Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 「全国1800人のビジネスパーソンへの調査」が明らかにした、データドリブン経営実現への道筋

「全国1800人のビジネスパーソンへの調査」が明らかにした、データドリブン経営実現への道筋


株式会社セールスフォース・ジャパン Tableau
2022/07/21 16:00

業種や業態を問わず日本中でDX推進が叫ばれる中、最も要となる要素がデータです。

データそのものをビジネスとしてきた企業だけでなく、あらゆる企業でデータを活用する時代であり、
データを集めて分析し、意義のある結果へと結び付ける「データドリブン経営」の実現が求められています。

しかし言うは易く行うは難し。データドリブン経営実現には、様々な壁が存在するのも事実です。

本資料では、日本全国の企業におけるすべての部門のビジネスパーソン1800人を対象に
データ活用への取り組みや意識、収益化の状況について実施したアンケート結果をもとに、
各社のデータ収益化の現状と課題を分析しています。

本資料は7つのトピックでまとまっておりますが、DX推進のキーパーソンとなる情シス部門の方々には、
データ収益化の技術、導入状況の解説パートが参考になるでしょう。

無料でダウンロードが可能となっていますので、
データを武器にしてDX推進を実現したいとお考えの方はぜひご一読ください。

―――――――――――――――――――――――――
資料概要
―――――――――――――――――――――――――
●資料名:「全国1800人のアンケート調査」から見えてきた
     企業のデータ収益化への現実と課題
●仕 様:8P/PDF
●提 供:Tableau
●目 次
 ・データ収益化のメリット
 ・データ収益化への取り組み
 ・データ収益化の技術
 ・データ収益化の技術の導入状況
 ・社内課題
 ・Tableauのメリット
 ・まとめ



ダウンロードするためにはログインする必要があります