Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » サイバー高度化への対応、データ関連規制の準拠、データ改ざん対策…… ブロックチェーン技術でデータの非改ざん性を証明する方法とは?

サイバー高度化への対応、データ関連規制の準拠、データ改ざん対策……
ブロックチェーン技術でデータの非改ざん性を証明する方法とは?


アクロニス・ジャパン株式会社
2018/10/17 00:00

高度化するセキュリティ脅威やデータ関連規制の準拠、
データ改ざん対策等に関する注目の資料のご案内です。

GDPRなど、各種データ関連規制の準拠における透明性を実現し、
高度化するセキュリティリスクを最小化しながら、
企業の重要データの整合性を保証することは企業・組織において大きな課題です。

データ保護ソリューションを提供するアクロニスでは、
同社のユーザーがデータ保護をより高度に実現するためブロックチェーン技術を使い
データが本物であることを証明する機能「Acronis Notary」を無償で提供しています。

本ホワイトペーパー『Acronis Notary ブロックチェーンベースのデータノータリゼーション(公証)』(無料PDF)は、
Acronis Notaryの具体的な仕組みや技術、組織・企業にとっての利点などについて詳しく紹介した資料です。

ぜひ本資料をご参照いただき、自社の安全なデータ保護の実現にお役立てください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●資料の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・資料名:『Acronis Notary ブロックチェーンベースのデータノータリゼーション(公証)』(PDF版)
・仕様 : A4、20頁、PDF
・発行 : アクロニス・ジャパン株式会社



ダウンロードするためにはログインする必要があります