<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Thu, 18 Jul 2019 13:46:54 +0900 【最新】IDCレポート『AI実装が広がる世界のアプリケーション開発』(全13頁)公開中 http://selectbox.shoeisha.jp/article/900 http://selectbox.shoeisha.jp/article/900 変化の激しいビジネス環境において、企業は顧客や株主、従業員に対して より高い価値を生み出し提供する方法を求め続けています。 特に、蓄積されていくさまざまなタイプのデータを活用して、 売上拡大、コスト削減、ビジネスプロセスの合理化、 そして顧客をより深く理解するための新たな方法を模索しています。 なかでも、期待されているのがAI(人工知能)の活用です。 自社のアプリケーションやビジネスプロセスにAIを組み込む手段として 機械学習や深層学習の検討が進んでいます。 また、昨今ではAWS(Amazon Web Services)などのベンダーが深層学習用のサービスやツールを開発したことで、 データサイエンティストや開発者が深層学習モデルを簡単かつ迅速に開発、導入できるようになってきました。 本資料『AI実装が広がる世界のアプリケーション開発』(全13頁)は、 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 16 Jul 2019 00:00:00 +0900 次世代のコマーステクノロジーがもたらす 新しいカスタマーエクスペリエンスのかたち http://selectbox.shoeisha.jp/article/898 http://selectbox.shoeisha.jp/article/898 本資料は、2019年4月26日に開催されたイベント「E-Commerce Conference 2019」にて基調講演に登壇した、 株式会社セールスフォース・ドットコムの熊村剛輔氏の講演資料です。 熊村氏は当日の講演にて、以下3つのポイントを持ち帰ってほしいと述べました。 1)デジタルコマースの世界において「モバイル」と「AI」は、もはや成長を牽引する重要なエンジンとなっている。 2)SalesforceはこのモバイルおよびAIを活用したパーソナライズを支援できる。 3)ユニファイドエンゲージメントへのシフトに対しても、Salesforceはそうしたシフトに対して支援できる。 当日来場しさらに理解を深めたい方も、残念ながら来られなかった方も、ぜひ本資料をダウンロードのうえ、 「次世代のコマーステクノロジーがもたらす新しいカスタマーエクスペリエンスのかたち」...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 28 Jun 2019 00:00:00 +0900 『セキュリティ&コンプライアンス クイックリファレンスガイド2018』公開(全27ページ、無料PDF) http://selectbox.shoeisha.jp/article/892 http://selectbox.shoeisha.jp/article/892 アマゾン ウェブ サービス(AWS)において、Amazonのあらゆるサービスと同様に、 顧客を成功に導けているかどうかという点を最重要なものと位置づけ、 AWSのセキュリティおよびコンプライアンスプログラムにおける成果を評価しています。 具体的には、利用者が安全で規制に準拠したクラウド環境を運用できるように、 要件に合わせる形で様々なコンプライアンス報告書、証明書、認定書を用意。 セキュリティを最優先事項と位置付け、顧客のデータを保護することを何よりも重視しています。 本資料『セキュリティ&コンプライアンス クイックリファレンスガイド2018』は、 AWSにおける責任共有の方法、保証プログラム、コンテンツのセキュリティ保護、 事業継続性、自動化、リソースなどの観点から、 AWSにおけるセキュリティ&コンプライアンスの方針や取り組みについて紹介した資料です。 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 25 Jun 2019 00:00:00 +0900 【事例集】アパレル、金融など、様々な業種全13社Web接客改善シナリオ http://selectbox.shoeisha.jp/article/893 http://selectbox.shoeisha.jp/article/893 本資料は、Web接客ツール導入事例を13社分をまとめたものです。 アパレルや飲食業、スマホや実店舗を持つ企業のオムニチャネルまで、 さまざまな業種業態の多種多様なWebサイトが、 Web接客ツール「Sprocket(スプロケット)」を導入したことで、 新規/リピート/直帰率/会員登録/購入完了率/問い合わせ率などを 改善した事例が掲載されています。 きっと何かしら、御社のサイト改善のヒントが見つかるのではと思います。 ぜひこの機会にダウンロードいただき、お目通しください。 ---[掲載事例]-------------- ◯[LIXIL]訪問見積もり依頼など、KGI124%の改善。  業界に即した提案と卓越した分析能力を評価 ◯[三井住友カード]自社サービス「マイ・ペイすリボ」登録率が2.4倍に  社内だけでは思いつかないアイデアで実現 ◯[丸井...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Jun 2019 00:00:00 +0900 【最新 調査資料】「消費税・軽減税率など税制改正への対応」についての実態調査アンケート (13頁/無料PDF) http://selectbox.shoeisha.jp/article/891 http://selectbox.shoeisha.jp/article/891 2019年10月から、いよいよ消費税率が8%から10%に引き上げられる予定です。 また、それに伴い、一部の商品については8%に据え置く軽減税率が導入され、 さらに、経過措置が取られる取引も一部発生することになります。 こうした消費税法改正、軽減税率など税制改正に伴い、 企業ではどのような影響やシステム対応が必要となるのでしょうか。 本資料は、「消費税・軽減税率など税制改正への対応」についてアンケートを実施し (ミロク情報サービス、朝日インタラクティブの共同調査)、 企業の実態を考察とともにまとめた最新の調査資料です。 ●主な内容 -消費税法改正、軽減税率などへの対応について -消費税法改正、軽減税率などへの具体的なシステム対応について -新税制に関する情報収集とシステムベンダーとの関係 -まとめ:より柔軟な会計システムの構築を目指して 本資料を税制...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 20 Jun 2019 00:00:00 +0900 【注目資料】『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』(全32ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/879 http://selectbox.shoeisha.jp/article/879 近年、最新のマイクロサービスベースのアプリケーションが普及するにつれて、コンテナは、 俊敏性、拡張性、効率的なマイクロサービスアーキテクチャを作成するための 魅力的なビルディングブロックとなっています。 本ホワイトペーパー『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』は、 AWS上でコンテナを使用してアプリケーションを実行するために必要なライフサイクル管理、 セキュリティ、およびソフトウェアデザインパターンのための指針を紹介した資料です。 コンテナを採用するためのベストプラクティスとして、 マイクロサービス設計の特徴を12要素のアプリパターンと考慮点、 実装されるべき設計パターンにまでマップする方法を解説しています。 ━━━━━━━━━━━━━ ホワイトペーパーの概要 ━━━━━━━━━━━━━ ●資料名:『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 08 May 2019 15:00:00 +0900 ホワイトペーパー『サーバーレスアプリケーションレンズ AWS Well-Architected フレームワーク』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 本資料は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)でサーバーレスアプリケーションを構築する実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 AWSでアーキテクチャを設計する際に役立つベストプラクティスの集大成、 「AWS Well-Architected フレームワーク」を参照することで、 信頼性やコストパフォーマンスの高いサーバーレスアプリケーションをクラウド上で設計することができます。 本資料は、最高技術責任者 (CTO)、設計者、開発者、および運用チームのメンバーなど、 技術分野の役割を担うあらゆる方を対象としています。 本資料では、サーバーレスアプリケーションの設計時において特に重要な、 Well-Architected フレームワークのポイントを解説し、 5つのシナリオに沿ってAWSのマネージドサービスの組み合わせ方を紹介します。 資料タイトル: サーバ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 注目資料『モダンアプリケーション開発のベストプラクティス』(全22ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/880 http://selectbox.shoeisha.jp/article/880 いまや多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを推進し、 企業が価値を提供する方法と、製品およびサービスに変更を加える速度に劇的な影響を与えています。 デジタルトランスフォーメーションの実現のために各社がしのぎを削り、 その根幹となるアプリケーションのデザイン、構築、管理の方法を変革をすることで、 迅速なイノベーションを進めています。 そこで実際に用いられているのが、「モダンアプリケーション開発」です。 チームの俊敏性、アプリケーションの信頼性、セキュリティ、 スケーラビリティの向上を実現する手法として導入が進んでいます。 しかし、モダンアプリケーション開発を導入するには、 アプリケーションのアーキテクチャ上のパターン、運用モデル、 ソフトウェアの提供プロセスを再考する必要があります。 本ホワイトペーパー『モダンアプリケーション開発のベストプラクテ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『AWSにおける継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実践 DevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/878 http://selectbox.shoeisha.jp/article/878 本資料はCI/CDの概要とメリット、アマゾン ウェブ サービス (AWS)での実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 CI/CDのノウハウを用いることで、組織が迅速にアプリケーションとサービスを提供するための DevOpsを実現することができます。 本資料は、DevOpsを成功させたい現場のエンジニアや、 CI/CDの概要とメリットを知りたい方を対象にして記述されています。 本資料では、CI/CDとは何か、といった概要と、CI/CDを実現するための アマゾン ウェブ サービス (AWS) のマネージドサービスの組み合わせ方を解説します。 資料タイトル: AWSにおける継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実践  DevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化 ◎本資料で紹介する、AWSでのマイクロサービス化 ・継続的インテグレーションお...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Apr 2019 13:00:00 +0900 WindowsのワークロードをAWSクラウドに移行する方法とは? 『将来のためのアーキテクチャの設計 MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』<全28ページ> http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 http://selectbox.shoeisha.jp/article/819 AWSクラウドに関する最新資料のご案内です。 企業では当初、クラウドサービスの使用をアプリケーション開発・テストや 災害対策 (DR) などの用途に制限していました。 しかし今では、クラウドでのエンタープライズアプリケーションの運用に成功する企業が増加し、 その過程でコストが削減され、俊敏性が向上する事例を多くみかけるようになりました。 こうした成功企業は率先して、戦略に重要でないIT関連の取り組みに費やす時間を短縮していくなか、 競争上の優位性を強化し、顧客に優れた価値を提供したいのであれば、 従来のテクノロジーの制約は大きな障害であると認識しています。 本ホワイトペーパー 『将来のためのアーキテクチャの設計MicrosoftワークロードをAWSで実行する利点』(全28ページ)は、 Microsoftアプリケーションなど、ミッションクリティカルなワーク...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 21 Sep 2018 00:00:00 +0900