カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

「個客」に向けた次世代の顧客体験をAIで実現!データが導く意思決定

日本オラクル株式会社

◇企業に求められる優れたカスタマー・エクスペリエンスの提供 ◇増え続けるデータ「属人的な仕組み」では限界に 優れたCXの提供には、顧客一人ひとりの属性や嗜好、購買履歴といったデータを収集・分析し、 パーソナライズされたコミュニケーションが必要です。 しかし、顧客接点が多様化し、膨大なデータがあふれる今、 従来の「属人的な仕組み」では、すべてのチャネルにおいて、 同品質のCXを提供することは不可能です。 そこで、実現のカギとなるのがAI。 機械学習によってターゲットとなる顧客の行動や嗜好を詳細に予測し、 チャネルや、スタッフの熟練度合いにかかわらず、 顧客満足度を高めるエクス...


スプレッドシートの限界を超え、さらなる価値をデータから引き出す5つの方法とは?

Tableau Japan株式会社

データの集計や分析に使うツールと言えばExcel、という方が多いでしょう。 Excelは確かに便利ですが、何でもできるわけではありません。 データ分析の重要性が日々刻々と増し、データからさまざまなインサイトを引き出さなければならないというニーズが高まる中、 スプレッドシートの機能だけでは必要なインサイトが得られるとは限りません。 それでは、従来のスプレッドシートを完全になくさず、優れたデータビジュアライゼーション機能を持つ分析ツールに スプレッドシートを組み込む簡単な方法はあるのでしょうか。 本ホワイトペーパー『スプレッドシートではできない5つのこと』(無料PDF)は、...


見込み客の発掘から売掛金回収まで!今求められる「Lead to Cash」とは?

日本オラクル株式会社

「あの見込み案件は、どうなったのか?」 部門間で情報システムがサイロ化し、 一貫性のあるカスタマー・エクスペリエンス(CX)が提供できていない。 これは、ビジネスのデジタル化が進む昨今、多くの企業が直面している課題です。 なかでも、マーケティングが重要視されるにつれて、 マーケ部門と営業の連携不足・分断による「非効率性」は 重要な経営課題の一つとなってきました。 また、顧客接点や業務プロセスが複雑化するなかで、 営業担当者の力量だけで顧客を理解した優れたCXを提供するには限界があります。 こうした背景のなか、今注目を集めているのが「Lead to Cash」という考え方です。...


アドビ調査報告「組織におけるマーケティングのデジタル化」 ──責任者472人が答えた“デジタル変革”の現状と課題

アドビ システムズ 株式会社

アドビシステムズは、経営企画部門、マーケティング部門の責任者を対象に調査を行い、472人の回答をまとめました。 本資料からは、日本企業のデジタル変革への取り組みが見えてきます。 経営企画責任者、マーケティング責任者の抱える課題、今後想定する未来はどのようなものでしょうか。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【内容】 ・顧客コミュニケーションと組織の実態 -デジタル化への対応と組織の現状 -デジタル化の統括母体はマーケティングが中心 ・顧客コミュニケーションのデジタル化予算と投資 -マーケティングにおけるデジタルへの投資比率とその傾向 -デジ...


ステージ別!今すぐ使えるMAシナリオ20選

株式会社セールスフォース・ドットコム

効果的なマーケティングオートメーション(MA)活用には、 見込み客の属性・ステージに合わせた「シナリオ作成」が欠かせません。 しかし、シナリオ作成は最初から上手くいくものではなく、 実際に動かしながら、少しずつ改良を重ねていく必要があります。 本eBookは、「もっと短期間で効果を実現したい」という要望にお応えするため、 すでに実用化され、効果の出ているシナリオ20選をまとめたものです。 さらに、toBeマーケティング株式会社で代表取締役CEOを務める 小池智和氏にもご協力いただき、運用におけるポイントも解説していただきました。 幅広いニーズをカバーした内容にな...


顧客インサイトを捉えた、戦略的なMAの実現に必要なこと

日本オラクル株式会社

本資料では、米Oracleのクラウドソリューション「Oracle Cloud」を用いて実現した、 顧客洞察による戦略的なMA(マーティング・オートメーション)活用について紹介しています。 また、MAが普及した背景に加え、顧客獲得までに至る仕組みをファネルを用いて解説。 その他、顧客のセグメンテーションやキャンペーンシナリオの作成など 多様なツールのデータ連携による機能が図解されているため、一目でMAの全体像を掴むことができます。 MA導入を検討している方は、どうぞ本資料をご活用ください。 ■概要 ・Marketing Automation(MA)とは - 顧客開拓の仕組み化(自...


マーティングチームのPDCAを高速化/AI機能も備えたOracleのデータ分析ツールの魅力を徹底解説

日本オラクル株式会社

本資料では、米Oracleのデータ分析ツール「Oracle Analytics Cloud」の機能を徹底解説。 データの取り込みから、加工、レポーティングまでを一気通貫で行える同ツールは、 機械学習やユーザーのターゲット検索機能なども実装。 本資料では、こうした同ツールの魅力を伝えるだけでなく、 マーケターの実務においてどのような活用ができるかにも言及しています。 データ分析ツールの導入を考えている方や、自社のマーティングにおけるPDCAの高速化を目指す方にとって 参考となる資料になっています。 ■概要 ・Oracle Analytics Cloud機能の二つの方向性 - セ...


ホワイトペーパー『Oracle Cloud 事例集 他社クラウドではなくOracle Cloudを選んだ理由』

日本オラクル株式会社

本ホワイトペーパーでは、さまざまなOracle Cloud の活用事例を集めました。 さまざまな業種の「導入の背景と狙い」と課題、導入の効果を一覧することができます。 彼らはなぜ、他社ではなくOracle Cloudを選んだのか? 6社それぞれの「Oracle Cloudを選んだ理由」を、比べてみてください。 ●本書の構成 ・関口工業株式会社―基幹業務システムをクラウドからOracle Cloudへ移行 ・日本住宅パネル工業協同組合―システム専任部門がなくても、 Oracle Cloudの容易な設定でスムーズな移行を実現 ・株式会社アクティシステム―ユーザーレスポンスへの不安を...


業務別データ分析 ケーススタディ:マーケティング、経理・財務など

日本オラクル株式会社

本ホワイトペーパーでは、業種ごとに、 Oracle Cloud を利用したデータ活用のヒントがわかりやすく整理されています。 【経理・財務部門向け】では、企業の経営判断に貢献する財務データの集約と分析について解説しています。 【マーケティング部門向け】では、Oracle のデータ分析オファリング【マーケティング部門向け】として、 顧客分析による一歩先のデジタル・マーケティングの実際について事例を参照しながら解説します。 【製造業向け】では、IoT を活用して、センサーデータや生産ラインのデータ、作業員の位置情報データや 電力消費量データなど様々なデータを収集、蓄積、統合。 これら...


ホワイトペーパー『現場ユーザーによるデータドリブンビジネスを可能にする Oracle Analytics Cloudご紹介』

日本オラクル株式会社

現場主導のデータドリブンなビジネスを実現するOracle Analytics Cloud。 本ホワイトペーパーでは、Oracle Analytics Cloudのメリットおよび特徴を解説します。 ニーズに応じたデータ活用のヒントがわかりやすく整理されています。 ●本書の構成 ・Oracle Analytics Cloud機能の二つの方向性 ・Oracle Analytics Cloud(OAC)サービス ・セルフサービス・自由分析機能 あらゆるデータに接続 強力なデータフロー機能 強力なデータフロー機能の応用機械学習機能 最先端のユーザビリティ キーワード検索機能&ldq...