<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Fri, 24 Sep 2021 15:07:41 +0900 【DX関連資料】アフターデジタル流DXのススメ ウィズコロナで求められるデジタル活用のあり方 ~『アフターデジタル』シリーズ著者・ビービット藤井保文氏が監修~ http://selectbox.shoeisha.jp/article/1180 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1180 多くの企業において、以下の「2つの変化」への対応が迫られています。 ・企業経営の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という変化 ・長引くコロナ禍における、消費者・生活者の心理的な変化 この2つの変化に対峙するために注目されているのが、 生活やビジネスに関わるあらゆる体験の接点がデジタルに包み込まれた状態である「アフターデジタル」という概念です。 本資料は、『アフターデジタル』シリーズの著者である、 株式会社ビービット 執行役員CCO兼東アジア営業責任者・藤井保文氏が監修しています。 以下の構成で、「アフターデジタル&ウィズコロナ」という社会変化に対して、 どのように企業が対応するかを事例を含めて解説しています。 ・「コロナ以後の消費者に起きた3つの変化」と「企業に求められる対応」 ・「アフターデジタル」とは何か?それによって起こる「産業構造の...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 29 Jul 2021 17:00:00 +0900 ■LTVからの逆算で広告投資を最適化! 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの「Salesforce Datorama」活用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1163 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1163 富士フイルムのグループ会社として、 化粧品・サプリメントなどのヘルスケア製品の通信販売事業を行う 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー。 同社はセールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Datorama (デートラマ)」を導入し、 オン・オフのマーケティングデータとLTVデータを統合。 マーケティングデータを一気通貫で俯瞰することで、 効果的な広告予算投資と業務効率化の実現を目指したと言います。 こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。 【こんな方におすすめ】 ・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい ・レポート作成時間を短縮したい ・リアルタイムで状況を把握し、タイムリーな予算の付け替えを行いたい channel title Tue, 08 Jun 2021 14:00:00 +0900 カスタマー・エクスペリエンスを重視したデジタル・トランスフォーメーションに必要な3つのポイント http://selectbox.shoeisha.jp/article/1146 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1146 セールスフォース・ドットコムが提供するこの資料では、 あらゆるビジネスで重要性が増しているカスタマー・エクスペリエンスと、 それを実現するデジタル・トランスフォーメーションについてまとめています。 変化し続けるニーズを持った顧客に対し、パーソナライズされた体験を提供し続ける必要があります。 そのため企業は、テクノロジーによってビジネスプロセスを改善し、 顧客志向のイノベーションを実行しなければなりません。 この資料では、カスタマー・エクスペリエンスを改善するために、 ビジネスリーダーはどのようにデジタル・トランスフォーメーションを進めればいいのかを、 ・部門ごとにサイロ化した体制 ・レガシー・システム ・「整理されていない」データの活用 という3つの課題とそれに対する取り組みをもとに紹介しています。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 11 May 2021 10:00:00 +0900 ■広告プランニングの精緻化&データドリブン文化の醸成を実現! 三菱電機 宣伝部の「Salesforce Datorama」活用 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1145 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1145 家電製品をはじめ幅広い製品・サービスを展開する三菱電機。 これらのキャンペーンを一手に引き受ける同社の宣伝部では、 業務の広さと扱うツールの多さから、 プロモーション活動のPDCAを回す上で大きな課題を抱えていたと言います。 そこで同社は、2019年下半期から「Salesforce Datorama」を導入し、 「PDCAデータ基盤構想」プロジェクトを推進。 これにより、「広告プランニングの精緻化」と「データドリブン文化の醸成」を実現しました。 こちらの資料では、プロジェクトの全容と成果を解説しています。 【こんな方におすすめ】 ・部門ごとに分断するデータを収集・分析し、広告プランニングの最適化を図りたい ・ITに強くないメンバーでも使いこなせるツールを導入したい ・導入したツールの社内定着化に課題を持っている channel title Tue, 13 Apr 2021 19:00:00 +0900 「後悔のないCMSの導入・実装」の要点をフェーズごとに紹介します http://selectbox.shoeisha.jp/article/1143 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1143 顧客体験の最適化を考えたとき、 魅力的なデジタルコンテンツの制作と運用管理が大切です。 そのため、CMSの導入と活用は担当者にとって 避けては通れないテーマでしょう。 特に、クラウド型のCMSの登場によって 事業規模に問わず自社のニーズに合わせて CMSの機能をカスタマイズすることが可能になった今、 適切なCMSを導入、実装していくことが非常に重要になってきました。 本資料『CMS導入の迅速化:最先端のクラウド型CMSとその導入』は CMSの選定・実装・運用開始後と3つのフェーズに分け、 次の事柄を紹介するものです。 ・選定段階|5つの満たすべき要件 ・実装段階|5つのトルべきアクション ・運用段階|意識すべき3つの要点 CMSの導入やリプレースを検討している方に 役立つ内容ばかりですので、ぜひ一度ご覧ください。 【資料構成】全13ページ ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 07 Apr 2021 17:00:00 +0900 コロナ禍で激変 Eコマースのトレンドを紐解く「第1版 Eコマース最新事情」 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1140 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1140 本資料は、セールスフォース・ドットコムによって実施された、 約1,400人のEコマースリーダーを対象とした調査、 及びSalesforce Commerce Cloud プラットフォーム上で運用されているウェブサイトから収集した、 10億人の一般消費者・企業の購買担当者のデータを分析して得られたインサイトをもとにまとめた、調査資料です。 新型コロナウイルスの影響で、2020年は商取引がリアルからデジタルへと大きくシフトし、 一般消費者向け(B2C)のみならず、企業間取引(B2B)においても デジタルチャネルの重要性が大きく拡大したことはご存じの通りです。 この様な環境下、世界のEコマースのリーダーは、 どの様なことに注目し、注力しているのでしょうか。 このレポートでは、B2C取引とB2B取引のそれぞれについて、 コロナ禍という大きな変化を経た後の、「ニューノーマ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Mar 2021 17:00:00 +0900 データ駆動型企業に変わるために必要な戦略の改善 5ステップでモダンデータ基盤の構築プロセスを解説! http://selectbox.shoeisha.jp/article/1101 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1101 変化の大きい時代の中で、企業が生き残っていくためにはデータを活用することが求められています。 もちろん、多くの企業は膨大な量のデータを蓄積していますが、 それをアセットとして新たな価値を創出し、ビジネスへとつなげる。 そのようなデータ駆動型企業への変革が必要なのです。 一方で、99%の企業がデータおよびAIの取り組みに投資したと答えている中、 データ駆動型企業だと自認しているのは、わずか38%にとどまっているというデータが本資料で報告されています。 つまり、データを戦略的に利用したいと考えていても、多くの企業が実現できずにいるのです。 そこで、本資料では企業が有しているデータを、 いかに全社規模で効果的に活用させることができるのかを見直すために役立つ情報を紹介しています。 たとえば、レガシーデータインフラストラクチャをモダナイズする必要性や、 誰もがデー...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Feb 2021 13:00:00 +0900 ユースケースに学ぶ機械学習を活用した課題解決 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1107 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1107 AWSの機械学習に関する最新の資料をご紹介します。 本資料では、機械学習を活用した経営課題の解決について、 7つのセクションに分けて計9つのユースケースをご紹介しています。 「持続可能な未来を構築する」セクションでは、オックスフォード大学による 気候変動の研究や、Amazonによる915,000トンもの梱包材削減などを取り上げています。 また、「より多くの人々の経済的機会を創出する」セクションでは、 20億ドル以上のローンを500万以上の顧客に提供したTalaの例、 「従業員の安全を守る」セクションでは、顧客の職場環境で平均80%もの 事故件数減少を達成したBigmateの例を紹介しています。 その他、感染症拡大防止や不妊治療の成功率向上、ホームレス支援、退役軍人の自殺予防と、 機械学習を活用した経営課題の解決について、多岐にわたる事例をまとめています。...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 01 Feb 2021 16:00:00 +0900 ビジネスリーダーが知るべきAIと機械学習の重要性 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1104 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1104 AWSのデータ活用に関する最新の資料をご紹介します。 本資料では、CEOやCIO、CFOらビジネスリーダーが AIと機械学習によって自社のビジネスを発展させるために知っておくべきポイントを 12名の識者たちが解説しています。 「C-SuiteでのAIリーダーシップの再定義」では、 AIの戦略と採用においてCFOが大きなリーダーシップを発揮すべき理由を解説。 「インテリジェントエンタープライズをリードする」では、 CEOが事業全体の意思決定にAIを活用する時代に、どのように適切な人材を集めればよいのか、 AIの限界はどのようなものかを紹介しています。 「AI 戦略のビルディングブロック」では、顔認証や消費者インサイトの獲得、感情分析など “戦術的な”目的で使用されているAIを、より経営の“戦略的な”目的での活用に移行させる必要性を解説しています。 そ...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 01 Feb 2021 16:00:00 +0900 セキュリティ機能こそが機械学習のイノベーションを加速する~Amazon SageMakerの機能解説 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1103 http://selectbox.shoeisha.jp/article/1103 「Amazon SageMaker」は、機械学習モデルを迅速かつ安全に構築、トレーニング、 デプロイするための完全マネージド型機械学習(ML)サービスです。 機械学習モデルを構築する際には、自社のビジネスに固有のデータセットが必要に なり、これは非常な重要な資産のため、慎重に安全性を確保する必要があります。 この安全なワークフローを構築するために数か月かかることもあるでしょう。 Amazon SageMakerでは、機械学習ワークロードの厳しいセキュリティ要件を 満たすことができ、最終的にはアイデアから本番稼働までの流れをより迅速に、 より安全に実現することができると言います。 ではAmazon SageMakerと、その他のAWSマネージドサービスを組み合わせることで どういったセキュリティ機能を実現できるのでしょうか。 本資料では、Amazon Sa...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 01 Feb 2021 16:00:00 +0900