<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Mon, 24 Feb 2020 10:36:33 +0900 【注目資料】『AIの実装:調査から実行まで』(全16頁、PDFデータ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/904 http://selectbox.shoeisha.jp/article/904 AI、特に機械学習は、競争優位性を高めるテクノロジーとしてさまざまな業界で期待されています。 それでは、AIを推進する企業のリーダーは、成功の見込みが高そうなユースケースをどのように見極めているのでしょうか? 最適と思われるテクノロジーインフラストラクチャをどのように選択しているのでしょうか? また、実装上での課題にどのように対峙しているのでしょうか? 本資料『AIの実装:調査から実行まで』(全16頁、PDFデータ)は、 各業界でAIを早期から採用している企業が学んだこと、 さらにその分野で活躍する専門家からの有益な情報を共有することを目的にわかりやすくレポートしています。 ━━━━━━━━━━━━━ ホワイトペ―パ―の概要 ━━━━━━━━━━━━━ ●資料名:『AIの実装:調査から実行まで』 ●仕様:PDFデータ、16ペ―ジ、無料 ●発行:ア...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Feb 2020 00:00:00 +0900 【最新】IDCレポート『AI実装が広がる世界のアプリケーション開発』(全13頁)公開中 http://selectbox.shoeisha.jp/article/900 http://selectbox.shoeisha.jp/article/900 変化の激しいビジネス環境において、企業は顧客や株主、従業員に対して より高い価値を生み出し提供する方法を求め続けています。 特に、蓄積されていくさまざまなタイプのデータを活用して、 売上拡大、コスト削減、ビジネスプロセスの合理化、 そして顧客をより深く理解するための新たな方法を模索しています。 なかでも、期待されているのがAI(人工知能)の活用です。 自社のアプリケーションやビジネスプロセスにAIを組み込む手段として 機械学習や深層学習の検討が進んでいます。 また、昨今ではAWS(Amazon Web Services)などのベンダーが深層学習用のサービスやツールを開発したことで、 データサイエンティストや開発者が深層学習モデルを簡単かつ迅速に開発、導入できるようになってきました。 本資料『AI実装が広がる世界のアプリケーション開発』(全13頁)は、 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Feb 2020 00:00:00 +0900 「LinuxONE」サーバーがビジネスの機敏さとコスト削減を同時に実現する10の理由 http://selectbox.shoeisha.jp/article/958 http://selectbox.shoeisha.jp/article/958  ビジネスのデジタルシフトが加速する現在。クラウドサービスへの依存が高まり、 プライバシー保護やセキュリティー確保のなどにかかるコストがますます増大してきています。  さらに、ビジネスの変化に機敏に対応するために、ミッション・クリティカルなワークロードもクラウドへ移行し、 DevOpsプロセスを活用できる環境を整えていかなければなりません。  こうした要求に全て応えるためには、自社や発注先のエンジニアの懸命な仕事だけに頼るのではなく、 それに適したサーバーを採用することが賢明な判断になってきます。  その選択肢の1つとなるのが、IBMの「LinuxONE」です。 本資料では、なぜLinuxONEなのか(10 Reasons Why LinuxONE)について、 以下の10の理由から説明しています。  1. 最もリスクの低いソリューション  2. 最新の新...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 31 Jan 2020 00:00:00 +0900 ハードウェアだけで完結できないセキュリティ、IoTエコシステムの構築方法 http://selectbox.shoeisha.jp/article/954 http://selectbox.shoeisha.jp/article/954 急速に成長する“モノのインターネット”IoT分野。 IDCの予測では、2025年までに世界で416億のデバイスがインターネットと繋がり、 合計79.4 ゼタバイトのデータを生成するとされています。 さらにオンラインデータベースStatistaは2025年、オンライン接続のエンドポイントは750億を超えると予測しています。 個人から組織まで、世界中の顧客が使用する膨大なデバイスをあらゆる脅威から守るためには、 セキュリティを中心としたIoTエコシステム基盤の構築が必須になります。 では、エッジコンピューティング製品からクラウド環境まで、多層防御の提供とIoTデバイスとその接続、 データ保護を実現し、予防からアラートまで攻撃発生前後を問わずセキュリティの問題を クリアにするにはどうすれば良いでしょうか? 一般的なIoTデバイスはハードウェア自体の計算、メモリおよび...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 製品の市場投入を40%早める?急伸するIoT市場、「AWSにできるコト」を解説 http://selectbox.shoeisha.jp/article/953 http://selectbox.shoeisha.jp/article/953 ユーザーが物理世界のモノのステータスを把握し、状態データに基づく論理的な判断を可能にするAWS IoT サービス。 すべてのモノの状態を理解したうえで生産性の改善やサービスをデプロイすることで、 ビジネス全体の効率やパフォーマンスを高めることができます。 マネージドサービスとソフトウェアのセットで構成されたAWS IoT サービスは、 IoTソリューションの作成簡易化および運用効率の向上、新たな収入源を創出するといいます。 ユーザーは数十億台のデバイスに安全に接続して管理し、 デバイスデータの収集だけでなく、機械学習による高度な分析の実行も可能となります。 急速に成長する“モノのインターネット”IoT市場において、AWS IoT サービスがもたらす価値とは――。 コロラドのソフトウェアプロバイダRachio社の最高技術責任者兼共同設立者であるFranz Garsombk...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『トップユースケース 産業IoTアプリケーション』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/952 http://selectbox.shoeisha.jp/article/952 本資料は、AWS IoTを用いて産業プロセスのIoT化を迅速かつ確実に実現する方法を紹介する、無料ホワイトペーパーです。 品質予測や予知保全といった一般的な産業用IoTのユースケースをレビューしながら解説します。 監視制御やデータ収集システムといった既存のレガシーな運用技術は、長期的な運用を見込んで設計され、 深く定着しているので、簡単に置き換えることができません。 しかし、AWS IoTは、そんな産業プロセスを迅速にIoT化し、パフォーマンスと生産性の改善を可能にします。 本資料は、最高技術責任者(CTO)、設計者、開発者、品質管理および運用チームのメンバーなど、 技術分野のあらゆる方を対象としています。 安全にデバイスをクラウド接続する「AWS IoT Core」や、IoTデバイスの分析を行う「AWS IoT Analytics」など、 あらゆるマネージドサービ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 コネクテッドホームデバイスの膨大なデータをAWS IoTで顧客価値に変える http://selectbox.shoeisha.jp/article/949 http://selectbox.shoeisha.jp/article/949 IoTはあらゆる業界のビジネスに影響を与えています。 特に大きな影響を与える分野が「家庭」です。 家庭のあらゆるデバイスがIoTとして接続されるようになると、集まったデータの活用は、 メーカー、サービスプロバイダー、アプリケーション開発者すべてのビジネスに大きなチャンスをもたらします。 しかし、コネクテッドホームデバイスから集まったデータを活用するためには、 数百万にも及ぶデバイスからのリアルタイムデータを適切に処理し、安全に管理しなければなりません。 機械学習による分析とクラウドセキュリティを高いレベルで併せ持つAWS IoTは、 コネクテッドホームデバイスのIoT構築と規模の拡大、セキュリティとプライバシーの管理に役立ちます。 本資料では、コネクテッドホームIoTの価値と課題、 AWS IoTを活用した迅速な製品開発について、Rachio社やiRobot社...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 AWS IoTが導くデジタルトランスフォーメーションの“次の段階”とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/948 http://selectbox.shoeisha.jp/article/948 モノのインターネット(IoT)は、企業のサービスやビジネスモデルを一新する可能性を秘めています。 多くのデバイスから絶え間なくデータが集まり、サービスの改善と顧客体験の向上に繋げることができます。 一方で、膨大な数のデバイスとの接続や、リアルタイムでもたらされるデータの管理は困難を伴います。 数百万台のデバイスとの安全な接続と、機械学習による高度な分析を備えるAWS IoTは、 DXの次の段階としての「デジタル化」を実現させ、すべてのモノの状態をデータとして判断し、 ビジネス課題の解決を可能にします。 本資料では、IoTの可能性と課題、そしてAWS IoTがもたらす次世代のIoTについて、 Philips社、Trimble社、iRobot社の声とともに解説しています。 ぜひご一読ください。 ―――――――――――― ■ホワイトペーパー資料(無料)の概要 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 07 Jan 2020 00:00:00 +0900 《IBM×EnterpriseZineコラボ企画》 「ストレージの導入予定・利用状況」に関するアンケートのお願い http://selectbox.shoeisha.jp/article/942 http://selectbox.shoeisha.jp/article/942 日本アイ・ビー・エム株式会社では、期間限定でEnterpriseZineの読者の皆さまへ 「ストレージ」に関する読者アンケートのご協力をお願いしております。 アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で30名さまへ 『コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤』をプレゼントします。 読者の皆さまからのアンケート結果については、 より良い情報をお伝えするために役立ててまいりますので、 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 ◆応募締切 2020年1月31日(金)まで ※応募多数の際は、早期に締め切らせていただく場合がございます。 ◆主  催 株式会社翔泳社/日本アイ・ビー・エム株式会社 ◆賞  品 【抽選30名様】 書籍『コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 12 Dec 2019 00:00:00 +0900 世界のマーケティングマネージャーは何を重視しているのか?【Forrester Consulting調査】 http://selectbox.shoeisha.jp/article/940 http://selectbox.shoeisha.jp/article/940 本資料「B2B企業とB2C企業に共通する複雑化したカスタマージャーニーの課題」は、 アドビがForrester Consultingに委託して実施された、 主に1,000人以上の企業でB2B/B2Cマーケティングに携わるマネージャー以上のマーケターを対象とする 調査結果をまとめたものです。 ユニークな洞察が次々現れる本資料のなかでも、 企業に所属するバイヤーのカスタマージャーニーと消費者のカスタマージャーニーが似通ってきていること、 どういった分野でB2BマーケターとB2Cマーケターが互いに学び合えるかについての指摘は特に示唆的です。 マーケティングマネージャーが今どのような課題を意識していて、 それにマーケティングテクノロジーはどう対応するのかをまとめた部分も見逃せません。 最後に示される、複雑化するカスタマージャーニーに向き合うための4つの「提言」を読むだけで...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 29 Nov 2019 13:00:00 +0900