Selectbox(セレクトボックス) » 記事一覧 » 顧客インサイトを捉えた、戦略的なMAの実現に必要なこと

顧客インサイトを捉えた、戦略的なMAの実現に必要なこと


日本オラクル株式会社
2019/03/25 00:00

本資料では、米Oracleのクラウドソリューション「Oracle Cloud」を用いて実現した、
顧客洞察による戦略的なMA(マーティング・オートメーション)活用について紹介しています。

また、MAが普及した背景に加え、顧客獲得までに至る仕組みをファネルを用いて解説。
その他、顧客のセグメンテーションやキャンペーンシナリオの作成など
多様なツールのデータ連携による機能が図解されているため、一目でMAの全体像を掴むことができます。

MA導入を検討している方は、どうぞ本資料をご活用ください。

■概要
・Marketing Automation(MA)とは
- 顧客開拓の仕組み化(自動化)
- リードジェネレーション
- リードナーチャリング
- リードクオリフィケーション
・Marketing Automation普及の背景
- 顧客購買行動の変化
- 非対面でいかにコミュニケーションを活性化させ、成約に結び付けるか
・顧客洞察による戦略的なMarketing Automationの実現
- OracleのOne Stop Marketing Automationソリューション
・導入事例
- 株式会社カウネット
- ジュピターショップチャンネル株式会社

<利用目的及び個人情報保護規定について>
◆日本オラクル株式会社
ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどは、日本オラクル並びに米国 Oracle Corporation及びその子会社、関連会社がイベント/セミナー/製品/サービスに関するご案内を行うために利用させていただきます。

※以前より情報をご提供いただいている場合、今回ご提供いただいた情報を最新の情報としてデータを上書きさせていただきます。

※日本オラクルの「個人情報保護基本方針」および「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」は、下記URLよりご覧いただけます。
日本オラクル株式会社 http://www.oracle.com/jp/corporate/privacy-150699-ja.html

※ご同意いただけない場合(オラクルからの案内を希望しない場合)は、PDFダウンロードのお申し込みができません。


ダウンロードするためにはログインする必要があります