Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 7,500社以上のデータを調査!アプリの遅延、ダウンタイム事例を徹底分析

7,500社以上のデータを調査!アプリの遅延、ダウンタイム事例を徹底分析


日本ヒューレット・パッカード株式会社
2017/12/26 00:00

企業で日々利用するアプリケーションのパフォーマンスと可用性に関する注目資料のご案内です。

アプリケーションを利用するユーザーは、瞬時かつ常時、中断なくデータにアクセスしたいと考えますが、
現実はその通りにいかない場合もあります。

データとアプリケーションの間に生じるパフォーマンスのギャップは、生産性を低下させ、
最終的にはビジネスの効果的な運営能力を損なうボトルネックとなります。

IT部門は、アプリケーションへのデータ提供に悪影響を及ぼす問題を解明すべく継続的に調査を実施し、
ボトルネックを特定し、改善していく必要があります。
このアプリケーションとデータの間にあるギャップ、いわゆる「app-data ギャップ」をどのように解消すべきでしょうか?

本資料では、7,500社を超える企業の多様なITインフラからデータを収集し、「app-data ギャップ」の問題事例を分析。
ボトルネックとなる問題点を明らかにし、アプリケーションのパフォーマンスと可用性を向上する方法を解説しています。

本資料をご覧いただき、アプリケーションのパフォーマンスと可用性の向上にお役立てください。

――――――――――――――――
ホワイトペーパーの概要
――――――――――――――――
・資料名:『機械学習によるアプリケーションダウンタイム予測の可能性』
・仕様:全5頁、無料PDF
・提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社



ダウンロードするためにはログインする必要があります