<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Wed, 03 Jun 2020 17:35:22 +0900 デジタル時代の新しい接客~「デジタル接客3.0」のススメ http://selectbox.shoeisha.jp/article/995 http://selectbox.shoeisha.jp/article/995 新型コロナの影響で、対面販売が敬遠されがちな現在、 デジタルチャネルを活用した「デジタル接客」が俄然注目を浴びています。 本資料は、コロナ禍以前より、変わりゆく顧客の消費行動からデジタルチャネルを有効活用することの重要性を説き、 自らもクラウド事業者として「デジタル接客」を実践してきたセールスフォース・ドットコム社の実例を紹介するものです。 資料目次------------------- ・以前とは大きく変化したデジタル時代の顧客行動 ・Web来訪者への効果的な接客手段となる  チャットなどのデジタルコミュケーション ・チャットを活用した接客のイメージ  セールスフォース・ドットコムの場合 ・極めて大きなチャットの効果、商談化率は98%、クローズ日数は約半分に ・Einstein Botを活用すればチャット対応の自動化も可能 ・顧客を中心と見据えた最新テクノ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 20 May 2020 19:00:00 +0900 新たなデータ分析環境でレポート作成作業を週100時間から0時間に オムニバスが取り組む広告代理店の働き方改革と価値創造 http://selectbox.shoeisha.jp/article/996 http://selectbox.shoeisha.jp/article/996 運用型広告の効果を上げるためには、施策を日々分析し、改善することが不可欠です。 しかし、多くの事業会社、広告代理店では、運用型広告のレポート作成や配信管理確認に 「膨大な時間と工数がかかる」という課題を抱えています。 今回ご紹介するのは、 あらゆるマーケティングデータをひとつに統合し、分析することができる「Datorama(デートラマ)」を導入し、 レポート作成時間を週100時間から0時間まで減らしたオムニバスの取り組みを紹介するこちらの資料です 「広告代理店として広告主に提供するべき価値は事業成長のサポートであり、レポートではない」 と語るのは、オムニバス 代表取締役COOの矢野氏。 Datorama導入で創出した時間を、運用改善や運用メンバーの教育に充てることで、 従業員の生産性向上と残業時間の削減を同時に成立。 さらに提案の質が向上したことで、広告...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 19 May 2020 13:00:00 +0900 C Channelがレポート作成時間を大幅に短縮できた理由 http://selectbox.shoeisha.jp/article/994 http://selectbox.shoeisha.jp/article/994 不確実な時代の中、消費者行動の変容で企業のビジネス展開にも対応が求められます。 広告運用において、日々の細かな効果分析、 分析結果に基づいた素早い施策改善は非常に重要です。 しかし、分析のためのレポート作成に 「膨大な時間と工数がかかっている」 と悩まれている担当者も多いのではないでしょうか。 以前同じ課題を抱えていたC Channelでは、 あらゆるマーケティングデータをまとめて分析することができる「Datorama(デートラマ)」を導入。 レポート作成時間を約10分の1にまで削減することに成功しています。 本資料では、C Channelが構築したデータ分析環境とその効果、 構築の要となったDatorama(デートラマ)について解説しています。 ★こんな課題を持つ方におすすめです! ・広告レポート作成にかかる膨大な時間、ミスを削減したい ・営業...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 18 May 2020 18:00:00 +0900 「パーソナライズ」で旧来型メール施策からの脱却を 顧客体験管理(CXM)を実現するためのノウハウ共有 http://selectbox.shoeisha.jp/article/992 http://selectbox.shoeisha.jp/article/992 顧客のメールボックスには毎日様々な配信元からメールが届き、その数は増える一方です。 マーケターにはこれまで以上に、 メールを開封し、読んでもらうための工夫が求められるようになりました。 こうした状況下でもメールに魅力を持たせ、 顧客を振り向かせるような有効なメールマーケティングを展開するには、 顧客それぞれのコンテクストを理解し、 パーソナライズしていくことが急務です。 「大量のメッセージを送信する」「件名のパターンだけを変える」 といった旧来型の戦術を見直す必要があるのではないでしょうか。 アドビ システムズによる本資料では 効率的なパーソナライズを実現する手段や、 経営層を巻き込みながら施策を刷新していく方法、 戦略的なキャンペーンを構築するベストプラクティスなど、 メールマーケティングの成熟度を高めるためのヒントを紹介しています。 『旧来型メール施策...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 08 May 2020 00:00:00 +0900 高額で見送ったERP導入、それが原因でついた同業他社との格差を「安価なSAP」で挽回 http://selectbox.shoeisha.jp/article/988 http://selectbox.shoeisha.jp/article/988 こちらの資料で、ERPの導入の二の足を踏んだB社。 ERPの導入に踏み切ったA社に業績の面で大きく差を付けられてしまいました。 本資料は、その後日談です。 1人の優秀な女性が、情報システム部に入社してきます。 彼女が早々に掲げたのは、一度は見送られたERPの導入でした。 今の会社の状況から、ERPの導入は必須であると。 立ちはだかるのは、かつて導入を見送った役員陣と高額なERP利用料金。 しかし、彼女には「SAP Business ByDesign」という切り札がありました。 彼女のERP再導入プランは成功するのか。 導入した後には、成果は上がってくるのか。 中堅・中小企業でERP、とりわけSAPにご関心のある方は、ぜひ本資料をお読みください。 さまざまなヒントが得られると思います。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●資料...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 23 Apr 2020 00:00:00 +0900 ムダな日常業務を見直し、本質的で生産的な業務を取り戻す! http://selectbox.shoeisha.jp/article/989 http://selectbox.shoeisha.jp/article/989 SAPのクラウドBIツールに関する最新の資料をご紹介します。 会議用の資料、マーケティングレポート、収支管理など、 日常業務のなかには数多くの資料作成業務があります。 多くのビジネスパーソンは、Excelファイルの統合作業やグラフ作成、 PowerPointの「絵作り」など、 非生産的な時間を過ごしてしまっているのではないでしょうか。 本資料では、「営業部」と「マーケティング部」という、 大量のデータ分析と資料作成が必要な2つの部署を例に、 日常業務の中の“ムダ”と、その解決方法について解説していきます。 営業とマーケティングに共通する3つの業務効率化 ・ムダな資料作成を省く ・戦略的な意思決定の判断材料を短時間で獲得する ・ノウハウや知識の属人化から脱却する は、データ分析・可視化ツールによって実現します。 SAPのクラウド...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 22 Apr 2020 00:00:00 +0900 中堅・中小企業の「3つの不足」をSAPのクラウドERPが解消する http://selectbox.shoeisha.jp/article/987 http://selectbox.shoeisha.jp/article/987 SAPのクラウドERPに関する最新の資料をご紹介します。 中堅・中小企業には、「リソース」「お金」「戦略」という 恒常的に抱える3つの不足があります。 そしてそれら3つを一気に解消するのは大変困難です。 では、まずはどの「不足」から解消していけばいいのでしょうか。 答えは「リソース」です。 本資料では、リソース不足を解消するための3つの手段と、 そのメリット・デメリットをご紹介。 リソース不足の解消は、残る2つの不足の解消など、様々な好影響を企業にもたらします。 その中堅・中小企業のリソース不足解消の中心を担うSAPのクラウド型ERP 「SAP Business ByDesign」とはどのようなものなのでしょうか。 そして、どのように企業体力の強化に貢献するのでしょうか。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【資料概要】 ・資料タ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 17 Apr 2020 00:00:00 +0900 安価に導入できる「クラウドのSAP」、中小企業2社の運命を分けた導入の決断 http://selectbox.shoeisha.jp/article/986 http://selectbox.shoeisha.jp/article/986 ERPは大企業が使うもの。 とりわけ「SAP」はその筆頭というイメージはないでしょうか。 しかし、企業の各業務を支援し、業務と業務の間を円滑につないでいくERPは、 必ずしも大企業だけに導入価値があるものではありません。 むしろ、人的リソースが潤沢ではない中堅・中小企業にこそ、メリットがあるともいえます。 では、中堅・中小企業にとって、ERPはどのような価値を提供してくれるのでしょうか。 本資料は、月額基本40万円で提供されている「クラウドのSAP」を見つけて 導入を決断した中小企業と、 従来からの人の手に頼ったフローで業務を回す判断をした中小企業とで、 事業の進み方にどのような違いがあるかを描いた読み物です。 中堅・中小企業がERPを導入する価値がイメージとして伝わってくる内容になっています。 気軽に読めますので、社内の業務の無駄を省きたい/効率化したい方などは...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 15 Apr 2020 00:00:00 +0900 最新テクノロジーで事業を効率化するSAPのクラウドERP http://selectbox.shoeisha.jp/article/985 http://selectbox.shoeisha.jp/article/985 SAPのクラウドERPに関する最新の資料をご紹介します。 企業の事業を効率化させるには、部門間の持つ情報の共有や、 ヒト・モノ・カネの最適な分配が必要です。 それらを実現するためにはERPの導入が必要です。 これまでは超大規模企業が膨大な時間と予算と人材を投入して構築してきましたが、 中堅・中小企業でも導入可能な「クラウドERP」が出てきました。 ERPをクラウド化することで、企業規模を問わず導入できることに加え、 AIやIoT、RPAなど周辺テクノロジーの進化にも自動で対応できます。 今回の資料では、ERPとは、そしてクラウドERPとはどんなものか、 特徴をマンガとテキスト、図を用いて解説しています。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【資料概要】 ・資料タイトル:『中堅・中小企業が知りたい! 本当の「ERP」』 ・ファイル形式...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 09 Apr 2020 00:00:00 +0900 ネスレ日本に学ぶ、メディア戦略のためのPDCA高速化 http://selectbox.shoeisha.jp/article/982 http://selectbox.shoeisha.jp/article/982 マーケティング施策を最適化し、 より適切なマーケティング投資をするためには、 効果に基づいたPDCAサイクルが欠かせません。 しかし多くの企業では、 レポートの読解やデータの分析にかかる膨大な時間によってサイクルが鈍化し、 最適なプランニングを行うための時間やタイミングを失っています。 そんな中、数多くのブランドを展開する「ネスレ日本」では、 PDCAサイクルの高速化を実現しています。 オンライン広告はもちろんのこと、 オフライン広告のデータもリアルタイムに把握することで、 日次での施策改善を実現。 データによる効率的なプランニングが可能になったことで、 新たなメディア、コンタクトポイントの発掘にも時間がかけられるようになっています。 本資料では、ネスレ日本が構築したデータ分析・プランニング環境とその効果、 その核となったDatorama(デート...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 26 Mar 2020 17:00:00 +0900