<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Tue, 19 Jan 2021 01:12:33 +0900 コネクテッドカスタマーの最新事情 第4回 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1098 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1098 本資料は、セールスフォース・ドットコムが行った、 顧客の期待と行動における急激な変化に関するインサイト調査を43ページのPDFにまとめたものです。 2020年7月16日から8 月1日にかけて、世界の6地域、27か国の消費者12,000人と 法人顧客3,600人を対象に調査を実施し、次の点が明らかになりました。 ・危機の最中における顧客の期待と行動の変化 ・オンライン化が進む中で顧客がブランドの評価に使う基準 ・広範囲で急速に進むデジタル化の動きが顧客の期待に与える長期的な影響の有無 ・顧客が企業にこれまでとは異なる責務を求めるようになった理由と、求めている責務の果たし方 コロナ禍により、急なデジタル変革を求められたリアル中心の小売業の方。 ニーズは増加したものの、従来のインフラでは耐えきれなくなったり、 デジタルに不慣れな消費者へのユーザビリティ改善をすべく、 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 18 Jan 2021 17:00:00 +0900 ■調査データで読み解く、2020年に起きた消費者心理・行動の変化 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1097 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1097 パンデミックに見舞われた2020年。 一連の危機は、私たちの生活、ビジネスに大きな影響を与えました。 この先行き不透明な時代を生き抜くために、 企業は今、顧客一人ひとりのニーズや期待、問題を理解し、 寄り添うことが求められています。 本資料は、セールスフォース・ドットコムが行った、 顧客の期待と行動における急激な変化に関するインサイト調査を43ページのPDFにまとめたものです。 2020年7月16日から8月1日にかけて、世界の6地域、27か国の消費者12,000人と 法人顧客3,600人を対象に調査を実施し、次の点を明らかにしています。 ・危機の最中における顧客の期待と行動の変化 ・オンライン化が進む中で顧客がブランドの評価に使う基準 ・広範囲で急速に進むデジタル化の動きが顧客の期待に与える長期的な影響の有無 ・顧客が企業にこれまでとは異なる責務を求める...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 18 Jan 2021 17:00:00 +0900 多様化する情報入手の選択肢 求められるCMSの要件とは http://selectbox.shoeisha.jp/article/1096 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1096 近年、顧客が企業(ブランド)の情報を入手する選択肢は増え続けています。 自宅、移動中の電車内、店舗内など、 その時々にあわせて選ぶ手段は異なります。 顧客の期待に応え、一貫性と連続性のある体験を提供するには 何が必要となるのでしょうか? 本資料では あらゆる接点とデバイスをまたぐ顧客体験の管理を解説。 広範囲にわたり安全かつスマートな管理を実現する コンテンツ管理システム(CMS)について、 求められる条件や、改革の成功事例を解説しています。 増大するコンテンツ制作や管理の負担、 現状のCMSに課題を感じている方は ぜひご一読ください。 channel title Wed, 13 Jan 2021 12:30:00 +0900 約3万台のPCからのイベント情報をリアルタイム分析、横河電機が構築したSOCとは? ElasticCloudを活用したDX戦略を強力に支える「セキュリティデータレイク」をご紹介します。 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1094 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1094 制御システムなどのOTとITを融合させるDX(デジタルトランスフォーメーション)を経営戦略の柱に据え、 インテリジェントな工場へのサポートサービスを提供している横河電機。 同社はこの戦略において重要となるセキュリティ強化に向けて、 IT環境の防御やOT環境への脅威の侵入に対する早期検知などを目的としたSOC (セキュリティオペレーションセンター)の内製化を決断しました。 その基盤となる製品選定において最大の要件となったのが、特定製品に依存しないオープン性。 当時導入していたIDS(侵入検知システム)は誤検知が多く、 グローバル拠点でセキュリティ製品の標準化も進んでいなかったことから、 多様なセキュリティ機器・システムからのログ収集と分析を可能にするソリューションが求められました。 本資料では同ソリューションの機能を解説するとともに、 人材確保・育成など、SOC立...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 22 Dec 2020 17:00:00 +0900 KADOKAWAグループが、Elastic Cloud Enterpriseを活用したサービスを展開。 その取り組みとともに、生み出されたメリットをご紹介します http://selectbox.shoeisha.jp/article/1093 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1093 KADOKAWAグループのサービスインフラの開発や運用などを、中核事業とするKADOKAWA Connect。 同社のサービスインフラチームは、日本最大級の動画サービス「niconico」などの運用基盤として、 Elastic Cloud Enterprise(ECE)を活用したプライベ ートクラウドサービスを展開し、大きな成果を挙げています。 同社では早い段階から、サービスに関わるログの管理プロセスの簡素化を目的にプライベートクラウドを運用していましたが、 非構造化データ向けのNoSQL型データストアを欠いていたため、 サービスごとに運用がサイロ化し、業務が属人化するという問題を抱えていました。 エンジニアの社内流動性を高めるためにも、管理業務の標準化、共通化は急務だったということです。 本資料では、KADOKAWA Connectにおけるサービスインフラ管理の簡...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 22 Dec 2020 17:00:00 +0900 サイバーセキュリティの新常識まとめ/Security Online Day 2020特別講演録 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1095 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1095 2020年9月18日に「ニューノーマル時代におけるサイバーセキュリティの新常識」 をテーマに開催された、Security Online Day 2020。 アナリストや法曹界、有識者・専門家、先進ユーザー企業などが一堂に会し、 これからのセキュリティのあるべき姿が共有され、盛況のうちに幕を終えることができました。 この特別講演録では、Security Online Day 2020で配信された講演の中から、 編集部がチョイスした選りすぐりの講演7本を再編集してPDFにまとめております。 ぜひご覧ください。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ■PDF収録コンテンツ ・米中対立、コロナ禍、5Gで高まるリスクとセキュリティの要諦―CRS 西尾素己研究員が解説  講演者:多摩大学ルール形成戦略研究所 首席研究員 西尾 素己氏 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 18 Dec 2020 18:00:00 +0900 ■「エクスペリエンス主導型コマース」で 価格、品揃えの競争から「体験による差別化」へ http://selectbox.shoeisha.jp/article/1050 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1050 今日のコマース業界では、 AmazonやAlibabaのような「エブリシングストア」の登場によって 価格と品揃えが競争上の利点にならなくなっています。 では、何が新たな差別化要因となっているのでしょうか? 本資料では、顧客との新たなつながり方を生み出し、 優れた体験を販売することで差別化する 「エクスペリエンス主導型コマース」を解説しています。 現状のコマースモデルに疑問を感じている方、EC事業での差別化に悩む方は、 ぜひご覧いただき、貴社のビジネスにご活用ください。 ★たとえばこんなトピックが見られます ・エンゲージメントの方向性を定める   ―効果的なエクスペリエンスに共通する5つの特徴 ・あらゆる道筋を見直す   ―類似した行動を取る顧客グループを特定する方法 ・あらゆる場面で顧客にリーチする   ―オムニチャネルへの対応や事例 ・デー...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 17 Dec 2020 17:00:00 +0900 既存システムをクラウドへ移行する際のポイントを CIO/CTO経営層・IT部門それぞれの職務視線でわかりやすく解説する資料! http://selectbox.shoeisha.jp/article/1090 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1090 ここに本文が入りますDX(デジタル・トランスフォーメーション)が業界を問わず、企業の大きな課題となっている現在、 既存システムのクラウド移行は、運用管理の効率化というだけでなく、 ビジネス環境の変化への迅速な対応を可能にする点でも、ますます重要になっています。 とはいえ、既存システムをどのような手順を踏み、クラウドへ移行させるのがよいのか、 迷う方も少なくないと思います。 ここで配付している資料は、そうした方に向けて、クラウド移行の方法について解説するとともに 押さえておきたいポイント、クラウド移行を支援するIBMのサービスなどを紹介します。 CIO/CTO経営層・IT部門それぞれの職務視線で記事が構成されており、 お持ちの課題にフィットする解説となっています。 ぜひ一度、ご覧ください。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 17 Dec 2020 11:00:00 +0900 Amazon SageMakerならMLの構築~保守コストがこんなに低く抑えられる http://selectbox.shoeisha.jp/article/1081 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1081 「Amazon SageMaker」は、Amazonが提供している他のMLオプションと比較して、 大規模かつ非常に低いコストでモデルの構築、トレーニング、デプロイが行える 完全マネージド型機械学習(ML)サービスです。 MLの利用があらゆるシーンで広がるにつれ、そのサービス構築~運用にかかる 総所有コスト(TCO)にも目を光らせる必要が高まっています。 その点で、Amazon SageMakerは賢い選択肢の1つといえます。 では、Amazon SageMakerでなら、TCOをどれほど低く抑えられるのでしょうか。 本資料では、「EC2での自己管理」「AWSのマネージド型Kubernetes (Amazon EKS)」 および「完全マネージド型のMLサービス(Amazon SageMaker)」のそれぞれでかかるコストを、 小規模・中規模・大規模・超大規模の4...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 15 Dec 2020 15:00:00 +0900 ニューノーマルの企業活動を支えるITの方向性について CIO/CTO経営層・IT部門それぞれの職務視線でわかりやすく解説する資料! http://selectbox.shoeisha.jp/article/1088 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1088 新型コロナウイルスの感染拡大で、日々の働き方やビジネスの進め方はすっかり様変わりしました。 とりわけ、在宅勤務・テレワークの普及で、ITは業務においてますます不可欠なものになっています。 これを機会に、ITの利活用を拡大し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の加速を考える企業も出てきています。 しかし、それにはこれまで社内に閉じ込めてきたITシステムを、社外からも利用可能にしなければなりません。 在宅勤務・テレワークへの対応で苦労された方も多いと思いますが、これは常態化する機運です。 オンプレミスを前提とするのではなく、今後はクラウドを前提としてシステムを考えるべきでしょう。 ここで提供する2つの資料は、クラウドを導入したり、導入済みのクラウドを見直したりする際の一助となるものです。 クラウドへの移行にまつわる課題や悩みを挙げ、 その解決策として方向性を示す...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 11 Dec 2020 16:00:00 +0900