Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » ■LTVからの逆算で広告投資を最適化! 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの「Salesforce Datorama」活用

■LTVからの逆算で広告投資を最適化!
富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの「Salesforce Datorama」活用


株式会社セールスフォース・ドットコム
2021/06/08 14:00

富士フイルムのグループ会社として、
化粧品・サプリメントなどのヘルスケア製品の通信販売事業を行う
富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー。

同社はセールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Datorama (デートラマ)」を導入し、
オン・オフのマーケティングデータとLTVデータを統合。
マーケティングデータを一気通貫で俯瞰することで、
効果的な広告予算投資と業務効率化の実現を目指したと言います。

こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。

【こんな方におすすめ】
・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい
・レポート作成時間を短縮したい
・リアルタイムで状況を把握し、タイムリーな予算の付け替えを行いたい



ダウンロードするためにはログインする必要があります