<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Mon, 25 Mar 2019 14:43:05 +0900 顧客インサイトを捉えた、戦略的なMAの実現に必要なこと http://selectbox.shoeisha.jp/article/864 http://selectbox.shoeisha.jp/article/864 本資料では、米Oracleのクラウドソリューション「Oracle Cloud」を用いて実現した、 顧客洞察による戦略的なMA(マーティング・オートメーション)活用について紹介しています。 また、MAが普及した背景に加え、顧客獲得までに至る仕組みをファネルを用いて解説。 その他、顧客のセグメンテーションやキャンペーンシナリオの作成など 多様なツールのデータ連携による機能が図解されているため、一目でMAの全体像を掴むことができます。 MA導入を検討している方は、どうぞ本資料をご活用ください。 ■概要 ・Marketing Automation(MA)とは - 顧客開拓の仕組み化(自動化) - リードジェネレーション - リードナーチャリング - リードクオリフィケーション ・Marketing Automation普及の背景 - 顧客購買行動の変化 - 非対面でいか...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 25 Mar 2019 00:00:00 +0900 マーティングチームのPDCAを高速化/AI機能も備えたOracleのデータ分析ツールの魅力を徹底解説 http://selectbox.shoeisha.jp/article/865 http://selectbox.shoeisha.jp/article/865 本資料では、米Oracleのデータ分析ツール「Oracle Analytics Cloud」の機能を徹底解説。 データの取り込みから、加工、レポーティングまでを一気通貫で行える同ツールは、 機械学習やユーザーのターゲット検索機能なども実装。 本資料では、こうした同ツールの魅力を伝えるだけでなく、 マーケターの実務においてどのような活用ができるかにも言及しています。 データ分析ツールの導入を考えている方や、自社のマーティングにおけるPDCAの高速化を目指す方にとって 参考となる資料になっています。 ■概要 ・Oracle Analytics Cloud機能の二つの方向性 - セルフサービス・自由分析 - 定型ダッシュボード・データ照会・検索 ・Oracle Data Visualization - 機械学習機能 - 最先端のユーザビリティ - キーワード検索機能&amp;...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 13 Mar 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『Oracle Cloud 事例集 他社クラウドではなくOracle Cloudを選んだ理由』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/863 http://selectbox.shoeisha.jp/article/863 本ホワイトペーパーでは、さまざまなOracle Cloud の活用事例を集めました。 さまざまな業種の「導入の背景と狙い」と課題、導入の効果を一覧することができます。 彼らはなぜ、他社ではなくOracle Cloudを選んだのか? 6社それぞれの「Oracle Cloudを選んだ理由」を、比べてみてください。 ●本書の構成 ・関口工業株式会社―基幹業務システムをクラウドからOracle Cloudへ移行 ・日本住宅パネル工業協同組合―システム専任部門がなくても、 Oracle Cloudの容易な設定でスムーズな移行を実現 ・株式会社アクティシステム―ユーザーレスポンスへの不安をOracle Cloudで払拭、 販売管理・生産管理パッケージ“ThomasShape” をクラウド化 ・ソマール株式会社―基幹システムの運用体制と災害対策を見直し、 2...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 13 Mar 2019 00:00:00 +0900 業務別データ分析 ケーススタディ:マーケティング、経理・財務など http://selectbox.shoeisha.jp/article/862 http://selectbox.shoeisha.jp/article/862 本ホワイトペーパーでは、業種ごとに、 Oracle Cloud を利用したデータ活用のヒントがわかりやすく整理されています。 【経理・財務部門向け】では、企業の経営判断に貢献する財務データの集約と分析について解説しています。 【マーケティング部門向け】では、Oracle のデータ分析オファリング【マーケティング部門向け】として、 顧客分析による一歩先のデジタル・マーケティングの実際について事例を参照しながら解説します。 【製造業向け】では、IoT を活用して、センサーデータや生産ラインのデータ、作業員の位置情報データや 電力消費量データなど様々なデータを収集、蓄積、統合。 これらのデータを分析して工場全体をイノベーションするプラクティスを紹介します。 【地方自治体向け】では税滞納者への催促業務を支援する機械学習分析の事例を紹介します。 ●本書の構成 ・経理・財務部門向け...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 13 Mar 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『現場ユーザーによるデータドリブンビジネスを可能にする Oracle Analytics Cloudご紹介』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/861 http://selectbox.shoeisha.jp/article/861 現場主導のデータドリブンなビジネスを実現するOracle Analytics Cloud。 本ホワイトペーパーでは、Oracle Analytics Cloudのメリットおよび特徴を解説します。 ニーズに応じたデータ活用のヒントがわかりやすく整理されています。 ●本書の構成 ・Oracle Analytics Cloud機能の二つの方向性 ・Oracle Analytics Cloud(OAC)サービス ・セルフサービス・自由分析機能 あらゆるデータに接続 強力なデータフロー機能 強力なデータフロー機能の応用機械学習機能 最先端のユーザビリティ キーワード検索機能“BI Ask” 気付き・分析結果の共有 音声認識によるデータ探索“Day by Day” 自律的なデータ診断“Explain” ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 13 Mar 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『サーバーレスアーキテクチャによる企業エコノミクスの最適化』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/858 http://selectbox.shoeisha.jp/article/858 サーバーレスという考え方が企業に静かな広まりをみせています。 サーバーレスのメリットとは? 導入の際の検討事項とは? サーバーレスと従来のサーバーベースの違いとは? このホワイトペーパーでは、サーバーレスアプローチとAWSサーバーレスポートフォリオの基本を解説しています。 本書には多くの導入事例も含まており、サーバーレスアプローチを導入した既存の企業が いかにして大きなアジリティと経済的利益を獲得しているかを紹介。 さまざまな規模の組織がサーバーレスアーキテクチャをいかに活用して、 従来よりも低いコストでイベントベースシステムを設計し、 クラウドネイティブなマイクロサービスをスピーディに提供することができたかについてもご紹介します。 ●本書の構成 ・はじめに ・サーバーレスアプリケーションの理解 ・サーバーレスアプリケーションのユースケース ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 21 Feb 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『Infrastructure as Code』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/857 http://selectbox.shoeisha.jp/article/857 インフラストラクチャサービスのプロビジョニングを自動化するための ベストプラクティスとして生まれた、Infrastructure as Code。 本ホワイトペーパーでは、Infrastructure as Codeのメリットを解説します。 アマゾン ウェブ サービスの機能を活用してDevOpsイニシアチブをサポートする方法についても説明していきます。 ●本書の構成 ・Infrastructure as Codeの序文 ・インフラストラクチャリソースのライフサイクル ・リソースのプロビジョニング ・AWS CloudFormation ・設定管理 ・Amazon EC2 Systems Manager ・AWS OpsWorks for Chef Automate ・モニタリングとパフォーマンス ・Amazon CloudWatch ・ガバナンス...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 21 Feb 2019 00:00:00 +0900 SQL Server 2008をAWSに移行するには? 『AWSにMicrosoft SQL Server 2008をデプロイするためのベストプラクティス』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/856 http://selectbox.shoeisha.jp/article/856 主要なアプリケーションの重要な情報を保持するために、 SQL Serverは多くの企業にとって欠かせない存在となっています。 企業の中には、Microsoft SQL Server 2008に基づいて構築された レガシーなアプリケーションを使用している企業も多く存在しますが、 ご存知の通りSQL Server 2008の延長サポートは2019年7月9日で終了します。 サポートの終了により、多くの問題が発生することは間違いありませんが、 同時に、レガシーなSQLアプリケーションをモダナイズし、クラウド環境に移行する、またとない機会でもあります。 本資料『AWSにMicrosoft SQL Server 2008 をデプロイするためのベストプラクティス』は、 SQL Server 2008からAWSに移行するためのベストプラクティスを解説した資料です。 AWS...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 15 Feb 2019 00:00:00 +0900 SQL Server 2008のサポート終了後の準備はできていますか? 『AWSに移行してアプリケーションをモダナイズする』(全31ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/855 http://selectbox.shoeisha.jp/article/855 アプリケーションをクラウドに移行することはビジネス上避けられない要素となりました。 レガシーなアプリケーションの管理は高額なため利益が削減されてしまい、通常、ビジネスへの付加価値もありません。 しかし、クラウドへの移行を選択すると、組織の価値あるリソースを保護して 時間のかかるタスクやコストを削減し、効率性が高まります。 ご存知のように、今年の2019年7月9日にSQL Server 2008および2008 R2の延長サポートが終了します。 企業のシステム担当者は、現在稼働しているSQL Server 2008だけではなく、 中長期的な観点からIT戦略全体を確認、評価し、合理的に考慮することが求められます。 その際、選択肢としてクラウドへの移行を検討、推進している企業が増加しています。 クラウド移行により、ビジネスは俊敏に拡張できるようになります。 移行は...(続きは「selectbox」へ) channel title Fri, 15 Feb 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『中堅企業で求められるハイエンドの機能と低価格』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/850 http://selectbox.shoeisha.jp/article/850 企業において、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の重要性が増してきています。 DXにに適応するか取り残されるかは、今やビジネスを大きく左右する鍵となっています。 企業がDXを推進するにあたっては、ストレージインフラストラクチャのモダナイゼーションが主要な焦点となってきます。 新たなストレージテクノロジーとアーキテクチャが出てくる中、ストレージプラットフォームをワークロードの要件に合致させ、 必要に応じてワークロードを統合できる機会が今まで以上に提供されるようになりました。 本ホワイトペーパーでは、ミッドレンジ市場におけるストレージ要件の進化に焦点を合わせ、 CIOがインフラストラクチャのモダナイゼーションにおいて考慮すべき ミッドレンジエンタープライズストレージの主要な機能について検討しています。 ●本書の構成 ・IDCの見解 ・調査概要 ・概況 ・De...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 06 Feb 2019 00:00:00 +0900