カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

増加するチャネル運用に追われるマーケター必見! チャネルを通して一貫した顧客体験の提供で収益を上げる

オラクルマーケティングクラウド

 昨今、IoTやモバイル、ソーシャルなど顧客との接点なるチャネルは増え続けています。 これによりユーザー体験は多様化し、マーケティングの可能性は広がる一方、 増加するチャネル、データへの対応に追われるマーケターは多いのではないでしょうか?  今回は、そういったマーケターにお勧めの資料をご紹介します。 「収益化に結びつく洗練された顧客体験へ」をテーマとした本資料では、 Oracle CX Cloudの活用により、各チャネルでのユーザー体験を向上させる手段を紹介しています。 「顧客体験の向上」はマーケティングだけでなく、ブランディングにも関連する重要なテーマです。  本資料か...


初心者必見、データ分析の基本の「き」を紹介

SAS Institute Japan株式会社

昨今、データ分析や活用の必要性が高まりを見せています。 しかしながら、実際に行うとなるとハードルが高いと感じてしまう領域でもあります。 本資料では、データ分析をより身近なものであることを感じ、 マーケティングでデータ分析を行う際に使えるフレームワークの構築方法を学ぶことができます。 ・データ分析を社内でもできるようになりたい ・行っているが上手くいっていない という方におすすめの資料となっています。 ■目次 ●要旨 ●マーケティングの変化の時流に取り残されないために ‐データの爆発的な増加 ‐消費者へのパワーシフト ‐マーケティング担当者への影響 ●マ...


【調査レポート】メールマーケティング成果向上のためには、まずは各チャネルの利用実態を把握しよう

チーターデジタル株式会社

デバイス、チャネルの多様化が進み、 ユーザーはその中で多くの情報の取捨選択を行っています。 本資料では、メール、LINE、アプリにおけるユーザーの利用実態、 各チャネルの特徴、そして企業のコミュニケーションからユーザーが抱く印象を、 独自調査を基に考察いたしました。 ユーザーを取り巻くコミュニケーションチャネルを一度俯瞰した状態で把握することは、 メールマーケティングを多角的に考えるためのヒントになります! 是非ご覧ください! ◆資料タイトル メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017年版 ◆目次 1. 調査背景・目的 2. 調査概要 3. 調査の...


ホワイトペーパー『企業アプリケーションのクラウド化を検討している方必見! AWS 上で Microsoft アプリケーションを実行し、迅速かつ低コストな運用を実現』

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

企業アプリケーションの多くが Microsoft Windows Server、Microsoft SQL Server 上で 構築されており、従来のオンプレミス環境上に構築された企業アプリケーションの運用を アマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウド上で行う流れは加速する一方です。 多くの企業が IT にクラウドのメリットを活用することで、すぐにビジネスに効果が表れることに気づいています。 本資料は、Microsoft アプリケーションの更新を検討している方や、ビジネス上の意思決定者を対象にして記述されています。 AWS クラウドで安全性を確保しつつアプリケーションを運用す...


VMwareが提供するハイパーコンバージドストラクチャの機能・構成・特長を分かりやすく解説

ヴイエムウェア株式会社

    サーバー、ネットワーク、共有ストレージとそれらを仮想化するソフトウェアをメーカーが組み込んで出荷し、 安定した仮想化環境を提供するコンバージドインフラストラクチャ。 しかし、共有ストレージ(FC-SAN、iSCSI、NFS)の高価さが導入を妨げる一因になってきました。 そこへ登場し注目を集めているのが「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」(以下、HCI)です。 HCIでは、あらゆるリソースをソフトウェアで定義します。 高価な共有ストレージも、ソフトウェアの力によりサーバーの内蔵ディスクで代替します。 これにより、コストの抑制はもちろん、サー...


財務・経理部門が会計データを戦略的に活用できる環境整備を! ―攻めの経理を実現するERPとは―

株式会社ミロク情報サービス

財務・経理部門は日常業務をこなしながら、消費増税、国際会計基準への適応など、 様々な環境変化へ対応しなくてはなりません。 そして、展開しているビジネスを取り巻く環境も変化が激しく、 このように変化が激しい環境の中では財務・経理部門が率先してスピーディーかつ 的確に経営情報を経営陣に提供することが重要になってきます。 その一つのカギとして「会計データの戦略的活用」が挙げられます。 しかしながら、先述の通り実際の経理業務では下記のような障壁があり、 なかなか会計データの戦略的活用はできていないのではないでしょうか。 ■会計データの戦略的活用の障壁■ ・日常業務をこ...


【アジアへの越境EC可能性と課題がわかる】「次なるEC市場$10億への挑戦」

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

本資料は、シーディーネットワークス社による「アジアへの越境EC」をテーマにしたものです。 皆さんご存じのとおり、大きな可能性を秘めた巨大な市場であるアジア。 ニュースを見ていても、以前は中国の話題ばかりでしたが、最近はアジアの他の地域への越境ECの話題が出てきています。 しかし、これから成長する市場ということは、環境が整備されていないということでもあります。 たとえば、日本にウェブサーバを置いて海外に向けてECサイトを公開する場合、 海外ユーザにサイトが表示されるのにどのくらいの時間がかかるかご存じですか? なんと、その差は日本国内での表示速度とは、およそ8倍も違うのです。...


最大98%もの工数削減が可能!2400社以上が既に取り組んでいるマニュアル/手順書作成の「自動化」とは?

株式会社テンダ

残業続きのマニュアル作成や業務手順書作成。 徹夜続きの研修用コンテンツ作成。 業務効率化のための作業が、業務を疲弊させていませんか。 業務の手法や手順を統一化・標準化したり、「あの人に聞かなければわからない」といった、 業務の暗黙知を顕在化することでスムーズな引継ぎを可能にしたり、新人の早期戦力化や 熟練者のノウハウの継承の高効率化を図ることで、 引継ぎによるレベルダウンや停滞を防いだり、 業務を円滑かつ効率的に遂行する上で欠かせないマニュアル。 しかしそれだけに、作成には多くの手間と時間を要し、担当者の負担も増大。 システム変更にマニュアルが対応できない、残業代などの労...


面倒な「マルチデバイス対応のUI開発」を高速・高品質に行うヒントを紹介

日本ネクサウェブ株式会社

業務で使用されるデバイスは、スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップPCと 実に多様になってきました。 問題は画面、つまり「UI」(ユーザーインタフェース)です。 サイズや縦横比率がまちまちなデバイスそれぞれに最適なレイアウトや操作方法を施さないと、 業務の生産性を落としてしまいます。 加えて、ネイティブアプリかWebアプリか、iOSかAndroidかなど、 アプリの形態やOSの種類によっても実装が変わってきます。 スマホのOSやWeb技術は進化が頻繁で、それに追従するのも容易ではありません。 限られたリソースでこれを実現するのは困難と言わざるを得ません。...


Web訪問者の行動を可視化し、的確に離脱の原因を特定するには?

日本アイ・ビー・エム株式会社

今回ご紹介するIBMの資料 『訪問者のオンライン体験を可視化し、強力なレポート機能で 離脱の原因を特定するソリューション』では、 企業と顧客の間にある認識の違いを明らかにし、その理由を解説。 また、同社のWebアクセス解析ツール「IBM Tealeaf(ティーリーフ)」の紹介を通じて、 両者の認識の違いを埋め、企業が正しく 顧客が離脱してしまう原因を見つけ出せる方法を明らかにしています。 適切な顧客体験を提供するには、まず顧客を理解することが求められます。 詳細は資料にてご確認ください。 ●資料タイトル 訪問者のオンライン体験を可視化し、強力なレポート機能で...