<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Fri, 20 Apr 2018 01:57:08 +0900 従業員に最も不満を与えているアプリケーションを把握していますか? 『Mind The Gap アプリケーションの遅延が企業のパフォーマンスに与える影響』(全8頁、無料PDF) http://selectbox.shoeisha.jp/article/746 http://selectbox.shoeisha.jp/article/746 アプリケーションのパフォーマンスと可用性に関するホワイトペーパーのご案内です。 ITを徹底的に業務やビジネスで活用する現代の組織は、 オンプレミスのワークステーションやマネージド型サービスから、 SaaSベースのアプリケーションまで、様々な配信モデルで ホストされるアプリケーションに依存していることが珍しくありません。 そしてこれらのアプリケーションのすべてがデータ遅延の影響を受けます。 データのタイムラグが発生する原因は、ネットワークの過密、処理の遅延、ストレージの問題、 構成の問題、プロパゲーションのボトルネックなど……様々。 そして、これらは重大な遅延をもたらす可能性もあります。 HPE Nimble Storage社の調査によると、米国の企業は遅延とダウンタイムのために、 年間75億ドル分の従業員の時間を無駄にしている可能性があるといいます。 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 13 Apr 2018 12:00:00 +0900 既存のマーケティング活動に訪れる限界、次に必要なのは「アジャイル」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/745 http://selectbox.shoeisha.jp/article/745 顧客とブランドとのコミュニケーション手法が常に変化する現在、 顧客の行動を予測することは困難になっています。 そのため、約半年のマーケティング施策を事前に計画し、進めていくといったサイクルでは到底対応できず、 今後求められるのは素早い実行と改善です。 本資料では、そのノウハウを「アジャイル・マーケティング」として解説。 多くの企業が脱却できずにいる、マーケティング活動の伝統的なモデルを打破する内容は、 全てのマーケターに役立つ内容となっております。 ■目次 ・顧客を中心としたマーケティングのランドスケープ ・高まるマーケティング・プラットフォームの役割 ・「変化」への対応という新たな常識 ・進化するマーケティングの手法 ・アジャイル・マーケティングがもたらす新たな手法 ・アジャイルな独自のデジタル戦略を確立する  ‐理解  ‐反応  ‐適応  ‐測...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 13 Apr 2018 00:00:00 +0900 売上UPに繋げる!Instagramの投稿を効率よくコンテンツ化する秘訣とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/742 http://selectbox.shoeisha.jp/article/742 最近だとLINEやFacebookなどをECサイトの運用に活用するケースも増えてきましたが、 同じSNSのなかでも"Instagram"と聞くと、 「興味はあるけれど、投稿写真の使い方がイメージできない」 「どうやってECサイトの運営に活かしたらいいかわからない」 「いろいろと手間がかかりそうで、なかなか実行できない」 と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな中、Instagram上にあるユーザーの投稿を ECサイトで活用するツールとして登場したのが「visumo」です。 visumoは、大きく3つのステップで構成されています。 =========================== ●特定のハッシュタグをキーにInstagram上の写真を検索 ●写真をデータベース化 ●それらをECサイトや自社メディアのコンテンツとして活用する ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 13 Apr 2018 00:00:00 +0900 1万社を超える企業環境で99.9999%を超えるシステム可用性を実現できたワケ http://selectbox.shoeisha.jp/article/743 http://selectbox.shoeisha.jp/article/743 企業のアプリケーション及びシステム可用性に関する、注目ホワイトペーパー公開のご案内です。 今日では、バックエンドの運用から、新しい製品、サービス、顧客体験の提供まで、 多くの企業がアプリケーションに頼るようになりつつあり、 ごくわずかなダウンタイムでも多大な影響が生じる可能性があるため、 インフラの可用性と計画外のダウンタイムを解消することが今までになく重要視されています。 最近の調査によると、1時間のダウンタイムが発生した場合、平均で約50万ドルのコストが生じていると言われます。 各業界でデジタル化が進む中、こうしたコストは今後増加の一途を辿ると見られます。 Nimble Storageは創設以来、製品の可用性を高めるだけでなく、長期間にわたってそれを向上させ続けるという、 大きなミッションに取り組んできたストレージベンダーです。 同社では、2014年に...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 11 Apr 2018 00:00:00 +0900 ビジネスへの機械学習導入のためにまず取り組むべきことは? 資料『機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ』<無料PDF> http://selectbox.shoeisha.jp/article/738 http://selectbox.shoeisha.jp/article/738 AIとともに昨今、注目を集めているキーワード「機械学習」。 「機械学習って何?」「一体どんなことができるの?」といった情報は認知も高まってきました。 しかし、実際のビジネスへ機械学習をどう導入するかについては情報も少なく、 手探りで行っている企業や、取り組めていない企業が多いのが実情です。 本資料では、これからビジネスに機械学習を導入していきたい方に向けて、 機械学習導入の概要と、アマゾン ウェブ サービス(AWS)で利用できる 機械学習関連サービスを、4ステップで解説しています。 「機械学習とAIの違いは?」といった基礎の内容から分かりやすい言葉で書かれているので、 導入の最初の一歩としてぴったりの資料です。 ―――――――――――――――― ●資料の概要 ―――――――――――――――― 【資料名】「機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ」 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 11 Apr 2018 00:00:00 +0900 話題の電子書籍『エンタープライズクラウド戦略 第2版』 (全155ページ、増補改訂版)無料公開スタート! http://selectbox.shoeisha.jp/article/741 http://selectbox.shoeisha.jp/article/741 企業のクラウド戦略に関する話題の電子書籍(無料PDF)公開のご案内です。 今やクラウドは「導入するかどうか」ではなく「いつ導入するか」を検討する段階へと進んでおり、 あらゆる企業においてクラウドはIT戦略に欠かせない要素となりつつあります。 さらに、クラウドは効率性の向上やコストの節減を実現できる可能性を持った技術であるだけでなく、 企業ITの対象範囲を大きく変える可能性を持つものであるということが認識されるようになってきています。 実際に、クラウドによってまったく新しいビジネスモデルや収益源、 顧客と親密な関係を築くための手段が得られることに多くの企業が気づき、実践し始めています。 本書『エンタープライズクラウド戦略 第2版』では、クラウドに関して企業のIT部門が実際に経験した内容をベースに、 クラウドが企業に大きなメリットをもたらす理由、クラウドへの移行を始める際に検討...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 05 Apr 2018 12:00:00 +0900 ホワイトペーパー『開発者のためのMicrosoft Azureガイド 第2版』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/740 http://selectbox.shoeisha.jp/article/740 本資料は、開発者による開発者のためのガイドブックです。現在クラウドへの移行を検討中の方にも、 または既に移行に取り組まれている方にも役立つ内容となっています。 前半は、Azureの概要と、開発者および組織に提供される機能、そしてその活用方法に関する基礎的な知識を紹介します。 後半では、Azure Portalの利用の流れや、仮想マシンの作成などのシナリオを紹介します。 また、Node.jsやMongoDBを使用するWebアプリケーションの開発およびデプロイについても解説します。 CI/CD (継続的インテグレーション/継続的デプロイメント)、環境のステージング、スケーリング、 ログ記録、監視など、一般的なタスクも取り上げています。 そして最後に、認証およびオフライン同期機能を備えた、モバイルアプリケーションのバックエンドを開発して締めくくります。 channel title Thu, 05 Apr 2018 12:00:00 +0900 ホワイトペーパー『Cloud Application Architecture Guide』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/739 http://selectbox.shoeisha.jp/article/739 本資料では、スケーラブルで回復性と可用性が高いクラウドアプリケーションを設計するための 構造化されたアプローチについて解説します。 クラウドプラットフォームを問わずアーキテクチャの決定に役立ちますが、 ここでは長年にわたるお客様との共同作業から得られたベストプラクティスをお伝えするため、 Azureをプラットフォームとして使用します。 ◎クラウドアプリケーションに最適なアプローチを決めるための5つのポイント 1. 構築するソリューションの種類に応じた適切なアーキテクチャスタイルの選択 2. コンピューティングとデータストアに関する最適なテクノロジの選択 3. スケーラビリティ、回復性、管理のしやすさを実現するための設計原則の導入 4. 成功を実現するためのソフトウェア品質の5つの柱の利用 5. 解決しようとしている問題に固有の設計パターンの適用 channel title Thu, 05 Apr 2018 12:00:00 +0900 【解説資料】これぞ究極のDevOps!「インフラのコード化」(Infrastructure as Code)とは何だ? 『DevOpsとInfrastructure as Codeが変えるこれからの企業のITインフラ』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/737 http://selectbox.shoeisha.jp/article/737 現在、アプリケーション開発ライフサイクルを迅速化するDevOpsへの取り組みが多くの企業で進められています。 DevOpsは、アプリケーション開発からインテグレーション、デプロイといった 一連のライフサイクルを統合的に管理することにより、 ビジネスアジリティを高めると同時にリスクの低減も図る改善活動ということができます。 IT調査会社ガートナーが定義するハイプサイクルでは、DevOpsは「過度な期待のピーク」を過ぎて 幻滅期に差し掛かろうとしている段階となっていますが、 まさに企業やビジネスにおいてDevOpsが根を張り、定着してきている証左であるとも言えるでしょう。 このようにDevOpsでアプリケーション開発ライフサイクルの迅速化が進んでいますが、 それを支えるインフラについてはどうでしょうか? ITインフラは安定稼働が重視されることもあり、これまで「...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 05 Apr 2018 00:00:00 +0900 【ミサワホーム導入事例】画像コンテンツの自動最適化で、サイト表示速度を劇的に改善 トップページのレスポンス時間は約45%削減 http://selectbox.shoeisha.jp/article/736 http://selectbox.shoeisha.jp/article/736 2017年10月に50周年を迎えた歴史あるハウスメーカー・不動産会社のミサワホーム株式会社。 商品を訴求するための多数の高画質画像がサイトの表示速度に大きな影響を与えていました。 そこで導入したのが、アカマイのWeb画像自動最適化・配信サービス「Image Manager」と 自動高速化ソリューション「Ion」。 その結果、トップページのレスポンス時間を約45%削減し、 モバイル向けサイトのレスポンス時間は8秒以上も短縮することができました。 モバイルアクセスが6割を超える同社サイトにとっては、とても大きな成果です。 ホワイトペーパーでは表示速度改善の具体的な数値だけではなく、 コンサルティングを有効に活用することにより実現できたサイト全体の見直しや、 Web運用チームの意識改革についても明かされています。 さらにはデータセンターの負荷軽減と、その先にある運用コ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 03 Apr 2018 00:00:00 +0900