カテゴリTOP|Selectbox(セレクトボックス)

セキュリティ意識の高い企業が次々採用! ネットワーク分離環境で“安全・手軽”にファイルを受け渡す方法とは?

株式会社NSDビジネスイノベーション

近年、セキュリティの重要性が声高に叫ばれているにも関わらず、 情報の流出や紛失に関する事件や事故は連日のように起きています。 特にマルウエア感染など、外部からの攻撃は手口や技術が年々高度化しており、 もはや100%防ぐのは困難と言われています。 このような状況下、標的型攻撃による情報漏えいを防ぐ現実的な対策として、 「ネットワーク分離」の導入が進みつつあります。 ネットワーク分離とは、重要な情報を管理するネットワークと、 インターネットと接続するネットワークを分離すること。 しかし、ネットワークを分離することで安全性は高まりますが、 当然ながら利便性は低くなり...


IDCが考察するフラッシュの経済メリットとは? 調査レポート『オールフラッシュアレイへの投資根拠』公開!<全12頁/無料PDF>

ネットアップ株式会社

企業のストレージ導入に関する調査レポート資料のご案内です。 過去10年間において、IT業界は専用アプリケーションサーバーを中心とした クライアント/サーバーのコンピューティング「第2のプラットフォーム」から、 クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルの4要素によって形成される 情報基盤「第3のプラットフォーム」への移行が進みはじめています。 現在、IT部門ではリレーショナルデータベース、メッセージング/コラボレーション、 ネットワークファイル共有などのレガシーアプリケーションをサポートしつつ、 モバイル、ソーシャル、ビッグデータ/アナリティクス、 クラウド分野の次...


【無料E-book】データベースパフォーマンス改善の決定版! 『Optimizing Database Storage Performance For Dummies』<全53ページ、無料PDF>

ネットアップ株式会社

無料E-book公開のご案内です。 データベースのパフォーマンスを最適化することは、多くのIT部門が重要視する課題となっています。 本番環境のデータベースはあらゆるシーンで組織の要であり、 事業の根幹となるトランザクションやアプリケーション、オペレーション、 ビジネスインテリジェンス、および分析を支えています。 クラウドやIoTなどの登場でビジネスデータが質的にも量的にも急激に増加するのに伴い、 組織におけるデータの価値も飛躍的に高まっています。 「洞察力をもたらすデータ」と「その活用法」は多くの業界にとって他の企業に差をつけ、 競争が激しい世界を生き抜くための鍵と...


各業界のトップ企業はデータ戦略で差をつける!データ利活用の成熟度とは? 『データ&アナリティクスの成熟度モデルとビジネスインパクト』(全24頁、無料PDF)

日本マイクロソフト株式会社

データ分析に関する注目ホワイトペーパー資料のご案内です。 企業において、自社データやビッグデータについて、その価値や重要性が高まっています。 これまで、データ、ビジネス インテリジェンス(BI)、 およびデータ分析によってどのようなビジネス変化がもたらされるが議論されてきました。 特にその中でもデータや分析がもたらす具体的な利益が争点となっていました。 ●ITに巨額の予算を投じれば、より高いビジネスパフォーマンスが発揮されるのか? ●製造、消費者向けパッケージ製品、金融サービス、小売りなど従来の業界において、 データは企業にとってどのような具体的なビジネスの価値を持つのか? 本...


メール・LINE・アプリの最新ユーザー動向を総まとめ!

エクスペリアンジャパン株式会社

デバイス、チャネルの多様化が進み、 ユーザーはその中で多くの情報の取捨選択を行っています。 本資料ではメール、LINE、アプリにおける、ユーザーの利用実態や、 企業のコミュニケーションからユーザーが抱く印象を調査しました。 ・どうしたらより多くのユーザーとつながることができるのか ・顧客との良好な関係の築き方 ・すでにつながっている顧客の離反抑止 など、クロスチャネルでのコミュニケーションを行う際に、 ユーザーが望むコミュニケーションを考えるヒントになります! ◆資料タイトル メール&クロスチャネルユーザー動向調査2017年版 ◆目次 1. 調査背景...


オールフラッシュ博士がインフラ担当のゆかりんに選定方法を伝授! 『オールフラッシュストレージ導入ガイド』公開中!

ネットアップ株式会社

オールフラッシュストレージに関するお勧め資料のご案内です。 今、企業でストレージの導入やリプレースを検討する際に、 オールフラッシュが候補になることが多くなってきました。 しかし、オールフラッシュ製品の選択肢が増えたことで、 どこに着目して選ぶのが妥当なのか、 各製品の違いなどで悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。 ●最近、オールフラッシュの選択肢が増えてきていて、各製品の違いが分からない ●部署によってニーズがバラバラ……どんなメリットがあるのかわからない ●上司の説得も難しそう…… ●具体的な選び方や、製...


立ち上げたあとで後悔しない コンタクトセンターのつくりかた!

富士通株式会社

インターネットによる事業運営が加速する中、 コンタクトセンター(ヘルプデスク、お問い合わせ窓口など)は、顧客との貴重な接点の場となっています。 しかし、コンタクトセンターを「コストセンター」とみなして、 安易に立ち上げてしまうと、思わぬトラブルが発生してしまうもの。  部門設立の基本に立ち返って「プロジェクトマネジメント」の視点で、 スピーディーかつ入念に企画を練ることで、 トラブルを回避し、顧客体験(CX)を向上させるコンタクトセンターを立ち上げることができます。 本資料では、「コンタクトセンター」設立を「1つのプロジェクト」と捉え、 「PMOK(Project Ma...


【最新資料】Webの最新脅威の実態とは? 「ウェブサイトセキュリティ脅威レポート2016 パート2」<全33頁資料>

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ

オンライン上の脅威に関するホワイトペーパー資料(無料PDF)のご案内です。 ご存知の通り、今や企業を狙うサイバー攻撃は高度化し、被害の深刻さは増しています。 なかでも、自社製品・サービスの重要な販路にもなっているWebサイトのセキュリティレベルを高め、 情報漏洩などのサイバー被害から守ることは企業規模・業種を問わず あらゆる企業にとって重要な「経営課題」として認識されるようになってきました。 それでは、具体的に今どのような脅威が存在し、 それに対して企業はどんな対策をとるべきなのでしょうか? 本資料「ウェブサイトセキュリティ脅威レポート2016 パート2」は、 オンラインセ...


データ統合の各種技術とデータ仮想化を実現するRed Hat JBoss Data Virtualization

日本ヒューレット・パッカード株式会社

レッドハットと日本ヒューレット・パッカードによる、データ仮想化に関する資料のご案内です。 ビッグデータ時代が到来し、データ活用の機運が高まっています。 しかし、ビジネスを左右する組織の意思決定プロセスのためには、 適切な形態のデータに、適切なタイミングでアクセスできることが必要です。 また、扱うデータの多様化・大量化に対応することも求められています。 従来からデータベースの中心といえるRDBMS でも、 インメモリデータベースや列指向データベースなど製品の多様化が進んでいます。 また、HadoopやNoSQL製品の登場で大量のデータが蓄積されるようになりました。 こ...


ヤフーのデータベース担当者に聞く!重要DBへのオールフラッシュの採用理由

日本アイ・ビー・エム株式会社

ヤフーのデータベース担当者に取材を実施した、 オールフラッシュストレージに関する事例記事(ホワイトペーパー資料)のご案内です。 日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーにとって、 データは事業の根幹を担う非常に重要な要素の一つです。 大量のデータを保持し、月間630億ページビュー(PV)という膨大なアクセスへ スムーズかつ安定的にデータを供給し続けるためには、 供給源となるデータベースが重要な役割を担います。 Yahoo! JAPANの中でも重要性が高い200を超えるデータベースには、 約70TBものデータが格納されており、 全てが高い...