<![CDATA[Selectbox(セレクトボックス)]]> http://selectbox.shoeisha.jp/ 記事一覧 Wed, 22 May 2019 02:01:24 +0900 インサイドセールスとは?「訪問せずに受注する」営業の新しい形 http://selectbox.shoeisha.jp/article/885 http://selectbox.shoeisha.jp/article/885 本資料では、近年日本に浸透してきている「インサイドセールス」とは何か、基本からご紹介します。 訪問が当たり前とされてきた日本の商習慣を大きく変えるインサイドセールス。 今後の企業の売上や営業・マーケティングチームの成績を上げていきたいと考えている方はぜひご確認ください。 この資料では、 ・インサイドセールスとは ・インサイドセールスで削減できる時間 ・インサイドセールスのための仕組みづくり ・インサイドセールスに役立つツール について説明しています。 channel title Tue, 14 May 2019 00:00:00 +0900 【注目資料】『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』(全31ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/879 http://selectbox.shoeisha.jp/article/879 近年、最新のマイクロサービスベースのアプリケーションが普及するにつれて、コンテナは、 俊敏性、拡張性、効率的なマイクロサービスアーキテクチャを作成するための 魅力的なビルディングブロックとなっています。 本ホワイトペーパー『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービスの実行』は、 AWS上でコンテナを使用してアプリケーションを実行するために必要なライフサイクル管理、 セキュリティ、およびソフトウェアデザインパターンのための指針を紹介した資料です。 コンテナを採用するためのベストプラクティスとして、 マイクロサービス設計の特徴を12要素のアプリパターンと考慮点、 実装されるべき設計パターンにまでマップする方法を解説しています。 ━━━━━━━━━━━━━ ホワイトペーパーの概要 ━━━━━━━━━━━━━ ●資料名:『AWSでのコンテナ化されたマイクロサービ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 08 May 2019 15:00:00 +0900 マーケティングにおける経験と勘をさらに生かすために http://selectbox.shoeisha.jp/article/883 http://selectbox.shoeisha.jp/article/883 本資料では、MA時代におけるデータ分析の重要性と、効果測定のためのデータビジュアライゼーションのノウハウについて、 データ分析・可視化ツールであるOracle Analytics Cloudの活用例を紹介しながら解説します。 この資料を読むことで、 ・どのようなセグメントを切り、どのようなタイミングで、どんな訴求をすればいいのかの例 ・お客様に合わせてコミュニケーションを最適化するための顧客分析の方法 ・MA施策の効果やサイト内導線分析を可視化する手法 ・機械学習を用いて売り上げを予測する方法 について学ぶことができます。 ■概要 □MA運用においてデータ分析が「前提」な理由 □RFM分析やABC分析などの手法を用いて One to Oneコミュニケーションを実現する方法 □メールの効果を可視化して改善につなげるやり方□営業や店舗スタッフをデータドリブンにする方法 ...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 25 Apr 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『サーバーレスアプリケーションレンズ AWS Well-Architected フレームワーク』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 http://selectbox.shoeisha.jp/article/881 本資料は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)でサーバーレスアプリケーションを構築する実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 AWSでアーキテクチャを設計する際に役立つベストプラクティスの集大成、 「AWS Well-Architected フレームワーク」を参照することで、 信頼性やコストパフォーマンスの高いサーバーレスアプリケーションをクラウド上で設計することができます。 本資料は、最高技術責任者 (CTO)、設計者、開発者、および運用チームのメンバーなど、 技術分野の役割を担うあらゆる方を対象としています。 本資料では、サーバーレスアプリケーションの設計時において特に重要な、 Well-Architected フレームワークのポイントを解説し、 5つのシナリオに沿ってAWSのマネージドサービスの組み合わせ方を紹介します。 資料タイトル: サーバ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 注目資料『モダンアプリケーション開発のベストプラクティス』(全22ページ) http://selectbox.shoeisha.jp/article/880 http://selectbox.shoeisha.jp/article/880 いまや多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを推進し、 企業が価値を提供する方法と、製品およびサービスに変更を加える速度に劇的な影響を与えています。 デジタルトランスフォーメーションの実現のために各社がしのぎを削り、 その根幹となるアプリケーションのデザイン、構築、管理の方法を変革をすることで、 迅速なイノベーションを進めています。 そこで実際に用いられているのが、「モダンアプリケーション開発」です。 チームの俊敏性、アプリケーションの信頼性、セキュリティ、 スケーラビリティの向上を実現する手法として導入が進んでいます。 しかし、モダンアプリケーション開発を導入するには、 アプリケーションのアーキテクチャ上のパターン、運用モデル、 ソフトウェアの提供プロセスを再考する必要があります。 本ホワイトペーパー『モダンアプリケーション開発のベストプラクテ...(続きは「selectbox」へ) channel title Wed, 24 Apr 2019 00:00:00 +0900 ホワイトペーパー『AWSにおける継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実践 DevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化』 http://selectbox.shoeisha.jp/article/878 http://selectbox.shoeisha.jp/article/878 本資料はCI/CDの概要とメリット、アマゾン ウェブ サービス (AWS)での実践方法をまとめた、 無料ホワイトペーパーです。 CI/CDのノウハウを用いることで、組織が迅速にアプリケーションとサービスを提供するための DevOpsを実現することができます。 本資料は、DevOpsを成功させたい現場のエンジニアや、 CI/CDの概要とメリットを知りたい方を対象にして記述されています。 本資料では、CI/CDとは何か、といった概要と、CI/CDを実現するための アマゾン ウェブ サービス (AWS) のマネージドサービスの組み合わせ方を解説します。 資料タイトル: AWSにおける継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実践  DevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化 ◎本資料で紹介する、AWSでのマイクロサービス化 ・継続的インテグレーションお...(続きは「selectbox」へ) channel title Mon, 22 Apr 2019 13:00:00 +0900 「個客」に向けた次世代の顧客体験をAIで実現!データが導く意思決定 http://selectbox.shoeisha.jp/article/872 http://selectbox.shoeisha.jp/article/872 ◇企業に求められる優れたカスタマー・エクスペリエンスの提供 ◇増え続けるデータ「属人的な仕組み」では限界に 優れたCXの提供には、顧客一人ひとりの属性や嗜好、購買履歴といったデータを収集・分析し、 パーソナライズされたコミュニケーションが必要です。 しかし、顧客接点が多様化し、膨大なデータがあふれる今、 従来の「属人的な仕組み」では、すべてのチャネルにおいて、 同品質のCXを提供することは不可能です。 そこで、実現のカギとなるのがAI。 機械学習によってターゲットとなる顧客の行動や嗜好を詳細に予測し、 チャネルや、スタッフの熟練度合いにかかわらず、 顧客満足度を高めるエクスペリエンスを提供することができます。 ◇CXソリューション「AIA for CX」 これまでAIの活用には、スキルを持つ人材や、 強力なデータ分析システムが必要とされきましたが、 本資料では、...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 18 Apr 2019 00:00:00 +0900 スプレッドシートの限界を超え、さらなる価値をデータから引き出す5つの方法とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/877 http://selectbox.shoeisha.jp/article/877 データの集計や分析に使うツールと言えばExcel、という方が多いでしょう。 Excelは確かに便利ですが、何でもできるわけではありません。 データ分析の重要性が日々刻々と増し、データからさまざまなインサイトを引き出さなければならないというニーズが高まる中、 スプレッドシートの機能だけでは必要なインサイトが得られるとは限りません。 それでは、従来のスプレッドシートを完全になくさず、優れたデータビジュアライゼーション機能を持つ分析ツールに スプレッドシートを組み込む簡単な方法はあるのでしょうか。 本ホワイトペーパー『スプレッドシートではできない5つのこと』(無料PDF)は、 スプレッドシートが抱える課題と共に、さらなる価値をデータから引き出す5つの方法について解説した資料です。 ぜひ本資料をご一読いただき、データ分析に関する課題解決にお役立てください。 ━...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 16 Apr 2019 00:00:00 +0900 見込み客の発掘から売掛金回収まで!今求められる「Lead to Cash」とは? http://selectbox.shoeisha.jp/article/873 http://selectbox.shoeisha.jp/article/873 「あの見込み案件は、どうなったのか?」 部門間で情報システムがサイロ化し、 一貫性のあるカスタマー・エクスペリエンス(CX)が提供できていない。 これは、ビジネスのデジタル化が進む昨今、多くの企業が直面している課題です。 なかでも、マーケティングが重要視されるにつれて、 マーケ部門と営業の連携不足・分断による「非効率性」は 重要な経営課題の一つとなってきました。 また、顧客接点や業務プロセスが複雑化するなかで、 営業担当者の力量だけで顧客を理解した優れたCXを提供するには限界があります。 こうした背景のなか、今注目を集めているのが「Lead to Cash」という考え方です。 ◇「Lead to Cash」でビジネスを変革する 「Lead to Cash」とは、見込み顧客(Lead)発掘から営業、受注、 売掛金回収(Cash)までの業務プロセスを統合、最適化すること...(続きは「selectbox」へ) channel title Tue, 09 Apr 2019 00:00:00 +0900 アドビ調査報告「組織におけるマーケティングのデジタル化」 ──責任者472人が答えた“デジタル変革”の現状と課題 http://selectbox.shoeisha.jp/article/871 http://selectbox.shoeisha.jp/article/871 アドビシステムズは、経営企画部門、マーケティング部門の責任者を対象に調査を行い、472人の回答をまとめました。 本資料からは、日本企業のデジタル変革への取り組みが見えてきます。 経営企画責任者、マーケティング責任者の抱える課題、今後想定する未来はどのようなものでしょうか。 期間限定で無料ダウンロードとなりますので、ぜひご活用ください。 【内容】 ・顧客コミュニケーションと組織の実態 -デジタル化への対応と組織の現状 -デジタル化の統括母体はマーケティングが中心 ・顧客コミュニケーションのデジタル化予算と投資 -マーケティングにおけるデジタルへの投資比率とその傾向 -デジタル基盤への投資傾向 ・デジタルコミュニケーションの現在と未来 -顧客体験向上に向けた施策への意向 -デジタルコミュニケーションのチャネル統合管理状況 【資料概要】 ・資料タイトル:『企...(続きは「selectbox」へ) channel title Thu, 28 Mar 2019 00:00:00 +0900