カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

ログデータで明らかに!全世代が影響するモバイルシフトの実態

株式会社インテージ

スマホは中高齢層への普及期を迎え、全世代の必帯ツールとして拡がっています。 スマホの普及によって、テレビの視聴時間やPCの利用時間、 さらには楽しみ方はどのように変化しているのか? YouTube、Hulu、Netflix等の登場によって、動画コンテンツの楽しみ方はどう変化しているのか? 本資料ではインテージが保有するログデータを基に、メディアとチャネルという2つの切り口から、 モバイルシフトの実態を明らかにしています。 日常で起こっていることをファクトとして把握することは、マーケティングプランを検討する上でも重要です。 ぜひご覧ください。 ━━━━━━━━━━━━...


顧客数、受注率、利益率……etc.増やしたいなら何をする? “成功企業の取り組み事例”公開中

株式会社セールスフォース・ドットコム

本資料はセールスフォース・ドットコムが提供する、 SFA(営業支援)一体型のマーケティングオートメーションツール「Pardot」を活用して、 ビジネスの成果を出した企業の事例を紹介するものです。 具体的には、次の3社の取り組みを知ることができます。 ・顧客満足度の向上を意識しつつ年率200%のペースで顧客を増やす、八面六臂 ・営業とマーケティングの連携を強化し受注数を10倍にした、フィードフォース ・生産性を向上させつつ、見込み客からの問い合わせ数を3倍にしたマックスヒルズ 顧客満足度の向上や顧客数の増加、業務の効率化や受注率の上昇は、多くの企業において目指しているもので...


日本国内におけるビッグデータの活用目的や分析対象データ、および 活用のためのIT課題を明らかにした資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「日本国内の産業において、ビッグデータ活用がどの程度進んでいるのか」について知りたい方に、 ぜひお勧めしたい資料のご案内です。 ビッグデータは2011年ごろから徐々に認識され始め、2012年にITやビジネスの世界を席巻しました。 ブームは去りましたが、データ活用の重要性はむしろ高まるばかりなのは、みなさんがご存じの通りです。 気になるのは 「我が社は他社、他業種と比較したとき、ビッグデータへの対応が遅れていないだろうか。 どのくらいのポジションにいるのだろうか」といったことでしょう。 今回ご紹介する資料は、まさにその点をまとめたものです。 総務省が発行した『情報通信...


Googleが非暗号化メールに対して警告開始!メールの暗号化はなぜ必要? 注目資料『メールの暗号化を実現するPOP/SMTP over SSL/TLSとは』<全7頁、無料PDF>

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ

メール管理者やセキュリティ担当者にお勧めするホワイトペーパーのご案内です。 ビジネス上の連絡のために、メールは欠かせないものになっています。 また、個人での利用においても、挨拶やちょっとしたやり取りは 「LINE」などのメッセンジャーを使うようになり、 メールはファイルの添付や重要な内容のときに使うようになってきています。 この状況は、通信を盗聴してメールの内容を盗み取ろうとするサイバー犯罪者にとっては 好都合な状況といえます。 Webブラウザによる通信はSSL/TSL化によって暗号化できますが、 メールの場合はPGPやS/MIMEなどのユーザーに依存する方法だけでは 暗...


いつどこにいても仕事ができる環境を整備するための理想のクライアント環境とは? 情報セキュリティを強化して「働き方改革」を進めよう

日本ビジネスシステムズ株式会社

近年、労働環境の変化を背景に「働き方改革」の重要性が声高に叫ばれています。 また同じく注目を集めている“生産性向上“のための手段としても「働き方改革」は非常に有効であり、 早急な実現に向けて多くの企業が動き出しています。 では、ITは「働き方改革」の実現のためにどのようなお手伝いができるのか? その解の一つが“Mobilityの追求(=いつどこにいても仕事ができること)”です。 しかし“Mobilityの追求”のためには クラウドの活用と時代に適したクライアント環境、さらに包括的な情報セキュリティの整備など、 多くの企業にとって課題となりうる対応が要求されます。 本資料...


ホワイトペーパー資料『すべてのものを管理する―モバイルの生産性を維持しつつ、 保護、管理する必要がある理由』<全28頁、無料PDF版>

日本マイクロソフト株式会社

企業のデバイス管理やデータ保護に関するホワイトペーパー資料のご案内です。 モバイルデバイスは企業の隅々にまで浸透し、 モバイルに対応した作業環境を企業が導入するに従って さらに多くのデバイスが普及していく見込みです。 ユーザーは、必要なアプリケーションにいつでもアクセスしながら、 さまざまなデバイスで仕事を進めることを当然と考えています。 Bring Your Own Device(BYOD)、エンタープライズモビリティ管理 (EMM) などの言葉は、 単なる流行語や一過性のブームではありません。 今やこうしたキーワードは、ほとんどのIT部門の主要戦略として、 ITのコン...


全世界4,000人のマーケティングリーダー調査から探る 「パフォーマンスレベルの高い企業がやっていること」

株式会社セールスフォース・ドットコム

本資料は世界中のマーケティングリーダーを調査し、トレンドを探っている セールスフォース・ドットコムの年次レポート『マーケティング最新事情』の2016年調査版です。 本レポートは全世界4,000人のマーケティングリーダーを対象に調査を実施。 マーケティングの最前線で抱える課題や優先事項などの潮流を紹介しています。 さらに、各社のマーケティングパフォーマンスを高中低の3段階に分け、 「パフォーマンスレベルの高い企業は何を重要視しているのか」にフォーカス。 成功パターンの特定を試み、5つのポイントを導き出しています。 顧客体験、組織、テクノロジーなど様々な観点からデータを分析し...


「ストレージをフラッシュ化したときの効果って、実際どれだけ?」がわかる調査資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「ストレージをフラッシュ化したときの効果って、実際どれだけ?」を知りたい方にお勧めな資料のご案内です。 ハードディスク(HDD)に読み書きするのに比べ、 性能が大きく向上するといわれるフラッシュメモリを採用した記憶装置(SSD)。 急速に普及へと向かっていますが、HDDよりも未だ高価です。 そのため、採用に際して「使ってみた場合の効果」を正確に知りたいという方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。 また、実際にどれくらい採用されているかも気になると思います。 今回ご紹介する資料 『調査レポート:1,000人のストレージユーザーから得たフラッシュに関するデータと新事...


IDCが考察するフラッシュの経済メリットとは? 調査レポート『オールフラッシュアレイへの投資根拠』公開!<全12頁/無料PDF>

ネットアップ株式会社

企業のストレージ導入に関する調査レポート資料のご案内です。 過去10年間において、IT業界は専用アプリケーションサーバーを中心とした クライアント/サーバーのコンピューティング「第2のプラットフォーム」から、 クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルの4要素によって形成される 情報基盤「第3のプラットフォーム」への移行が進みはじめています。 現在、IT部門ではリレーショナルデータベース、メッセージング/コラボレーション、 ネットワークファイル共有などのレガシーアプリケーションをサポートしつつ、 モバイル、ソーシャル、ビッグデータ/アナリティクス、 クラウド分野の次...


【無料E-book】データベースパフォーマンス改善の決定版! 『Optimizing Database Storage Performance For Dummies』<全53ページ、無料PDF>

ネットアップ株式会社

無料E-book公開のご案内です。 データベースのパフォーマンスを最適化することは、多くのIT部門が重要視する課題となっています。 本番環境のデータベースはあらゆるシーンで組織の要であり、 事業の根幹となるトランザクションやアプリケーション、オペレーション、 ビジネスインテリジェンス、および分析を支えています。 クラウドやIoTなどの登場でビジネスデータが質的にも量的にも急激に増加するのに伴い、 組織におけるデータの価値も飛躍的に高まっています。 「洞察力をもたらすデータ」と「その活用法」は多くの業界にとって他の企業に差をつけ、 競争が激しい世界を生き抜くための鍵と...