<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Mon, 23 Oct 2017 04:17:54 +0900 ファームウェアへの脅威に対し、唯一の有効手段であるサーバーレベルのセキュリティとは? ――Gen 10が実現するシリコンベースのセキュリティ http://selectbox.shoeisha.jp/article/683 http://selectbox.shoeisha.jp/article/683 企業におけるサイバーセキュリティ対策のトレンドは常に変化を続けています。 攻撃側はサイバーセキュリティに挑むかのように手法を変え、 企業の情報システムはありとあらゆる脅威にさらされています。 本資料では、数ある脅威の中でも今後被害が拡大するであろうと予測される ファームウェアへの脅威とその対策について解説しています。 ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)が実現する新しいサーバーレベルでのセキュリティ対策のご紹介です。 米国防レベルのセキュリティ対策が基準になっているHPE Gen10 サーバー プラットフォーム。 世界最先端を先取りするのは、常に米国防です。 サーバーベンダーとしてのHPEが目指す本質的なセキュリティ基準の詳細をご覧ください。 ・新たなレベルでのハードウェア防御 ・サプライチェーンレベルまで含めたセキュリティ対策 ・これらに...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 18 Oct 2017 00:00:00 +0900 ランサムウェアの脅威から自社を守る!PCセキュリティを向上させる簡単な方法 http://selectbox.shoeisha.jp/article/684 http://selectbox.shoeisha.jp/article/684 ランサムウェアなど、企業のマルウェア対策に関する お勧めホワイトペーパー資料のご紹介です。 2017年5月に世界中で被害が確認されたランサムウェア「WannaCry」。 WannaCry はOSの脆弱性を狙いシステムに侵入し、 ネットワークを通じて増殖し被害を拡大させました。 ランサムウェアに限らずマルウェアなどのウイルス対策では、 WindowsなどOSの脆弱性対策用のアップデートファイルの適用が 基本であり効果があります。 しかし、PCの脆弱性対策のためのWindows Updateの実施を 個人任せにしている企業は少なくありません。 従業員の中には、アップデート用のファイルの ダウンロードやインストールに時間がかかることを嫌い、 Windows Update を意図的に自動実行させない設定に 変更してしまうケースも見受けられます。 本ホワイトペーパー ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 17 Oct 2017 00:00:00 +0900 IoT時代の企業リスクに備えよ! 『IoTの本格的な活用の裏で企業が直面する脅威とその対策』<無料PDF資料公開> http://selectbox.shoeisha.jp/article/685 http://selectbox.shoeisha.jp/article/685 IoTセキュリティに関する注目ホワイトペーパー資料のご紹介です。 今後、IoT活用が進むとスマートフォンなどのモバイルデバイスに加えて、 ネットワークにはIoT端末を含む膨大な数の端末が接続されると予想されます。 一方で、IoT端末は高度なセキュリティ機能の確保が困難であると言われます。 つまり、ネットワーク全体でセキュリティを確保しなければ、 去年の2016年に発生したIoT端末を感染させるMiraiウイルスのように、 大規模サイバー攻撃(DDoS)の踏み台として悪用される等、 様々な企業リスクを生む可能性があります。 ホワイトペーパー資料『IoTの本格的な活用の裏で企業が直面する脅威とその対策』では、 企業が今後、安全なモバイルデバイス活用やIoT活用に対応するための、 ネットワークセキュリティの現状や課題、具体的な解決策について解説しています。 IoT時代に...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 17 Oct 2017 00:00:00 +0900 【解説資料】企業を狙う最新脅威「ファイルレスマルウェア」とは何か? 最新の脅威動向と対策を国内屈指の調査・専門家チームFFRIが解説!<無料提供> http://selectbox.shoeisha.jp/article/681 http://selectbox.shoeisha.jp/article/681 標的型攻撃に関する最新のホワイトペーパー資料のご案内です。 OSのバージョンアップにより追加される新機能の多くは、ユーザー利便性を向上させます。 しかし、こうした新機能はサイバー犯罪者も研究しており マルウェア感染などに悪用できないか模索しています。 Windowsでは近年、PowerShellが標準化されました。 これはコマンドライツールを拡張したもので、1000以上のコマンドに対応します。 つまり、Windowsのほとんどの操作をPowerShellで行うことができます。 しかし、PowerShellのOS標準化は、まさに攻撃者にとっても便利なツールとなってきており、 マルウェアとして利用されるケースも増えてきました。 2017年初頭には標的型攻撃メールで確認され、 その後はいわゆる「ばらまき型」メールでも確認されており、実際にFFRIにも届いてます。 メールの件...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 11 Oct 2017 00:00:00 +0900 Biz/Zine Day 2017 Summer 講演録 http://selectbox.shoeisha.jp/article/682 http://selectbox.shoeisha.jp/article/682 GEジャパンCEO熊谷氏、ゼロワンブースター合田氏、鈴木氏、i.lab横田氏、寺田氏などが登壇し、 IoTによるものづくり企業の生存戦略などを語った内容をPDF小冊子に収録。 講演1 Transforming to a Digital Industrial Company 次世代製造業に向けたGEの挑戦 ……熊谷 昭彦 氏(GEジャパン株式会社 代表取締役社長 兼 CEO) 講演2 マイクロソフトのIoTビジョン ……スピーカー:菖蒲谷 雄 氏(日本マイクロソフト株式会社 デバイスパートナー営業統括本部 業務執行役員 IoTデバイス本部長) 講演3 ものづくり企業における「イノベーションのジレンマ」の大誤解 ……村上 恭一 氏(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授、青山学院大学大学院 法学研究科 客員教授) ……鈴木 規文 氏(株式会社ゼロワ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 06 Oct 2017 18:30:00 +0900 直感的な操作×機械学習で、高度な顧客分析を実現 http://selectbox.shoeisha.jp/article/680 http://selectbox.shoeisha.jp/article/680 現在「顧客志向」でのデータ分析が求められています。 しかし昨今ではデータも様々な形で取得できるようになり、 その量はとてつもないスピードで増加していることから、 通常の分析基盤では対応しきれなくなってきました。 本資料では、今後の分析基盤として期待され、 直感的な操作で機械学習を活用した分析を可能にする IBM SPSS Modelerの特徴をはじめ、「顧客志向」での分析を実現するために 必要なノウハウやIT・データ担当者の視点で求められることを解説しています。 ●資料タイトル IBM SPSS Modeler で実践「顧客軸」の分析への移行とアクションの継続で実現 持続的な成長と収益の最大化 ●目次 ‐なぜ、今「顧客軸」による顧客分析が必要なのでしょう?「顧客志向」の分析へのシフトは急務 ‐分析担当者の視点: 顧客分析 収益向上までの道のり ‐IT・...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 06 Oct 2017 00:00:00 +0900 B2Bの売り上げ拡大に欠かせないインサイドセールス、実現に必要なのは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/678 http://selectbox.shoeisha.jp/article/678 本資料では、携帯電話の卸売・販売及び携帯電話を利用した ソリューションサービスの提供を行うコネクシオのB2Bマーケティング事例をご紹介しています。 同社はセールスフォース・ドットコムが提供するSFA「Sales Cloud」を導入して5年で売上を約2倍に引き上げ、 マーケティングオートメーションツール「Pardot」を導入して1年で商談数を約3倍に増加させました。 Salesforce製品の導入背景やメリットはもちろん、効果的なB2Bマーケティングを進める上で必要な インサイドセールス部隊の設置といった組織体制に関するトピックまで盛りだくさんの内容となっております。 詳細をぜひ資料にてご確認ください。 ●資料の主な見出し ・M&amp;Aによる法人事業の営業組織が急拡大  営業管理におけるマネジメントの問題に直面 ・Salesforceに目指すべき姿を見出し ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 27 Sep 2017 00:00:00 +0900 最大手DBaaSベンダー13社の市場における位置付けが一目でわかる調査資料 ――米Forresterが実施、機能や施策の強弱も点数で明らかに http://selectbox.shoeisha.jp/article/677 http://selectbox.shoeisha.jp/article/677 サービスとしてのデータベース ( DBaaS ) は、 企業のEA担当者が抱えるデータ管理に関する新たな要件に対応するうえで、 現在急速に進化しているクラウドプラットフォームです。 Forrester Research 社の調査レポートによると、 グローバル企業のインフラストラクチャ責任者の約 28% が既に DBaaS 導入をサポートしていると答えており、 さらに、企業のデータおよび分析関連の意思決定者の 43% が、パブリック クラウドのデータ管理への投資を 前年度の導入よりも 5 ~ 10% 増やすとも回答しています。 Forrester Research 社では、ユーザーニーズ調査やベンダー・専門家への面接調査を元に 総合的な評価基準 30 項目を設定し、13の DBaaS ベンダーを相対的に4つのポジションに分類しました。 ■本調査で取り上げられたD...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 25 Sep 2017 00:00:00 +0900 顧客の期待に応え、LTVを最大限に引き出す「SAP Hybris Commerce for B2C」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/672 http://selectbox.shoeisha.jp/article/672 本資料は、「SAP Hybris Commerce for B2C」に関するインフォメーションシートです。 現代の企業は、競合他社との差別化を図り、常に移り変わる顧客の期待や行動に適応し、その期待に応えるという大きな壁に直面しています。 その壁を乗り越え、顧客のLTVを最大限に引き出すソリューションとして、「SAP Hybris Commerce for B2C」を提案します。 「SAP Hybris Commerce for B2C」は、具体的に以下のようなポイントで貢献します。 ◆ビジネスの重要課題の解決へ ・顧客に合わせた適応型の顧客体験を提供する ・オムニチャネルビジネスを実現する ・世界進出による事業の成長を促進する ・データの一元化とコンテンツの充実化を実現する ・クラウドで競争力を強化する ・オーダー管理を簡素化する ・顧客プロセスを統合する...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 05 Sep 2017 00:00:00 +0900 増加するチャネル運用に追われるマーケター必見! チャネルを通して一貫した顧客体験の提供で収益を上げる http://selectbox.shoeisha.jp/article/667 http://selectbox.shoeisha.jp/article/667  昨今、IoTやモバイル、ソーシャルなど顧客との接点なるチャネルは増え続けています。 これによりユーザー体験は多様化し、マーケティングの可能性は広がる一方、 増加するチャネル、データへの対応に追われるマーケターは多いのではないでしょうか?  今回は、そういったマーケターにお勧めの資料をご紹介します。 「収益化に結びつく洗練された顧客体験へ」をテーマとした本資料では、 Oracle CX Cloudの活用により、各チャネルでのユーザー体験を向上させる手段を紹介しています。 「顧客体験の向上」はマーケティングだけでなく、ブランディングにも関連する重要なテーマです。  本資料から、収益につながる顧客体験の提供について、施策のヒントを探してみてはどうでしょうか? ◎本資料で紹介するOracle CX Cloudのソリューション ・Oracle Marketing Cl...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 21 Aug 2017 00:00:00 +0900