したクラウド環境を運用できるように、 要件に合わせる形で様々なコンプライアンス報告書、証明書、認定書を用意。 セキュリティを最優先事項と位置付け、顧客のデータを保護することを何よりも重視しています。 本資料『セキュリティ&コンプライアンス クイックリファレンスガイド2018』は、 AWSにおける責任共有の方法、保証プログラム、コンテンツのセキュリティ保護、 事業継続性、自動化、リソースなどの観点から、 AWSにおけるセキュリティ&コンプライアンスの方針や取り組みについて紹介した資料です。 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 25 Jun 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『サーバーレスアプリケーションレンズ AWS Well-Architected フレームワーク』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 本資料は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)でサーバーレスアプリケーションを構築する実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 AWSでアーキテクチャを設計する際に役立つベストプラクティスの集大成、 「AWS Well-Architected フレームワーク」を参照することで、 信頼性やコストパフォーマンスの高いサーバーレスアプリケーションをクラウド上で設計することができます。 本資料は、最高技術責任者 (CTO)、設計者、開発者、および運用チームのメンバーなど、 技術分野の役割を担うあらゆる方を対象としています。 本資料では、サーバーレスアプリケーションの設計時において特に重要な、 Well-Architected フレームワークのポイントを解説し、 5つのシナリオに沿ってAWSのマネージドサービスの組み合わせ方を紹介します。 資料タイトル: サーバ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ> http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホワイトペーパー 『将来のためのアーキテクチャの設計MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』(全28ページ)は、 Microsoftアプリケーションなど、ミッションクリティカルなワーク...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Sep 2018 00:00:00 +0900 Dell Technologies World フォローアップセミナー セッション資料 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 http://selectbox.shoeisha.jp/article/815 2018年6月29日、Dell EMCは都内で 「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催しました。 これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを 半日に凝縮して解説するものです。 本資料では、このフォローアップセミナーで行なわれた6セッションの講演資料を ダウンロードいただくことができます。 1.Make It Real - with 4 Transformations 2.Dell Technologies Worldのキーメッセージ 3.Make It Real - with Server &amp; Network 4.Make It Real - with HCI/CI 5.Make It Real - with All Flash Storage 6....(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 Sep 2018 06:00:00 +0900 『SQL Server 2016 実践シリーズ No.1 SQL Server 2016 への移行とアップグレードの実践』 無料ダウンロード http://selectbox.shoeisha.jp/article/749 http://selectbox.shoeisha.jp/article/749 「SQL Server 2016 実践シリーズ」は、現場のエンジニアの方々が "即実践" で利用できるようになるスキルを 身につけることを目的としたものです。 このドキュメントは、「SQL Server 2016への移行とアップグレードの実践」と題して、 移行とアップグレードに関する具体的かつ実践的な方法を説明します。 単なる手順を説明したドキュメントではなく、実際にどのように移行/アップグレードすれば良いのか? を 一番に考えて作成しています。 ●本書の構成 ・具体的な移行/アップグレード手順は? ・移行/アップグレードにあたっての注意点は? ・移行/アップグレードにかかる時間は? ダウンタイムは? ・ハードウェア リプレースが伴う場合や 32 ビットから 64 ビットに移行する場合は? ・移行/アップグレードするメリットは? このように、ノウハウ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 24 Apr 2018 00:00:00 +0900 IBM Watsonの企業活用のための必見資料『コグニティブ時代の顧客エンゲージメント入門』 コグニティブ+ボットの活用方法からWatson活用方法、導入事例までを解説! http://selectbox.shoeisha.jp/article/610 http://selectbox.shoeisha.jp/article/610 AIブームを牽引しているIBMのWatson。 その本質は、「コグニティブ」であり、人間の知的活動を支援するものです。 最近ではこのコグニティブとボットを組み合わせ、 企業の顧客サービスを大きく変える動きが出てきています。 このあたりの最新動向を、IBMのワトソン事業部長の吉崎敏文氏へのインタビューや、 『はじめてのWatson』(リックテレコム)を上梓したITコンサルタントの井上研一氏の書き下ろし記事で解説して スペシャルコンテンツPDFとして公開しています。 コグニティブ+ボットサービスの動向や技術、IBMのBluemixを通じて エンジニアでなくても実践できるWatsonの活用方法などを解説。 他にも金融サービスや人材活用での導入事例なども掲載しています。 企業のマーケティング、顧客接点のマネジメントに関わる方に ぜひご活用いただければと思います。 ◎資料...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 16 Feb 2017 00:00:00 +0900